2019/05/11 松本たかし句集成 (その2) - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (5)俳句 › 2019/05/11 松本たかし句集成 (その2)
2019-05-11 (Sat)  21:56

2019/05/11 松本たかし句集成 (その2)



(301)   
狐火の火を飛び越ゆる火をみたり
(302)   
一片の落花の行方薮青し
(303)   
月光の走れる杖をはこびけり
(304)   
睡蓮の葉に手をかけて亀しばし
(305)   
秋晴れてまろまりにける花糸瓜
(306)   
山椿撰び折り来て実朝忌
(307)   
虫時雨銀河いよいよ撓んだり
(308)   
手違ひの多くて暮るゝ冬の雨
(309)   
泳ぎ子のひとり淋しや岩に上り
(310)   
さしのぞく木の間月夜や浮寝鳥
(311)   
鶏頭の夕影並び走るなり
(312)   
菊畑に菊剪る姥や浄妙寺
(313)   
小人数の親しき中の初句会
(314)   
我訪へば彼も達者や夏衣
(315)   
枇杷咲いて長き留守なる館かな
(316)   
暮遅くとざす御苑の門幾つ
(317)   
炭竃に塗り込めし火や山眠る
(318)   
人中に十夜の稚子の遊び居り
(319)   
立てひらく屏風百花の縫ひつぶし
(320)   
ぽかり真っ黄ぽかりと真っ赤チューリップ
(321)   
百日紅こぼれて庫裡へ石畳
(322)   
罌粟咲けばまぬがれがたく病みにけり
(323)   
又一つ病身に添ふ春寒し
(324)   
稲架の裾吹き抜く風の夜道かな
(325)   
日もすがら落葉を焚きて自愛かな
(326)   
見下ろせば来馴れし谷や探梅行
(327)   
水澄むやはやくも莟む藪椿
(328)   
夏場所のはねし太鼓や川向ふ
(329)   
木曾人は雨寒しとて夏炉焚く
(330)   
芹や摘まん芝を焼かん君来たり
(331)   
刀豆の棚の中にも葉鶏頭
(332)   
浜淋し打上げし藻に蝿生れ
(333)   
えごの花かゝりて蜘の糸見えず
(334)   
借覧す甲子夜話あり榾の宿
(335)   
下りかけて止めたる谷の紅葉かな
(336)   
前山や初音する時はろかなり
(337)   
多摩の水三条に断れて涸れゐたり
(338)   
甲斐駒の雲塊憎し五月晴
(339)   
春泥に映りてくるや町娘
(340)   
雨落つる空がまぶしき木槿かな
(341)   
ゆく春の牡丹桜の一木かな
(342)   
そくばくの粟束ねあり後の月
(343)   
沸沸と田螺の国の静まらず
(344)   
鴨を得て鴨雑炊の今宵かな
(345)   
塔の上の鐘動き鳴るクリスマス
(346)   
かい抱く大三宝や年男
(347)   
庭山の小谷もありて栗茸
(348)   
爐框に置く盃や十三夜
(349)   
初蝶を見し束の間のかなしさよ
(350)   
この庭の霧すさまじき紅葉かな
(351)   
炭ひいて稍まぎれたる愁かな
(352)   
地に置し梅の落花や貝の如
(353)   
鎌倉の空紫に花月夜
(354)   
裏山に登れば遅日尚在りぬ
(355)   
このわたに唯ながかりし父の酒
(356)   
鳴神や暗くなりつつ能最中
(357)   
一日のゆふべの雨の萩に灯す
(358)   
小鼓の稽占すませし端居かな
(359)   
落花踏んで見知らぬ庭に這入りをり
(360)   
あたたかや砂に黄色き防風の芽
(361)   
もの芽出て長き風邪も忘れけり
(362)   
橙の木の間に佇ちつ避寒人
(363)   
網の面にかゝり輝く小鳥かな
(364)   
炉ほとりにさす春日とはなりにけり
(365)   
霜除の日南なつかし歩をとむる
(366)   
菜の花の月夜の風のなつかしき
(367)   
麦秋の藤沢在の閑居かな
(368)   
湯気たちておのづからなるもつれかな
(369)   
牡丹の葉を起しつゝ開き行く
(370)   
三つ池の二つが見ゆる土間焚火
