2019/04/19  日本酒の会sake nagoya 4月例会 (お料理) - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page ›    日本酒の会sake nagoya › 2019/04/19  日本酒の会sake nagoya 4月例会 (お料理)
2019-04-19 (Fri)  23:30

2019/04/19  日本酒の会sake nagoya 4月例会 (お料理)


【今日の料理】
毎月の例会の、もう1本の柱は、旬菜処かのうさんの料理である。
 テーマに沿った料理や旬の食材や季節のものなど作りおきの居酒屋メニューとはレベルの違う料理を出していただける。


・浅蜊の鍋
clip_image002
浅蜊、豆腐、練り物、青物はスプラウト、豆苗だろうか。

clip_image004
たっぷりと大柄の浅蜊の身の旨味は勿論だが、鍋の汁が美味しい。お好みの酒に合わせると、また一段と酒が旨くなる。
 しかし、汁は雑炊に使うので、鍋を空にしてはいけない。



・高足蟹
clip_image006
次の料理が出てきた時、参加者から、ワォ!と言う歓声が上がった。

何と高足蟹が登場した。
会費3000円の今日の宴に、登場するはずのない食材なのだから当然だ。
伊豆の西海岸に食べに行けば、料理だけで1万円は超えてしまうだろう。

clip_image008

かのうさんでは、鯛や金目鯛の姿煮、蛸の丸茹で、マグロ一匹なりの中落ちなど、家庭ではできない肴を出していただける。楽しみの一つだ。

今日の、高足蟹も伝説になるだろう。


・カキフライの赤味噌どて
clip_image010



・浅蜊鍋の雑炊
clip_image012
旨みたっぷりの出汁を使った雑炊が、旨くないはずがない。

clip_image014
それが終われば、加えて、高足蟹の味噌に日本酒を注いでの特別企画。

clip_image016
浅蜊雑炊に高足蟹の蟹味噌の日本酒溶きを添えれば、次に味わうことができるのは何時かわからない特別な肴になった。


・白菜の漬物
clip_image018


今日の料理の華は、矢張り高足蟹。

酒も好みの酒が多く、料理も高足蟹で盛り上がった今日の宴に参加できた人は、幸せだった。




関連記事

最終更新日 : 2019-05-16

Comment







管理者にだけ表示を許可