2020/05/23 日記  初夏 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2020/05/23 日記  初夏
2020-05-23 (Sat)  20:25

2020/05/23 日記  初夏

2020/05/23 () 旧暦:  41日 祝日・節気・雑節・朔望:  朔 日出:  430分 日没:  1845分 月出:  450分 月没:  1912分 月齢:  0.39 潮汐:  大潮 干支:  丙寅 六曜: 仏滅


今日のあれこれ: 初夏

「花が咲く初夏の志賀高原・4K撮影」


https://youtu.be/AhOyihWNj8Q



『初夏とは?いつ?

初夏とは、字の通りに夏の初めの事で、夏を三等分した呼び名であり、概ね立夏(55日ころ)から梅雨入りまでの期間に相当します。

初夏の頃は、高気圧に覆われて穏やかな晴天の多い季節ですが、寒気も入りやすく、突然の落雷やひょうに注意が必要です。』
(お天気.com
https://hp.otenki.com/5057/





初夏の俳句:


・阿蘇火口マリンブルーの初夏の風   鈴木照子


・黄昏の比良山の稜線初夏の風   三川美代子


・鴎群れ港横浜風は初夏   堀田こう


・さまざまの蝶湧き翔ちて初夏の風   中西明子


・コテージの木椅子に初夏の風の音   土江 比露




週末になると天気が崩れ、雨のパターンが出来、続いていた。どうせ、自粛、StayHomeだから雨ならば諦めもつくと思えばよかった。
 関東圏・北海道はまだだが、感染者が減少した地域には自粛解除が行われると、週末も雨がやみ、人は街に公園にでかけた。

“ストレスが溜まっていたが、外に出て気持ちが晴れた”と、TVのインタビューに答えていたが、“感染がぶり返すと今までの苦労が飛んでしまうのが心配”とも答えていた。

今日の公園は、自転車を練習する子供たち、芝生でのボール遊び、バトミントン、ランニングコースでのジョギング、薔薇園ではカメラで本格的に撮る人...

公園で明るい日差しの中で、目に映るものが流れていく儘にしている。
暦ではもう夏。
直射日光の下は日焼けもするし暑い。
木陰の下に移ると、若葉の枝が風に揺れ、葉の陰と光がまだら模様となり揺れ動いている。
 風が爽やかで快い。

俳人たちも異口同音、山でも海でも初夏の風を詠んでいる。
 やはり初夏は風の中にある。




関連記事

最終更新日 : 2020-05-23

Comment







管理者にだけ表示を許可