2020/05/30 日記  聖五月 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2020/05/30 日記  聖五月
2020-05-30 (Sat)  17:55

2020/05/30 日記  聖五月

2020/05/30 () 旧暦:  閏48日 祝日・節気・雑節・朔望:  上弦 日出:  427分 日没:  1850分 月出:  1121分 月没:  016分 月齢:  7.39 潮汐:  小潮 干支:  癸酉 六曜: 大安


今日のあれこれ: 聖五月

「見るだけで、辛い事を緩和させてくれる聖母マリア様のイコン画」


https://youtu.be/Sow4rKeHHvw



「聖五月」と言う季語は、歳時記にも詳しい説明がないようだ。
 ネットで調べてみると、カトリックの季節感を背景にしていると書かれている。
 五月には、カトリックの大切な祝日がある。
聖霊降臨祭はキリスト復活の50日目の祝日。もう一つ聖母マリアの祝日聖母祭がある。
 カトリック教徒には五月は聖なる月であるということだそうだ。




聖五月の俳句:


・マリア像にも貝のレイ聖五月   ホボーム希子


・花嫁の白の眩しき聖五月   仲田眞輔


・パレットにみどり濃みどり聖五月   山口和生


・ブラウスは薔薇染の赤聖五月   刈米育子


・ブローチのデルフトブルー聖五月   井口淳子




聖五月の俳句は、多く見ることができる。
多く詠まれているが、カトリックの宗教的背景を持った句であることは少ないようだ。

日本の多くの俳人にとって、爽やかな初夏の風、澄んだ青空、咲き乱れ色を競う花々など祝福された季節であると言う感覚が五月には在るのだろう。
 ただ五月ではなく、祝福され、美しく輝く、彩り豊かな季節として特別な月であることを讃えて「聖」をつけたいのだ。

聖五月の句を読んでいて、聖五月の色が気になった。
白、緑、赤、青様々な色を使って詠まれている。
 知らなかったが「デルフトブルー」というのは、オランダのテルフト地区で生産される有名な焼物の釉薬の色のことでもあり、焼き物そのものも指すそうだ。

好みの世界だから、聖五月の色は、それぞれで良い。
宗教的感覚では、白や真珠色。
花を愛する感覚では、真紅の薔薇の色。
澄んだ空の、青色。
筆者の感覚では、日本の聖五月の色は、新緑、若葉の生命感輝く緑だ。


もう、五月も残るところ今日を入れて2日。
予報では、来週は、下り坂だそうだ。
聖五月とは、しばらくのお別れとなりそうだ。





関連記事

最終更新日 : 2020-05-30

Comment







管理者にだけ表示を許可