2020/04/05 日記 花衣 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2020/04/05 日記 花衣
2020-04-05 (Sun)  20:53

2020/04/05 日記 花衣

2020/04/05 () 旧暦:  313日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  521分 日没:  1806分 月出:  1441分 月没:  340分 月齢:  11.73 潮汐:  中潮 干支:  戊寅 六曜: 先負


今日のあれこれ: 花衣

「和服でお花見 隅田公園 若さがあふれる 2015.3.30」


https://youtu.be/Q-XPkqG_cNg



『花衣(はなごろも)晩春
2011/08/11
【子季語】
花見衣、花の袖、花見小袖、花の袂、花見衣装
【解説】
お花見に行く時に女性が着る晴れ着のこと。古くは「桜がさね」という襲の色目を「花衣」といった。また、元禄期には花見小袖が流行した。現在では特定のものをさしては言わないが、散りゆく花の中の着物姿などは実に華やかである。』
(季語と歳時記)



花衣の俳句:


・姿見に映るときめき花衣   佐久間尚子


・雪洞やそぞろ歩きの花衣   大森道生


・別れ住む夫と一日の花衣  池田蝶子




動画は2015年のお花見。
今年は花見の宴の名所は自粛要請で使えなくなっているので、和服を着ての花見の宴は難しい。
 和服でなくても花ござを使っての宴も出来ない。
東京、大阪では特に、昨日今日の外出すらしないように要請されたので、強制力を伴わないロックダウンの様な様相になっている。
 例年のように、花見に合わせた花衣は今年は難しい。

花見の宴や大人数での集まりでの花衣は難しいが、一人、二人で、人の少ない場所でならば可能だろう。
 不要不急の外出はされなければならないが、買い物の途中、人のいない花の下を通るのなら問題ないはずだ。

今年は普段着が花衣と考えればよいのだ。
人生いろいろだ。






関連記事

最終更新日 : 2020-04-05

Comment







管理者にだけ表示を許可