2019/03/07  ZUMBA音楽  Buzina by Pabllo Vittar - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page ›   ZUMBA音楽 › 2019/03/07  ZUMBA音楽  Buzina by Pabllo Vittar
2019-03-07 (Thu)  22:21

2019/03/07  ZUMBA音楽  Buzina by Pabllo Vittar


ZIN79
の採用曲のダンス動画をyoutubeで見ていた。

BUZINA」と言う曲を、かわい子ちゃんが一人で軽やかに踊っている。
実際体重も軽いだろうが、踊りも軽い感じであまり濃艶ではない。

BUZINA - Pabllo Vittar | ZIN 79 | ZUMBA Fitness


https://youtu.be/qWFDjt4YcNc

Mariya Belchikova
は、ロシアのモスクワを拠点に活動している人だ。


原曲の「BUZINA」を調べてみると、Official Audioの登録があった。

Pabllo Vittar - Buzina (Audio Oficial)


https://youtu.be/mFdkXz2wb3I


カバーの写真は、Mariyaと違ってセクシーなムンムンする女性だが、名前はPabllo Vittarで、何か違和感がある。

調べてみると、Pabllo Vittarはブラジルのシンガーソングライターで、ブラジルでは知らない人はいない歌手だそうだ。

次に、へ~!と言う事が判り、違和感の源がはっきりした。
Pabllo Vittar
は二卵性双生児で、もう一人は姉で本人は男の子だった。

1994
年生まれの24歳、こどもの頃から音楽的な活動を始め、2013年頃からプロとして活発な活動を行い、2017年にリリースした「KO」が大ヒットし、ブラジルで歌手として成功した。

彼はと言うか彼女と言うか、Pablloは、ブラジルのドラッグクイーンとして生活しており、LGBTQ +世界の代表の様な位置にいると書かれている。

馴染みのない世界なので、調べてみた。

ドラッグクイーンはWikiによれば以下の通りである。
『ドラァグクイーンの起源は、男性の同性愛者が性的指向の違いを超えるための手段として、ドレスやハイヒールなどの派手な衣裳を身にまとい、厚化粧に大仰な態度をすることで、男性が理想像として求める「女性の性」を過剰に演出したことにあるといわれる。
本来はサブカルチャーとしてのゲイ文化の一環として生まれた異性装の一つであるため、ドラァグクイーンには男性の同性愛者や両性愛者が圧倒的に多い。しかし近年では男性の異性愛者や女性がこれを行うこともある。また趣味としてこれを行う者からプロのパフォーマーとして活躍する者まで、ドラァグクイーンの層も厚くなっている。』

LGBT
は知っていたが、「LGBTQ +」は何かわからない。

LGBT
は、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー。
Q」は、「クエスチョニング(Questioning)」「クィア(Queer)」だそうだ。

人間の性についての自己認識や性的指向は、多様性があり
レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの4類型には綺麗に整理できないそうだ。

クエスチョニング(Questioning)というのは、以下引用する。
『クエスチョニングとは、自身の性自認(自分の性を何と考えるか)や性的指向(どんな性を好きになるか)が定まっていない、もしくは意図的に定めていないセクシュアリティを指します。

 
たとえば、
・あえて自分の性自認や性的指向を決めない方が生きやすい
・まだ決めかねている最中
・どのセクシュアリティもピンと来ない
・「わからない」が自然

といったような理由で、クエスチョニングを自認している場合があります。
つまり、性自認や性的指向について、「まだ決まっていないと思う」「わからない、違和感がある」「ひとつに決まるものではないと思う」などに当てはまるのが、このクエスチョニングです。

クエスチョニングは、このようなかたちの
性自認について指している場合
性的指向について指している場合
↑の両方について指している場合
の3パターンがあります。

また、性自認においては、クエスチョニングと似たような言葉で「Xジェンダー」というものも存在しています。

しかし、そういった名前の付いた性に自分を当てはめることで生きやすくなる人もいれば、当てはめない方が心地よいと感じる人もいます。そのための「クエスチョニング」なのです。

自分をどう定義するかは、その人の自由ですからね。
...』
JobRainbow


外国の性の世界は複雑だと感心するが、日本でも昔は稚児趣味があったし、男が女装するのは女形があり、職業としての性は、本物より女性らしいとも言われるから、日本も例外ではない。


違和感が解消したので、Audioだけではない
Pabllo Vittar – Buzina」のOfficial Videoを安心してみることができる。

Pabllo Vittar - Buzina (Official Music Video)


https://youtu.be/J6UBEhPVf1w


宇宙船に乗って地球を飛び出して、着いた世界は、はやぶさ2が降りた「リュウグウ」の様な岩だけの世界。

其処にいるのは、人間の姿をしているが、薄気味悪い表情をした生物だ。
歌舞伎の隈取は気味悪くはないが、このダンサーたちの顔は気味が悪い、感情を読めない目の色、鼻なのか何なのか訳のわからない中心部、プレデターの方がまだ醜くない。

Pabllo Vittar
の世界は、動画も異次元だった。



原曲は、ポルトガル語の歌詞で、見つけることが出来た

Buzina
Pabllo Vittar

Senhoras e senhores
É um prazer recebê-los aqui
Apertem os cintos e tenham todos uma boa viagem

É tentação, emoção, fritação
Bota a mão no coração, que ele vai acelerar
Eita, menina, quando toca essa batida
Todo mundo se anima e começa a rebolar

Preste atenção no poder da tentação
E da buzina quando toca fazendo sair do chão
Agora preste atenção no poder da tentação
E da buzina-zina-zina-zina-zina-zinação

Buzina-zina-zina-zina-zina-zinação

Chega o calor, não dá pra controlar
Pressão subiu, já vamo decolar
Eu quero ver quem vai se segurar
Quando isso aqui balançar
Quando a buzina tocar

Beat no grau, pressão a mil
Equalizou, tá queimando o pavio
Aperta o cinto, que o brega vai tocar
Todo mundo vai dançar

É tentação, emoção, fritação
Bota a mão no coração, que ele vai acelerar
Eita, menina, quando toca essa batida
Todo mundo se anima e começa a rebolar

Preste atenção no poder da tentação
E da buzina quando toca fazendo sair do chão
Agora preste atenção no poder da tentação
E da buzina-zina-zina-zina-zina-zinação
(Sai do chão)



ポルトガル語なので判らないが、

内容は、宇宙船で飛び出して、目眩くスピードの中で、誘惑・感情・燃え上がりに身を任せよう。
リズムに乗れば、興奮は止められず、身体は震える。
誘惑の力は注意すべきだ
と言っているようだ。



最後に、Pabllo Vittarの最初の大ヒット「KO」を見てみよう。
この曲のほうが、前衛的でなく、解りやすい。
再生回数も3億回を超えている。


Pabllo Vittar - K.O. (Videoclipe Oficial)


https://youtu.be/3L5D8by1AtI




【データ】


JobRainbow
LGBTQ+
Qって何?~実はよく知らないクエスチョニング・クィア~
http://jobrainbow.net/queerandquestioning



関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可