2019/04/20 日記  穀雨 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2019/04/20 日記  穀雨
2019-04-20 (Sat)  21:01

2019/04/20 日記  穀雨

2019/04/20 (土) 旧暦: 316日 祝日・節気: 穀雨 日出: 502分 日没: 1817分 月出: 1909分 月没: 540分 月齢: 14.76 干支: 丁亥 六曜: 赤口 九星: 九紫火星


今日のあれこれ: 穀雨

「大地に潤い きょう穀雨」


https://youtu.be/z2ixQ9yolfM



『穀雨(こくう)は、二十四節気の第6。三月中(通常旧暦3月内)。

現在広まっている定気法では太陽黄経が30度のときで420日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から1/3年(約121.75日)後で422日ごろ。

期間としての意味もあり、この日から、次の節気の立夏前日までである。

西洋占星術では、穀雨を金牛宮(おうし座)の始まりとする。

季節の特徴
田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨の降るころ。

穀雨とは、穀物の成長を助ける雨のことである。『暦便覧』には「春雨降りて百穀を生化すればなり」と記されている。

穀雨の終わりごろ(立夏直前)に八十八夜がある。
...』
Wikipedia



穀雨の俳句:


・農園に穀雨の雨の惜しむなし   染川享子


・まつすぐに草立ち上がる穀雨かな  岬雪夫


・くろぐろと土の匂いの穀雨かな  針ヶ谷里三



暦は穀雨だが、今日は良い天気だった。
庭に出てみると、植え込みの柾や山茶花の枝が空に向かって勢いよく伸びていた。
 ブルーベリーの新芽が開いた記憶だったが、今日はもう花がびっしりと開く準備をしている。

14
日の纏まった雨の後、春らしい光が降り注いだので、新芽や若葉が一躍活気づいた。

動画は、2015年の穀雨の沖縄だ。
今日、2019年の穀雨も、晴れた本土とは違い、沖縄は穀雨らしい雨だったようだ。




関連記事

最終更新日 : 2019-04-20

Comment







管理者にだけ表示を許可