(371)   
鶏頭の影走りつゝ伸びにけり
(372)   
汗かきて日々恙なくありにけり
(373)   
ロンロンと時計鳴るなり夏館
(374)   
いづくかに月夜囃子や祭月
(375)   
ふさぎたる窓の外なる干菜かな
(376)   
凭り馴れて句作柱や夜の秋
(377)   
起出れば秋立つ山の八方に
(378)   
宿はづれ急に山路や夜の秋
(379)   
腐りたる杭の空洞に萌ゆる草
(380)   
何としても掘れぬしどみや山の春
(381)   
石に腰下せば一葉かたはらに
(382)   
早苗束放る響の谷間かな
(383)   
虚子庵に不参申して寝正月
(384)   
桐の花散りひろがりぬ掃かぬまゝ
(385)   
色町にかくれ住みつつ菖蒲葺く
(386)   
訃を聞いて暫くありて百舌鳥高音
(387)   
泳ぎ子に萩咲きそめぬ山の池
(388)   
鎌倉に馬車あり乗りて初詣
(389)   
紐のごとこんぐらかりし枯木かな
(390)   
炭をひくうしろ静の思かな
(391)   
雲霧の何時も遊べる紅葉かな
(392)   
佳墨得てすり流しけり春を待つ
(393)   
すこし待てばこの春雨はあがるべし
(394)   
蚊帳の中に見てゐる藪や今朝の秋
(395)   
藪に立つ欅三本鵙の秋
(396)   
吹き当ててこぼるる砂や枯薄
(397)   
幟の尾垂れたる見えて夕庇
(398)   
木の芽中那須火山脈北走す
(399)   
島人の墓並びをり十三夜
(400)   
桑枯れてあからさまなる住居かな
(401)   
干茸に時雨れぬ日とてなかりけり
(402)   
蘆原に浮める屋根と進む帆と
(403)   
柄を立てて吹飛んで来る団扇かな
(404)   
一本の櫻大樹を庭の心
(405)   
水仙にかゝる埃も五日かな
(406)   
すかんぽをくはへし顔やこちら見る
(407)   
口ンロンと時計鳴るなり夏館
(408)   
落葉掃く音山にあり移りゆく
(409)   
屏風立てゝ結界せばき起居かな
(410)   
蝌蚪生れて未だ覚めざる彼岸かな
(411)   
篝火の火の粉が高き無月かな
(412)   
蜥蜴の子這入りたるまま東菊
(413)   
行き消えて又行き消えて枯野人
(414)   
学園の寒林の中牧師棲む
(415)   
立ち浮む瑞の茅の輪をくぐりけり
(416)   
ものゝ芽にいとゞ輝ある日かな
(417)   
末枯の桑の果なる町灯る
(418)   
温泉澄みて湯気も立たずよ梅二月
(419)   
朝々の独り焚火や冬たのし
(420)   
風の中寒肥を撒く小走りに
(421)   
こつ/\とこつ/\と歩す堂の秋
(422)   
親王の墓ある山の百千鳥
(423)   
女夫仲いつしか淡し古茶いるる
(424)   
炉框に置く盃や十三夜
(425)   
古蘆の動くともなし水温む
(426)   
胼の手を盗み見られつ話し居り
(427)   
遊女屋の使はぬ部屋の秋の暮
(428)   
菜の花は濃く土佐人の血は熱く
(429)   
蝉涼し絵馬の天人身を横に
(430)   
鶏頭のおのづからなる立並び
(431)   
避暑人の住み交りをり圓覚寺
(432)   
紅梅の花大きくて乏しけれ
(433)   
炭おこすとぼしき火種ねもごろに
(434)   
代々の船場住居や敷松葉
(435)   
踊見る踊疲れを憩ひつゝ
(436)   
連翹の枝多からず交へたる
(437)   
我見たりなかのりさんの木曾踊
(438)   
曼珠沙華潰えたる門をつくろはず
(439)   
水亭の腰窓の辺の菖蒲の芽
(440)   
菜の花が汽車の天井に映りけり
(441)   
湯気たてて起居忘れし如くなり
(442)   
暦売古き言の葉まをしけり
(443)   
雪柳一ト朝露を綴りけり
(444)   
木曾人に噴くあたゝかの冬の水
(445)   
盆梅の枝垂れし枝の数へられ
(446)   
春泥に映り歪める女かな
(447)   
咲き疲れひれ伏しにけり黄水仙
