2019/05/17  日本酒の会sake nagoya 5月定例会 (その1 出品酒) - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page ›    日本酒の会sake nagoya › 2019/05/17  日本酒の会sake nagoya 5月定例会 (その1 出品酒)
2019-05-17 (Fri)  23:55

2019/05/17  日本酒の会sake nagoya 5月定例会 (その1 出品酒)


今月のテーマは、「気になるちょっといいお酒」。
先月の「気になるお酒」に続く第2弾は、上級クラスの酒になる。


【今月の出品酒】

clip_image002
ブラインド評価が終わり、勢揃いした「気になるちょっといいお酒」たち。

以下、利き酒の個人的評価を記載するが、個人の嗜好によるもので客観性はない。
参加者の全体評価が会のサイトに掲載されるが、そちらの方が客観性がある。


1) 栄光富士 純米大吟醸 無濾過生原酒 スネークアイ2018~ワイン酵母仕込み~ 富士酒造 (山形県)
clip_image003

clip_image004

clip_image005

 
立香はあまり立たないが、何か香ばしさのようなものを感じる。甘くとろりとした入り口。ふくらみは大きい。含み香あり、フルーティーなもの。酸味がある。発泡感の名残を感じる。中盤以降の切れは良い。

大きな世界を持っている、含み香がやや気になる。評価8.0



2) 田酒 純米吟醸 西田酒造店 (青森県)

clip_image006

clip_image007

立香は仄かな吟醸香で主張するレベルではない。甘い入り口。ふくらみは中くらい。含み香は吟香。微発泡感あり。中盤以降の切れ良い。残り香も吟香。

変な偏りのない癖のない世界だ。評価7.0



3) 豊盃 純米吟醸 三浦酒造 (青森県)
clip_image008

clip_image009

立香は軽く甘いもの。甘い入口。滑らかな舌触り。ふくらみは大きくない、透明と言うよりスリガラスの世界。中盤に渋味が舌を締める。含み香は吟醸香で、やや気になるレベル。評価7.0




4) 羽根屋 純米吟醸プリズム究極しぼりたてHologram Label 富美菊酒造 (富山県)

clip_image010

clip_image011

clip_image012

立香は甘い。甘い入口。酸は柔らかさを感じる、辛味が抑えられているからか。含み香は吟香。発泡感のようなものを感じる。味は早目に終わる感じだが切れは良い。残り香も吟香。

綺麗な世界で、吟醸酒らしい。評価8.0



5) 風が吹く 純米大吟醸 生酒 白井酒造店 (福島県)

clip_image013

clip_image014

立香は仄かな吟醸香。甘い入口。含み香も吟香。ふくらみはない。味は早目に終わり、ややショビ付く感じ。中盤、辛味と渋味の締めが来る。後半の切れは今ひとつ。評価7.0




6) 越乃寒梅 純米大吟醸 無垢 石本酒造 (新潟県)

clip_image015

clip_image016

clip_image017

立香はふわりとふくらむフルーティーな香り。甘い入口。とろりとした舌触り。透明感が在り、丸いふくらみの中に酸と辛味の混合した味が芯となって主張を感じる。

雑味のない、切れの良い、大きな世界だ。評価8.0




関連記事

最終更新日 : 2019-06-21

Comment







管理者にだけ表示を許可