2019/05/11 松本たかし句集成 (その1) - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (5)俳句 › 2019/05/11 松本たかし句集成 (その1)
2019-05-11 (Sat)  21:58

2019/05/11 松本たかし句集成 (その1)


ネット上にある、松本たかしの句を集めてみた。

彼の句は、「只管写生」を原点としているが、それだけではなく景に照応する想いを調べのある言葉一言を加え表現している。
 そこに、世界が広がり、奥行きが生まれ、読む人を導いていく優しさがある。
 愛される所以であろう。

(注: 頭の番号が単なる整理のためのもので、意味はない。)


(1)       
麦打ちの見えて音なき遠さかな
(2)       
雪を消す雨の降りをり落椿
(3)       
玉と呼び絹と称ふ島波うらら
(4)       
瓢箪の出来の話も残暑かな
(5)       
から/\と欠け風鈴や秋の風
(6)       
砂丘行き秋燕を見しばかりなり
(7)       
目白の巣我一人知る他に告げず
(8)       
庭山の茸とらであり我等故
(9)       
焚火跡濡れゐる上に散紅葉
(10)     
盆の月消えし燈籠にさしゐたり
(11)     
夜学児の暗き頸のくぼみかな
(12)     
芥子坊主一つ出来たる淋しさや
(13)     
開かれし炉あり炉辺に何もなし
(14)     
秋水に映れる森の昃りけり
(15)     
鉦講のあらかしましの十夜かな
(16)     
松蝉の鳴きたつ森へ道向ふ
(17)     
蘂白く夕暮れにけり落椿
(18)     
露けさに物音ありぬ寺修理
(19)     
東京へ行く汽車音よ避暑地の夜
(20)     
海棠に法鼓とどろく何かある
(21)     
月明の中空にあり妙義町
(22)     
椿咲く一度も雪をかふむらず
(23)     
芭蕉葉の雨音の又かはりけり
(24)     
叔父の僧姪の舞妓や大石忌
(25)     
乱鶯に山藤が散る通草が散る
(26)     
苗代を見て来し心美しき
(27)     
木蓮の花間を落ちて来たる雨
(28)     
凍りたる雪著いてあり花椿
(29)     
大霧の霽れかゝるより小鳥狩
(30)     
べら釣の小舟がゆれて島ゆれて
(31)     
消え/\の枯蔓の実の真赤かな
(32)     
土間広し二組羽子をつきにけり
(33)     
鉄の甲胄彳てる暖炉かな
(34)     
彳めば昴が高し花畑
(35)     
雪田の雪の止み間の淋しさよ
(36)     
淡路より眠る紀の山見ゆるかな
(37)     
小夜時雨してゐたりけり傘を呼ぶ
(38)     
客設けしつつすぐれず花の雨
(39)     
はる/\と慕ひ来りし賀客かな
(40)     
蟻地獄在り山中の暦日に
(41)     
惜春や乗りても見たる川蒸気
(42)     
蛤を買うて重たや春の月
(43)     
藪の空ゆくばかりなり宿の月
(44)     
皆ほむる秋の山あり庵の前
(45)     
大嶺の集まり眠る国境
(46)     
上目せば向山桜見ゆるなり
(47)     
先づ萌ゆる花壇の外の唯の土
(48)     
藤植ゑてつくかつかぬか軒うらゝ
(49)     
古屏風の剥落とどむべくもなし
(50)     
紅梅や赤城颪によろめきて
(51)     
温泉の流煙れる門の夕紅葉
(52)     
ひさ/\の杖を手にして春めきし
(53)     
氷りたる滝ひつ提げて山そそる
(54)     
一時雨濡れし日和や紅葉見に
(55)     
たんぽゝの閉づれば天気変るなり
(56)     
つく杖の銀あたゝかに蝶々かな
(57)     
南の海湧き立てり椿山
(58)     
小鼓のポポとうながす梅早し
(59)     
金雀枝の黄金焦げつつ夏に入る
(60)     
雨あとの石あらはなる坂紅葉
(61)     
百姓の足袋の白さや野辺送り
(62)     
濃紅葉に日のかくれゐる美しさ
(63)     
桃の小屋梨の小屋あり春暮るゝ