(448)   
山川の秋は来にけり黄鶺鴒
(449)   
桑黄葉暮れつつありぬ汽車灯る
(450)   
柿の棹梢にわたしありにけり
(451)   
枯蔓をはらひ/\て山仕事
(452)   
戀猫やからくれなゐの紐をひき
(453)   
柿紅葉地に敷き天に柿赤し
(454)   
入海の更に入江の里の秋
(455)   
鈴懸の緑陰よろしテニス見る
(456)   
山の上の日に貼替し障子かな
(457)   
物の芽のほぐれほぐるる朝寝かな
(458)   
眼にあてて海が透くなり桜貝
(459)   
大空へうすれひろがる落花かな
(460)   
歳時記に聞きて冬至のはかりごと
(461)   
帷子を軒端に干せば山が透く
(462)   
椅子に在り冬日は燃えて近づき来
(463)   
玉虫を含めりにけり福寿草
(464)   
落椿海に放りて島に遊ぶ
(465)   
とことはの二人暮しの年用意
(466)   
晩涼の杉本寺は鐘も撞かず
(467)   
菖蒲見の人にまじりて禰宜そちこち
(468)   
起出でゝ木曾の朝寒ひとしほに
(469)   
ものの芽にふまへひろげし両の足
(470)   
この夏を妻得て家にピアノ鳴る
(471)   
柿をもぐ籠を梢にくゝりけり
(472)   
山茶花の散りつゞきたるそこらまで
(473)   
竹伏して堰き止めにけり落椿
(474)   
こぼれたるまゝ芥子萌えぬ沢山に
(475)   
菊の香の身に移されし芸すこし
(476)   
大佛の俯向き在す春日かな
(477)   
海中に都ありとぞ鯖火もゆ
(478)   
炉火いよよ美しければ言もなし
(479)   
洞門の曲りゐて吹く秋の風
(480)   
大入日野分の藪へ轟然と
(481)   
實朝忌春動かなとしてためらふ
(482)   
霜除や今日の日うすく並びゐる
(483)   
貝寄風の風に色あり光あり
(484)   
曼珠沙華に鞭れたり夢覚むる
(485)   
受けて来し七福神は置き並べ
(486)   
預けある鼓打ちたし冬の梅
(487)   
庭荒れて白藤棚にあふれたり
(488)   
一つ家を叩く水鶏の薄暮より
(489)   
年を守り炉を守るのみの身にしあれど
(490)   
苗代の二枚つづける緑かな
(491)   
祀りある古き湯釜や時鳥
(492)   
裸木も霞みそめたる藪穂かな
(493)   
竹馬の影近づきし障子かな
(494)   
夢に舞ふ能美しや冬籠
(495)   
象頭山その他春山皆似たり
(496)   
温泉の香のたゞよひゐるや夕紅葉
(497)   
父酔うてしきりに叩く火桶かな
(498)   
末枯や掘れば現はる古き池
(499)   
いま一つ椿落ちなば立ち去らん
(500)   
木蓮の花びら風に折れてあり
(501)   
父に似し弟一人残る菊
(502)   
枯菊の幽にそよぎはじめけり
(503)   
あの雲が飛ばす雪かや枯木原
(504)   
虹消えて春の山ありもとのまま
(505)   
風鈴や早鳴り出る懸くるより
(506)   
大稲架に突き立てゝある案山子かな
(507)   
バナナの香フルーツパーラー昼暗く
(508)   
鶏頭のぐわばとひれ伏す霜の土
(509)   
ありふれし鶏頭立てり我の庭
(510)   
梅に在り紅梅にある文目かな
(511)   
稚子が降らす花を拾ひし十夜かな
(512)   
胡桃の実見えて寝ころぶ避暑の宿
(513)   
添へ竹をはなれ傾き菊枯るる
(514)   
ひく波の跡美しや桜貝
(515)   
西瓜より冷きものゝのぼりけり
(516)   
雪しんしん出湯こんこんと尽くるなし
(517)   
榛名湖を見て戻りたる一ト昼寝
(518)   
四阿の輪飾落ちぬ雪の上
(519)   
炭竃に日行き月行く峡の空
(520)   
青籬の霜ほろほろと初雀
(521)   
燕の飛びとどまりし白さかな
(522)   
もの書きて日を経るほどに葉山吹
(523)   
酒庫の紋それ/\や梅の村
(524)   
いてふ散り来り地に着く時早く
