2019/06/29   K1バンタム級王者 武居由樹 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (22)格闘技・スポーツ › 2019/06/29   K1バンタム級王者 武居由樹
2019-06-29 (Sat)  23:22

2019/06/29   K1バンタム級王者 武居由樹


明日、両国国技館でK1のバンタム級の世界王者を決める大会が開催される。

武居は一見したところ、表情も穏やかで身体も筋肉ゴリゴリではないので、それ程強そうに見えないのだが、戦うと強い。
 このギャップが魅力の一つでもある。

試合が始まると、パンチも蹴りも技が多彩で、次々と相手の隙きを攻撃してKOしてしまう。
 一つのパンチ、一つの蹴りだけではなく、相手に合わせてコンビネーションを変えて攻撃できるのは井上尚弥に通じる決定力だ。
 頭が良いからできるのだろう。


知らなかったのだが、その武居が子供の頃非行少年で、悪ガキだった事を語る動画を見た。
 これは意外だった。

「【ジャンクSPORTS】会長に出会い回心!『K-1王者』 武居由樹」

https://youtu.be/a3z2qbEjzrM



最近問題となっている引きこもりや非行は、其の要因は一つではないが、一番大きいのは家庭環境だろう。

武居も、母子家庭で夜遅い母親がいない家庭で行きていたことが、母親の財布からお金を盗んだりする行動を引き起こした、それは母親の注意を自分に引きつけようとしたためだった。

淋しさと孤独は子供の心を傷つけ、飛行に走らせる。

武居の場合は、幸運にもボクシングジムの会長に出会った。
 会長の家に同居し家族同然の生活が始まると、武居のエネルギーはボクシングに向かい、行きていく道が開けた。

現在の武居は王者でありながらも、謙虚で非行少年の名残は全く無い。これが魅力の幅を広げている。





関連記事

最終更新日 : 2019-06-30

Comment







管理者にだけ表示を許可