2020/01/29  日記  冬の海 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2020/01/29  日記  冬の海
2020-01-29 (Wed)  21:37

2020/01/29  日記  冬の海

2020/01/29 () 旧暦:  15日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  643分 日没:  1704分 月出:  918分 月没:  2101分 月齢:  4.22 潮汐:  中潮 干支:  辛未 六曜: 大安


今日のあれこれ: 冬の海


「青森県深浦町 冬の日本海」


https://youtu.be/msojiHE5NbE



『冬の海(ふゆのうみ) 三冬
2011/05/09

【子季語】 冬海
【解説】
冬の海は荒涼としている。日本海はおおむね厚い雲におおわれ波 が荒い。太平洋側は晴天が続き凪いでいることも多いが、沖は波が高い。』
(季語と歳時記)



冬の海の俳句:


・白き波青き波間や冬の海   稲畑汀子


・北国の北のくらさや冬の海  小松月尚


・冬の海こころにも波確かなり  朝倉和江




冬の海は荒々しい。
特に日本海は風が強く。
北からの寒気が海を見る人を凍らせる。
鈍色の空の下では海もまた色を失う。

白く波立ち打ち寄せる荒々しい波。
見るものの心も次第に高ぶらせる。
冬の海の波の波動は太鼓の荒々しい桴捌きと響き合う。

「御陣乗太鼓」

https://youtu.be/Bxmt041lC0U


御陣乗太鼓も鬼太鼓座も鼓童も冬の海と響き合っている。
稲畑も小松も朝倉も冬の海の前に立つ。
荒ぶる心の波と太鼓の響きに身を任せている。





関連記事

最終更新日 : 2020-01-29

Comment







管理者にだけ表示を許可