2019/07/13  日記 冷夏 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2019/07/13  日記 冷夏
2019-07-13 (Sat)  21:24

2019/07/13  日記 冷夏

2019/07/13 (土) 旧暦: 611日 祝日・節気:  日出: 434分 日没: 1858分 月出: 1544分 月没: 126分 月齢: 10.32 干支: 辛亥 六曜: 仏滅 九星: 七赤金星


今日のあれこれ: 冷夏

「枝豆薄く桃硬し・・・多雨と日照不足で農家受難(19/07/11)





『冷夏: 夏寒し、みどりの冬、冷害
2009/03/27

 晩夏

太平洋高気圧の張り出しが弱いために起こる、気温の低い夏をいう。日照不足のため作物に甚大な被害を与えることもある。』
(季語と歳時記)



冷夏の俳句:


・腕さすり百姓ならねど冷夏嫌(いや) 高澤良一



梅雨らしいと言うか、曇りと雨の日が続いている。
昨日は、午後ひと時、地面に影ができた。
太陽が出たと嬉しかったが、すぐ又影は消えてしまった。

太平洋高気圧の勢力が弱く、梅雨前線が北上せず、日本列島周辺に居座っている。
 明日も又、西から雨だそうだ。

7
月に入り、殆ど太陽で出ていない。
流石に、日照不足の影響が表面化してきた。
トマト、キュウリ、メロンなど短期的にはもう上向く期待はない。

稲も細く、このまま行けば1993年のコメ不足と同じ様になると不安が出ている。


天気予報を見ても、720日まで、雲と傘マークばかりで太陽のマークはない。
 梅雨明けは20日過ぎだから、それと共にギラギラの太陽が輝き、暑い夏になって貰いたい。
 暑い夏が来れば、稲はまだ盛り返すチャンスは有るだろう。





関連記事

最終更新日 : 2019-07-13

Comment







管理者にだけ表示を許可