(64)     
コスモスの夕やさしくものがたり
(65)     
濃山吹墨をすりつゝ流し目に
(66)     
大木の栗の小さきが落ちそめし
(67)     
夜長なる呆け瞼の眉の影
(68)     
天草撰る坐り仕事や小屋の前
(69)     
沢水は春も澄みつつ山葵生ふ
(70)     
杓のもと小さくかなしや甘茶仏
(71)     
這ひのぼり失せし日かげや谷紅葉
(72)     
父の世の如金屏と寒牡丹
(73)     
炭竈の火を蔵したる静かかな
(74)     
客を待つ炉火のかげんをいたしけり
(75)     
釣竿のぴかり/\と水草生ふ
(76)     
屋根越しに見ゆる実梅に端居かな
(77)     
雨音のかむさりにけり蟲の宿
(78)     
下闇に遊べる蝶の久しさよ
(79)     
白露や何の果なる寺男
(80)     
枯桑に雪ありそめて利根細る
(81)     
父の室の父が描きし絵雛かな
(82)     
山深し朴の落葉に目そばだつ
(83)     
爐火いよよ美しければ言もなし
(84)     
パンジーの畑蝶を呼び人を呼ぶ
(85)     
湯女どちと深雪月夜を一つ温泉に
(86)     
時雨るゝや並びて同じ三つの堂
(87)     
板屏風立てし板間の大炉かな
(88)     
来て止る雪片のあり紅椿
(89)     
踊らまくさかさ頬冠したりけり
(90)     
人人に年惜めやと鼓打つ
(91)     
野に出れば稲架の日向もかんばしや
(92)     
しどみ掘る力込めつゝ笑ひをり
(93)     
風花にやがて灯りぬ芝居小屋
(94)     
桃林に柴積んであり腰かけぬ
(95)     
影ひいて枯鶏頭の静かな
(96)     
佇ば流れ寄りたる椿かな
(97)     
鶏頭のほとほと暮れてまだ暮るゝ
(98)     
荒れ/\し人も神輿も息みをり
(99)     
出刃の背を叩く拳や鰹切る
(100)   
夕まで初富士のある籬かな
(101)   
この夏の一番甘き西瓜なり
(102)   
十棹とはあらぬ渡しや水の秋
(103)   
秋晴や何かと干せる村の橋
(104)   
庭の月一瞬ありし野分かな
(105)   
空蒼し放たざらめや吾が雲雀
(106)   
月待つや指さし入るる温泉の流
(107)   
金魚大鱗夕焼の空の如くあり
(108)   
朴の葉の大きくぞなり落ち来る
(109)   
蟹二つ食うて茅舎を哭しけり
(110)   
羽子板の判官静色もやう
(111)   
木の間なる人語りゆく浮寝鳥
(112)   
輸飾を掛けし其他はすべて略
(113)   
磐石を刳りて磴とす散紅葉
(114)   
牡丹の残りし花に法事かな
(115)   
チューリップの花には侏儒が棲むと思ふ
(116)   
漕ぐ舟を廻せば銀河まはるなり
(117)   
目つむりて春日に面さらしをり
(118)   
天龍に沿うて霧たつ盆地の夜
(119)   
物干に女出て来て都鳥
(120)   
茶の花の垣たえ/\に草の中
(121)   
手をば刺す穂麦の中を来りけり
(122)   
眼つむれば駆けりゐる血や日向ぼこ
(123)   
花咲ける一木の梨に棚づくり
(124)   
左右より芍薬伏しぬ雨の径
(125)   
枯菊にさはれば粉がこぼれけり
(126)   
打仰ぎ落葉する木にもたれけり
(127)   
あまたゝび雪にいたみし椿咲く
(128)   
通夜までをすこし暇の昼蛙
(129)   
けふの日の燃え極まりし日向ぼこ
(130)   
卯の花や流るるものに花明り
(131)   
山吹を見れば芽ぐめり庭焚火
(132)   
野路晴れて我杖に飛ぶ曼珠沙華
(133)   
人来ねば鼓打ちけり花の雨
(134)   
秋水のおのづからなる水輪かな
(135)   
いたみたる椿ころげぬ雪の上
(136)   
干柿をはづしに立ちし火燵かな
(137)   
鶏頭に目がけ飛びつく焚火かな
(138)   
枯菊に虹が走りぬ蜘蛛の糸
(139)   
一夏の緑あせにし簾かな
(140)   
木曽谷の日裏日表霜を解かず
(141)   