(525)   
鳥雲に身は老眼の読書生
(526)   
残菊の黄もほとほとに古びたる
(527)   
露草のおがめる如き蕾かな
(528)   
青麦の丘の近道知りて訪ふ
(529)   
栗飯の洒落た家あり不動道
(530)   
ともすれば十夜の稚子の手を合せ
(531)   
山吹の日陰へ蝶の這入りけり
(532)   
柊の花もこぼれぬ箒先き
(533)   
盆梅のしだれし枝の数へられ
(534)   
女の手ますます赤し菜を洗ふ
(535)   
松蟲を聞きに来にけり城ケ島
(536)   
年賀受け年賀状受け籠りをり
(537)   
雪解や現れ並ぶ落椿
(538)   
燕の飛びとどまりて返しけり
(539)   
福寿草一鉢置けば座右の春
(540)   
猫と居る庭あたたかし賀客来る
(541)   
逗留の我に客ある爐辺かな
(542)   
川蟹の垣にのぼり来昼寝宿
(543)   
喰積にさびしき夫婦箸とりぬ
(544)   
或る谷の四五戸隠るる薄かな
(545)   
ややねびし人の春著の濃紫
(546)   
芥子も一重衣も単風渡る
(547)   
正しくも時の歩みやお元日
(548)   
炭斗に炭も満ちたり宿の春
(549)   
冬山の拒み塞げる行手かな
(550)   
日は遠く衰へゐるや軒簾
(551)   
あたたかき茶を秋雨の庭に捨つ
(552)   
室咲や一誌出さうずはかりごと
(553)   
山日和すこし崩れぬ紅葉狩
(554)   
花深く煤の沈める牡丹かな
(555)   
雪嶺に三日月の匕首飛べりけり
(556)   
正月も古りつゝ福寿草たもつ
(557)   
山清水ささやくままに聞入りぬ
(558)   
古池や藤咲きたれてゐもり浮く
(559)   
三日月の大きかりける沈丁花
(560)   
山裾に立もたれたる日向ぼこ
(561)   
山川の鶺鴒の黄の朝まだき
(562)   
掃き納め又掃き始む枯菊に
(563)   
女郎花やゝ略したる床の間に
(564)   
中庭の掃かで塵なき牡丹かな
(565)   
熊の皮干して戸板に余りけり
(566)   
侘助の莟の先きに止まる雪
(567)   
梨棚の跳ねたる枝も花盛
(568)   
昼顔に認めし紅の淋しさよ
(569)   
先へ行く紅葉がくれや下山人
(570)   
風花の峡の小村の二日かな
(571)   
大木の揉まれ疲れし野分かな
(572)   
葛の谷行けばだんだん家貧し
(573)   
朝寒の淵に下り来し日ざしかな
(574)   
余花の雨布団の上の鼓かな
(575)   
書を購ひて暫く貧し虫の秋
(576)   
泳ぎ子や獣の如くすこやかに
(577)   
この雨はつのるなるべし春惜む
(578)   
ひそかなる枯菊に年改る
(579)   
颱風の北進し来る恵那山の月
(580)   
炭竈に塗込めし火や山眠る
(581)   
在りし世の羽子板飾りかくれ住む
(582)   
手巾の白々として男かな
(583)   
干柿も其まゝ黒し宿の春
(584)   
一円を立てて茅の輪に内外あり
(585)   
花園に晩涼の蝶一しきり
(586)   
木魚居る畳に坐り夜学かな
(587)   
秋晴や黄色き花の糸瓜垣
(588)   
渦巻の残りすくなき蚊遣香
(589)   
蒲の穂の飛ぶを眺めて憩はゞや
(590)   
葉牡丹の火むら冷めたる二月かな
(591)   
磊塊と朱欒盛られて籠歪む
(592)   
夕待つ岐阜提灯の空(うつろ)かな
(593)   
上州の風ひりひりと野良の梅
(594)   
秋深しピアノに映る葉鶏頭
(595)   
門前の秋の出水や滑川
(596)   
朴の葉の落ちて重なる山静か
(597)   
白樺の雨に来て張るキャンプあり
(598)   
炉框の早や傷きし新居かな
(599)   
撫で下す顔の荒れゐる日向ぼこ
(600)   
唯うすき岐阜提灯の秋の草




関連記事

最終更新日 : 2019-05-11

Comment







管理者にだけ表示を許可