2019/04/25 日記  浅蜊 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2019/04/25 日記  浅蜊
2019-04-25 (Thu)  21:17

2019/04/25 日記  浅蜊

2019/04/25 (木) 旧暦: 321日 祝日・節気:  日出: 456分 日没: 1822分 月出: ---- 月没: 917分 月齢: 19.76 干支: 壬辰 六曜: 大安 九星: 五黄土星


今日のあれこれ: 浅蜊

Tomの丹後旅~天橋立「アサリ採り」~」


https://youtu.be/XXC7weOXRsc



『浅蜊: 鬼浅蜊、姫浅蜊、殻浅蜊、浅蜊売、浅蜊汁、浅蜊舟、浅蜊取、浅蜊飯

三春

マルスダレガイ科アサリ属に属する二枚貝の総称をいう。四センチほどの二枚貝で、貝殻の模様は同じ模様をしたものがないほどさまざまである。日本各地の沿岸の浅くて塩分の薄い砂あるいは砂泥底に分布する。肉は美味で味噌汁などに利用される。』
(季語と歳時記)



浅蜊の俳句:


・橋立は神の通ひ路浅蜊舟   岩木茂


・伊勢の海胸まで浸かり浅蜊掻く  久松和子


・海を見て宿の朝餉の浅蜊汁   大山夏子




海の幸に恵まれた日本だが、最近は今までの様には行かなくなっている。
 昨年は烏賊が不漁だった、その前は秋刀魚だった。

貝類も漁獲量が減っている。
原因は汚染、埋め立てなどの環境変化、天敵の増加、乱獲...色々と言われている。
 韓国や北朝鮮から輸入されているそうだが、国産でまかないたい。

取れなければ、養殖だ。
今では、牡蠣やホタテの様に海中に吊り下げて養殖する方法が試みられているそうだ。

伊勢も三河も浜名湖も昔は浅蜊がたくさん採れた。
近くの海で漁師が浅蜊をたくさん採り、生活ができるようになる日が来ればよいのだが...





関連記事

最終更新日 : 2019-04-25

Comment







管理者にだけ表示を許可