2019/06/16 日記 父の日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2019/06/16 日記 父の日
2019-06-16 (Sun)  15:53

2019/06/16 日記 父の日

2019/06/16 (日) 旧暦: 514日 祝日・節気: 父の日 日出: 424分 日没: 1858分 月出: 1752分 月没: 326分 月齢: 12.71 干支: 甲申 六曜: 赤口 九星: 七赤金星


今日のあれこれ: 父の日

「父の日にお酒をプレゼント【日本酒編」


https://youtu.be/w4swVBKcqAM




『父の日(ちちのひ)は、父に感謝を表す日。アメリカのドッド夫人が『母の日』にならって、父親に感謝するために白いバラを贈ったのが始まり。

主な父の日
6
月第3日曜日
1909
年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッド[1]Sonora Smart Dodd)が、男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われている。彼女が幼い頃南北戦争が勃発。父ウィリアムが召集され、彼女を含む子供6人は母親が育てることになるが、母親は過労が元でウィリアムの復員後まもなく亡くなった。以来男手1つで育てられたが、ウィリアムも子供達が皆成人した後、亡くなった。

最初の父の日の祝典は、その翌年の1910619日にスポケーンで行われた[2]。当時すでに母の日が始まっていたため、彼女は父の日もあるべきだと考え、「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まった。

1916
年、アメリカ合衆国第28代大統領ウッドロー・ウィルソンは、スポケーンを訪れて父の日の演説を行い、これにより父の日が認知されるようになる[2]

1966
年、アメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンは、父の日を称賛する大統領告示を発し、6月の第3日曜日を父の日に定めた。1972年になり、アメリカでは正式に国の記念日[3]に制定される[2]

母の日の花がカーネーションなのに対し、父の日の花はバラ。ソノラ・スマート・ドッドが、父の日に父親の墓前に白いバラを供えたからとされている。[要出典]1910年の最初の祝典の際には、YMCAの青年が、父を讃えるために、父が健在の者は赤いバラ、亡くなった者は白いバラを身につけたと伝えられる[2]

8
8
台湾の父の日(父親節)は88日である。これは、「パパ」(表記は爸爸)と中国語での「八八」の発音が似ていることに由来している。

8
月第2日曜日
ブラジルでは、母の日の3ヶ月後の8月第2日曜日が「父の日」(Dia dos Pais)である。ただし、国の休日ではない。1950年代に Sylvio Bhering が、聖ヨアキムを彰して提唱した。

2
23
ロシアでは、223日が「祖国防衛の日」(День защитника Отечества)とされ、軍人・退役軍人に感謝する他に、父親・夫・男性に感謝する日となっている。これと対となる母親・妻・女性の日は、38日の国際女性デーである。

元はソ連の祝日で、1918223日に赤軍が初の対独戦闘に勝利したことを記念し「赤軍の日」(День Красной Армии)として制定され、1949年に「ソビエト陸海軍の日」(День Советской Армии и Военно-Морского флота)と改名された[4]。ソ連崩壊後の2002年に、現在の名称でロシアの祝日となった[5]

聖ヨセフの日
イタリアやスペインなどカトリック系の国では、319日聖ヨセフの日が父の日である。

昇天日
ドイツでは、国の休日である昇天日(復活祭の39日後の木曜日で、早ければ430日、遅ければ62日)が、「父の日」(Vatertag) でもある。「男の日」(Männertag) や「紳士の日」(Herrentag)とも呼ばれる。
...』
Wikipedia



父の日の俳句:


・父の日を腕白連れて長子来る   落合絹代


・父の日の夕映長し夫恋し   澁江阿喜子


・亡き夫への父の日の供華気張りけり   新堀満寿美


・父恋のつとにつのる日父の日来   辻由紀


・父の齢越えて父恋ふ父の日よ   阪上多恵子




今日、6月第3日曜日は父の日。
昨日の雷雨は低気圧と共に去り、今日はお天気が回復舌が、風は突然台風のような唸り声をあげて吹いている。
まだ、穏やかな日とは言えない。

お天気は荒れ模様だが、父の日は何事もなく平穏だ。

父の日の句を読んでいて、感じた。
いつも感じることでもあるが...

故郷も父も遠くに在りて想うもの

妻も娘も
恋しく想ってもらえるのは、あの世へ行ってから。




関連記事

最終更新日 : 2019-06-16

Comment







管理者にだけ表示を許可