2019/06/01 南の海では珊瑚の産卵が始まっている - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (14)沖縄 › 2019/06/01 南の海では珊瑚の産卵が始まっている
2019-06-01 (Sat)  22:57

2019/06/01 南の海では珊瑚の産卵が始まっている


珊瑚は、5から6月に、満月前後の大潮の日の夜に卵と精子を一斉に出して受精させる習性があるそうで、今年もその時期が来て沖縄の海では神秘的な自然の営みが見られる。


『〝神秘〟サンゴの産卵 大潮の満月前後の夜の海ってこんなに美しい 沖縄・渡嘉敷で確認
2019
530 12:05

clip_image001
大潮の満月前後の夜、大量に産卵するミドリイシサンゴの仲間=22日、午後1020分ごろ、渡嘉敷村阿波連ビーチ(松田崇さん撮影)



 【渡嘉敷】渡嘉敷村阿波連ビーチで2223日の夜、サンゴの産卵を地元のダイビングショップ「リラックスアイランド」代表の松田崇さん(46)が確認した。

 サンゴは、1年に1度だけ、56月の大潮時の満月前後の夜に卵と精子を海中に出して受精する。

 松田さんは、2223の両日午後10時ごろ、阿波連ビーチのサンゴ産卵を調査中にミドリイシサンゴ、スギノキミドリイシ(枝サンゴ)の大量産卵を確認した。

 松田さんは「サンゴの産卵は毎年見ているが、いつ見ても感動的だ。卵が水面にどんどん上がる様子はとても神秘的」と声を弾ませた。
 (米田英明通信員)

(琉球新報)


youtube
を探してみると、今年の動画もあった。

「サンゴの産卵2019 阿嘉島」

https://youtu.be/MxHROy2QdXw


自分では夜の海の中に潜ることはできないから、こうした動画で産卵の様子を見せていただけるとありがたい。

陸にいる蟹が一斉に海に行く様な事があるが、こうした習性は、一斉に行われることで数が多くなれば、成功率が上がり、生き延びる確率が上がるからだろうか。

何かの合図や言葉がある訳ではないのに、どうして一斉が可能になるのか不思議だ。




関連記事

最終更新日 : 2019-06-01

Comment







管理者にだけ表示を許可