小屋の炉に焼けゐる鳥や渡鳥
(142)   
炭窯の火を蔵したる静かな
(143)   
病床に上げし面や下萌ゆる
(144)   
山雨なほ轟き落ちて夏爐もゆ
(145)   
四段張にして十間の小鳥網
(146)   
雲去れば月の歩みのゆるみつゝ
(147)   
霜柱倒れつつあり幽かなり
(148)   
木曽谷の奈落に見たる銀河かな
(149)   
輪飾を掛けて使はず外厠
(150)   
金粉をこぼして火蛾やすさまじく
(151)   
山垣やひとり雪置く遠浅間
(152)   
山かこむ枯野の中の山一つ
(153)   
花野来て白き温泉に浸りけり
(154)   
十日経れば箱庭のはや年古りし
(155)   
草庵をめぐる径や月を待つ
(156)   
夏めくや庭を貫く滑川
(157)   
初暦翁格子の襖かな
(158)   
脱衣著衣浴女出で入り雪散華
(159)   
縁側の団扇拾うて下り立ちし
(160)   
水洟を貧乏神に見られけり
(161)   
初雷の一くらがりや遊園地
(162)   
掃かれ来る落葉の柵をはなれけり
(163)   
逗留や立待月に立ちまじり
(164)   
蓮の實を取つて呉れては棹させり
(165)   
朴の葉のつゝ立ちてすみやかに落つ
(166)   
鶏頭の老いさらぼへる風情かな
(167)   
門川の野茨の或は匂ひ来て
(168)   
飯食うてしのぐ寒さや昨日今日
(169)   
葉を巻いてトマト病みをり梅雨の庭
(170)   
萩むらに夕影乗りし鶏頭かな
(171)   
日を追うて歩む月あり冬の空
(172)   
スケートの左廻りや山囲む
(173)   
愁あり歩き慰む蝶の晝
(174)   
緑陰や蝶明らかに人幽か
(175)   
葛城の神の鏡の春田かな
(176)   
蒲の穂の飛び赴いて行方かな
(177)   
秋蝶の心ゆくままなる日かな
(178)   
月見草蛾の口づけて開くなり
(179)   
鎌倉に春の雪積む一夜かな
(180)   
松蝉の松の下草深き寺
(181)   
橙に天照る日ある避寒かな
(182)   
月見草すくなく咲きて月明し
(183)   
秋晴のどこかに杖を忘れけり
(184)   
包丁を取りて打撫で桜鯛
(185)   
又通る彼の女房や藪椿
(186)   
屏風絵の煤竹売が来るところ
(187)   
木々枯れて鴉も居らぬ上野かな
(188)   
ふと~と氷一字の旗よろし
(189)   
世に交り立たなんとして朝寝かな
(190)   
旅衣濡れしをあぶる夏炉あり
(191)   
花人の酔に与せず汽車に在り
(192)   
葉牡丹の深紫の寒の内
(193)   
よき雛の數多からず飾りたる
(194)   
行人の背にある蝿や麦の秋
(195)   
惜春やすこしいやしき紫荊
(196)   
大恵那の尾根や端山や鳥渡る
(197)   
大仏の後ろ見て住む枯木宿
(198)   
雲近く通る姥子の月を見たり
(199)   
田楽の味噌ぽつたりと指貫に
(200)   
杉本寺まつくらがりの秋の風
(201)   
雨音につつまれ歩く若葉かな
(202)   
するすると涙走りぬ籠枕
(203)   
虚子庵に至り坐りぬ花疲
(204)   
日がなゐて夕しづもりの炬燵かな
(205)   
水仙や古鏡のごとく花をかかぐ
(206)   
返り咲く小米花あり門の春
(207)   
屋の棟の一八枯れぬはねつるべ
(208)   
渋柿の滅法生りし愚さよ
(209)   
仰ぎてし椿の上に廻り出し
(210)   
烏瓜映る水あり藪の中
(211)   
刈込みし山美しや小鳥網
(212)   
一籠の鯵を抱へて戸に戻る
(213)   
春雨に降り込められぬそれもよし
(214)   
宵闇に漁火鶴翼の陣を張り
(215)   
蒲の穂の飛ぶを仰げば昼の月
(216)   
せゝらぎつゝ揺れつゝ芹の生ひにけり
(217)   
一つ櫛使ふ夫婦の木の葉髪
(218)   
搦手の木曾川へ落つ露の徑
(219)   
氷りたる滝の柱に初音せり
(220)   
蓮広葉芭蕉広葉も今朝の秋
(221)   
鶏頭を目がけ飛びつく焚火かな
(222)   
ゆき当り瀬石をまはりゆく椿
