2019/07/14  日記 博多祇園山笠 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2019/07/14  日記 博多祇園山笠
2019-07-14 (Sun)  20:45

2019/07/14  日記 博多祇園山笠

2019/07/14 (日) 旧暦: 612日 祝日・節気:  日出: 435分 日没: 1857分 月出: 1644分 月没: 207分 月齢: 11.32 干支: 壬子 六曜: 大安 九星: 六白金星


今日のあれこれ: 博多祇園山笠


(再生時間 5:18
2019年博多祇園山笠『七流 流舁き~ダイジェスト』(2019.7.10)」

https://youtu.be/d8-_vjtsVD4



(再生時間 2105
「博多祇園山笠追い山ならし2019

https://youtu.be/2Bvuq7ej278



(昨年の追い山 再生時間 1000
「博多祇園山笠2018 追い山」


https://youtu.be/KAfN4lXtUTw




『博多祇園山笠: 博多の祇園祭、博多祭、山笠、追山笠

晩夏

七月一日から十五日にかけて、福岡市博多の櫛田神社で行われる祇園祭。山笠と呼ばれる大きな山車が出る。飾山笠と追山笠があり、前者は商店街などに飾られ、後者は十日から水法被の若者たちが水を浴びながら市内を担ぎ回る。』
(季語と歳時記)



博多祇園山笠の俳句:


・山笠が立てば博多に暑さ来る  下村梅子


・山笠や博多目出度き祝唄  橋本幹夫


・博多山笠男走れば街動く  鮫島康子




7
1日の 注連下ろしから始まった博多祇園山笠は、愈々明日の早朝のクライマックス追い山を迎える。

1
日から15日まで博多の男たちは祇園祭に明け暮れる。
博多祇園山笠は男たちの世界だ。
今では女性が祭りの神輿を担ぐのは珍しくないが、祇園山笠を舁くのは男に限られる。
 昔の女人禁制ではなくなったが、内容的には変わりはない。
 未だに女人禁制を守っているのは、土俵と山笠くらいだろう。

男たちは7月半月は祭り一色、準備期間を入れたら数ヶ月は家業そっちのけだろう。
 男の留守は女たちが守っているから博多の街は動いている。博多の街では男も女もではなく、男は女はの世界で役割が分かれているのだ。

博多以外の人の目からすると、祭りに遊んでばかりいないで、生産活動に時間を費やしたほうが社会に有益ではないかと言いたくなるかも知れない。

しかし、博多の男も博多の女も、それには同調しないだろう。

生きる意味はお金ばかりじゃない。
生命の燃焼だ。

これは難しい問題だ。


明日の早朝のクライマックス、追い山のライブ中継は、デジタルは九州福岡だけのようだが、BSチャネルでは以下のようにライブ中継放送がある。

BS
朝日 400
BS TBS
 4:20
BS
 プレミアム 430

youtube
でもライブ放送があるそうだ。


このライブを見れば、博多の男たちの気持ちが理解できるかも知れない。


【データ】

博多祇園山笠 公式サイト
https://www.hakatayamakasa.com/



博多祇園山笠 
Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%9A%E5%A4%9A%E7%A5%87%E5%9C%92%E5%B1%B1%E7%AC%A0




関連記事

最終更新日 : 2019-07-14

Comment







管理者にだけ表示を許可