2019/05/19  日記  筍飯 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2019/05/19  日記  筍飯
2019-05-19 (Sun)  20:08

2019/05/19  日記  筍飯

2019/05/19 (日) 旧暦: 415日 祝日・節気: 望 日出: 433分 日没: 1841分月出: 1903分 月没: 450分 月齢: 14.18 干支: 丙辰 六曜:赤口 九星: 二黒土星


今日のあれこれ: 筍飯


clip_image002
(京料理 筍亭(じゅんてい) 桂コース
http://www.juntei.jp/menu.html
615-8164 京都府京都市西京区樫原鴫谷50
TEL.075-391-7191




『筍飯
  初夏

採りたての筍であれば皮をとりそのまま調理できる。日を経たものは米糠などであく抜きをしてから使う。細かく刻んだ筍と油揚や鶏肉などを煮含めご飯に炊き込む。山椒の若い葉をのせると色取りも香も楽しめる。』
(季語と歳時記)



筍飯の俳句:


・ふるさとの筍飯の旨さかな  羽生栄子


・ようきたと筍飯をてんこもり  樋口英子


・京二夜筍飯でしめくくる  内藤静



故郷の実家や親戚に筍山があったりすると。
掘りたての筍を味わうことができる。
筆者には残念ながらそのようなツテはないので、店で購入するより方法はない。

店で購入しても、筍は下処理に時間がかかる。
料理は手をかけてこそだから、当然なのだが、出来れば作って貰える人がいたほうが美味しい。
なかなか、筍飯も簡単ではない。

京都には、筍料理の専門店があるそうだ。
季節の筍を工夫をこらした献立で味わい尽くす贅沢を京都では実現している。

一人では無理だが、人が揃えば、この季節荀亭の筍づくし会席を楽しむことができる。




関連記事

最終更新日 : 2019-05-19

Comment







管理者にだけ表示を許可