(223)   
道の端大藁塚の乗出せる
(224)   
霧の道現れ来るを行くばかり
(225)   
一円に一引く注連の茅の輪かな
(226)   
崖氷柱刀林地獄逆しまに
(227)   
夕月のまだかまつかの紅ほのか
(228)   
うかゞひて杓さし入れぬ花御堂
(229)   
草山に浮き沈みつつ風の百合
(230)   
夕月の既に朧や藪の空
(231)   
玉簾の滝の千筋のもつれなく
(232)   
雪中に牡丹めぐめり谷の坊
(233)   
水仙を活けて鼓をかざりけり
(234)   
ころがりて又ころがりて田螺かな
(235)   
鎌倉はすぐ寝しづまり寒念仏
(236)   
榾の宿群書類聚そなへあり
(237)   
目白来てゆする椿の玉雫
(238)   
流れつゝ色を変へけり石鹸玉
(239)   
藤黄葉蔓あきらかに見ゆるかな
(240)   
茸多く朴の落葉の夥し
(241)   
もの皆の縁かがやきて春日落つ
(242)   
歩きつれ憩ひつれつゝ春惜む
(243)   
霜柱次第に倒れいそぐなり
(244)   
彼の船の煙いま濃し秋の海
(245)   
やはらかな粟打つてゐる音ばかり
(246)   
かなかなや欅屋敷と称へ古り
(247)   
流れゆく椿を風の押とゞむ
(248)   
温泉の宿の昼寝時なる長廊下
(249)   
朝ぼらけ林檎咲く家へ牛乳買ひに
(250)   
麥笛を吹けば誰やら合せ吹く
(251)   
板屏風どうと据ゑたる炉辺かな
(252)   
正月や炬燵の上の朱短冊
(253)   
鶏頭に飛び来る雨の迅さかな
(254)   
菊日和浄明寺さま話好き
(255)   
干布団してある縁に賀客かな
(256)   
事古りし招魂祭の曲馬團
(257)   
青蔦の蔓先の葉の小さきかな
(258)   
八方に稲架出来てゆく盆地かな
(259)   
枯木中居りたる雲のなくなりし
(260)   
(うすもの)をゆるやかに著て崩れざる
(261)   
餅花の凍てゝ落つるや少なからず
(262)   
主はや炉をひかへたりこぼれ萩
(263)   
水茎の古りにし反古や雛をさめ
(264)   
一面の著莪にさゞめく洩日かな
(265)   
枯蘆の水に濯げる男かな
(266)   
洗髪乾きて月見草ひらく
(267)   
貼替へていよ/\古し障子骨
(268)   
鳴子繩引きたしかめて出来にけり
(269)   
むらさきの散れば色無き花樗
(270)   
かたはらの榻よりかけてこぼれ萩
(271)   
春霜や袋かむれる葱坊主
(272)   
花人のこの廟所まで来るは稀
(273)   
灯の数のふえて淋しき十夜かな
(274)   
立仕事坐仕事や浜遅日
(275)   
山越えて伊豆に来にけり花杏
(276)   
枯菊と言捨てんには情あり
(277)   
鎌倉の夏も過ぎけり天の川
(278)   
海棠を見にほつ/\と人絶えず
(279)   
秋水の藪の中ゆく響かな
(280)   
後の月庭の山より上りけり
(281)   
死の如き障子あり灯のはつとつく
(282)   
閉ぢがちとなりし障子やこぼれ萩
(283)   
岩橋に立とゞまりて躑躅見る
(284)   
地の底に在るもろもろや春を待つ
(285)   
たんぽゝの大きな花や薄曇
(286)   
海棠のうつろふ花に開宗会
(287)   
花時の近よる園の蝌蚪の水
(288)   
雪解の打うなづける椿かな
(289)   
ふと羨し日記買ひ去る少年よ
(290)   
燈火の揺れとどまらず虎落笛
(291)   
またたきて枯木の中の星は春
(292)   
凍滝の寂莫たりし解けはじむ
(293)   
池に浮く鴨もそぞろや草萌ゆる
(294)   
大空に唸れる虻を探しけり
(295)   
煤掃に用なき身なる外出かな
(296)   
目のあたり浴泉群女深雪晴
(297)   
春山の大圏の中高知城
(298)   
鶏頭の首を垂れて枯れんとす
(299)   
山坂に爪立ち憩ふ紅葉かな
(300)   
かかり羽子ふと舞ひ下りぬ松の昼




関連記事

最終更新日 : 2019-05-11

Comment







管理者にだけ表示を許可