2019/05/19 井上 ロドリゲス2回TKO、WBSS決勝進出 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (22)格闘技・スポーツ › 2019/05/19 井上 ロドリゲス2回TKO、WBSS決勝進出
2019-05-19 (Sun)  06:25

2019/05/19 井上 ロドリゲス2回TKO、WBSS決勝進出


朝起きて、試合結果がどうなったか見てみた。

もう結末が報道されていた。
長い試合になるとの予想だったが、意外にも2回で終わっていた。


『井上尚弥、ロドリゲス粉砕! 王者対決制し、ドネアとの決勝へ…WBSS準決勝
5/19(
) 6:06配信 スポーツ報知

clip_image001
2
TKOでロドリゲスを倒した井上尚弥(ロイター)
◆プロボクシング 世界戦▽ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ バンタム級準決勝 ○WBA王者・井上尚弥ーIBF王者・エマヌエル・ロドリゲス18日、英スコットランド・グラスゴー、SSEハイドロ)

WBSS準決勝を兼ねたIBF世界バンタム級タイトルマッチで、挑戦者として臨んだWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=がIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(26)=プエルトリコ=を下し、IBF王座の奪取に成功し、WBSS決勝進出も果たした。井上の戦績は18戦全勝(16KO)、2度目の防衛に失敗し、初黒星を喫したロドリゲスは19勝(12KO1敗となった。

欧州に初めて上陸した日本の“モンスター”が、変わらぬ暴れっぷりを見せた。井上は「海外で良い結果を出して、日本のボクシング界を盛り上げたい」と誓っていた通り、日本のエースとして大きな足跡を残した。2019年、そして「令和」を迎えての初戦。日本人選手が過去20試合全敗のヨーロッパで、初の白星を挙げた。

2018年は衝撃の連続だった。20185月、世界3階級制覇を目指し、6度目の防衛戦に臨んだWBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネル(英国)を試合開始から襲いかかり、先制ダウンを奪い、152秒のTKO勝ち。同年10月には、WBSS初戦で元WBA世界バンタム級スーパー王者フアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を右ストレートで倒し、70秒でKOした。

そんな怪物に「戦力も評価も高い選手」と言わしめさせるロドリゲス。豊富なアマチュア経験、卓越した技術と鋭い強打…と井上との共通点が多い。多彩のパンチを持ち、攻防ともに技術に長けている。今大会で初めての現役チャンピオン対決を「事実上の決勝戦」と評する声も上がっていた。

井上も「過去最強の相手」と明言しながらも「昨年の2試合とは違う面白さを見せたい」と意気込みを示し、試合前日には「精進して挑みたい」と自信を膨らませていた。有言実行の勝利。決勝では互いにリスペクトし合う世界5階級制覇ノニト・ドネア(フィリピン)が待ち構える。井上はさらなる高みへと突き進む。』
(スポーツ報知)


既に、youtubeに動画も登録されていた。

『井上尚弥- エマヌエル ロドリゲス』

https://youtu.be/ZcfcWiEUdnY



『試合後インタビュー 井上尚弥- ノニト・ドネア』

https://youtu.be/qSN7VP0lA-k



トレーナーの父が、先に当てたほうが勝ちと試合前に言っていたが、先に当てたのは井上だった。

接近戦でのパンチはロドリゲスの得意分野だが、井上のほうが先に当てた。
ロドリゲスのフックをかわして、内側からコンパクトに腕をたたんで、フックを命中させた。
予想通りの結果だった。

詰めも、完全だった。
ボデーでロドリゲスの戦闘力を奪ってから、顔面に戻って結末をつけた。

これで、ドネア戦まで、井上は世界のボクシング界の中心になった。





関連記事

最終更新日 : 2019-05-19

Comment







管理者にだけ表示を許可