2019/06/26  日記  糸蜻蛉 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2019/06/26  日記  糸蜻蛉
2019-06-26 (Wed)  21:33

2019/06/26  日記  糸蜻蛉

2019/06/26 (水) 旧暦: 524日 祝日・節気:  日出: 426分 日没: 1900分月出: 006分 月没: 1217分 月齢: 22.71 干支: 甲午 六曜:仏滅 九星: 六白金星


今日のあれこれ: 糸蜻蛉

clip_image001
(平安寺のささやき 短歌日記
https://plaza.rakuten.co.jp/dadtwent/
より転載




『イトトンボ(糸蜻蛉、Damselfly)は、トンボ目(蜻蛉目)・イトトンボ亜目(均翅亜目<きんしあもく>Zygoptera)に分類される昆虫の総称。

イトトンボ科、モノサシトンボ科、アオイトトンボ科など多くの科を含むが、日本で「イトトンボ」と呼んだ場合は比較的大型のカワトンボ類を除くことが多い。

概要
トンボ科やヤンマ科など、不均翅亜目(トンボ亜目)のトンボは後翅が前翅に比べて幅広いのに対し、均翅亜目は名前どおり前後の翅がほぼ同じ形である。頭部は左右に幅広く、複眼が小さい。腹部も細長い円筒形をしているので、小型の種類では呼び名の通り短い糸くずのように見える。

不均翅亜目が直線的に広い空間を飛び回るのに対して、あまり水辺を離れず、水辺の草の間でぱたぱたと緩やかに羽ばたきながら低く飛ぶものが多い。トンボ類の交尾はオスとメスが輪を作るが、均翅亜目では腹部が細くてよく曲がるため、連結部分がハート型をなす。

幼虫(ヤゴ)も成虫と同様に体が前後に細長い。さらに腹部先端に細いえらが3枚ついていることで不均翅亜目のヤゴと区別できる。

熱帯から亜寒帯まで多くの種類が知られるが、特に熱帯に種類が多い。このうち、南アメリカの熱帯雨林に分布するハビロイトトンボ Megaloprepus coerulatus は体長10cm、開張15cmにも達し、現生トンボの最大種とされている。

日本のイトトンボ
日本にも多くのイトトンボが分布する。南にいくほど種類が多いが、本州の山地や北海道に分布するエゾイトトンボ Agrion lanceolatum など北方系の種類もいる。成虫として越冬するトンボとして、オツネントンボ(Sympecma paedisca)、ホソミオツネントンボ(Indolestes peregrinus)、ホソミイトトンボ(Aciagrion migratum)の3種が知られている[1]。キイトトンボ Ceriagrion melanurum は全身が黄色で判り易い。他にもアオモンイトトンボ(Ischnura senegalensis)やアジアイトトンボ(Ischnura asiatica)などは都市部でもよく見かけられる普通種である。その一方、グンバイトンボ(Platycnemis foliacea sasakii)やコフキヒメイトトンボ(Agriocnemis femina oryzae)など環境汚染に敏感な種も多く、これらは開発などで生息地を減らしている。

Wikipedia



糸蜻蛉の俳句:


・隠沼連なり渡る糸トンボ  長瀬節子


・渓川に風の道あり糸とんぼ   石川貞子


・枯山水砂礫の川へ糸とんぼ  細川和子



風と糸蜻蛉は景色の友達だ。

目には見えない渓川の風の中にも
目によく見える枯山水の砂川の風の中にも

抗することもなく、流されることもなく、たおやかに飛び続ける糸とんぼ。




関連記事

最終更新日 : 2019-06-26

Comment







管理者にだけ表示を許可