2020/03/25  日記 雪解け - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2020/03/25  日記 雪解け
2020-03-25 (Wed)  19:52

2020/03/25  日記 雪解け

2020/03/25 () 旧暦:  32日 祝日・節気・雑節・朔望:  電気記念日 日出:  537分 日没:  1757分 月出:  617分 月没:  1838分 月齢:  0.73 潮汐:  大潮 干支:  丁卯 六曜: 仏滅

今日のあれこれ: 雪解け


「【富良野観光物語】2020.vol.191 北海道富良野・雪どけの田園風景」


https://youtu.be/WiVjIyKFyw4




『雪解(ゆきどけ) 仲春

子季語: 雪解水、雪解川、雪解風、雪解雫、雪解野
関連季語: 雪しろ
解説: 春になって雪が解けること。春の日差しや春の雨も雪を解かすが、北風にかわって吹く東からの風は雪解をさらにうながす。
来歴: 『増山の井』(寛文7年、1667年)に所出。
文学での言及:  君がため山田の沢に恵具つむと雪解の水に裳の裾濡れぬ よみ人知らず『万葉集』

(季語と歳時記)



雪解の俳句:


・芦の湖の影富士ゆらぐ雪解水  高鴨アヤ子


・奥飛騨の激しさ秘めし雪解川  大上那美緒


・五箇山は雪解のさなか紙を漉く  石原 緑


・音たてていのちのいろの雪解川  加古宗也


・一気に雪解村の中みなはずみだす  永田耕一郎




東京では桜が満開になり、東海地方でも今週末から来週満開の時を迎える。
 東北から北海道はまだ先になるが、雪解けは始まっている。

北国の雪解けは始まれば早い。
積雪の天敵は、太陽より雨だ。
雪がやみ、雨が降り出せば、市街地の雪は一挙に消える。

山間地は少し遅くなっても、雨が降るようになれば、雪は溶け、雪解け水は一挙に流れとなって川に下る。
 その時、村は春に向かって弾みだす。


今日は、東京の新規コロナ感染者数が40人となった。
11人は病院のクラスターと判明しているが、他は報道がなかった。
 感染経路不明ばかりだとすると、いよいよ感染爆発かとも思われる。
 医療体制が崩壊しないような仕組みづくりを、都だけではなく、国、医師会、病院全体と事前準備を急ぐ必要がある。
 春の爆発は良いが、感染爆発は御免だ。






関連記事

最終更新日 : 2020-03-25

Comment







管理者にだけ表示を許可