2019/04/16  日記  康成忌 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2019/04/16  日記  康成忌
2019-04-16 (Tue)  19:16

2019/04/16  日記  康成忌

2019/04/16 (火) 旧暦:312日 祝日・節気:  日出:508分 日没:1814分 月出:1434分 月没:314分 月齢:10.76 干支: 癸未 六曜: 友引 九星: 五黄土星

今日のあれこれ: 康成忌


clip_image002
(河津桜 伊豆湯ケ野温泉 福田家
いい旅 姫気分
https://ameblo.jp/at91033/entry-12443519357.html
より転載)



『康成忌
晩春

ノーベル賞作家川端康成の忌日。四月十六日。
菊池寛に認められて作家活動に入る。横光利一らと共に「文藝時代」を創刊し、新感覚派と呼ばれ活躍する。代表作品に「伊豆の踊子」「雪国」「千羽鶴」など。昭和四十七年ガス自殺により没、七十二歳。』
(季語と歳時記)



康成忌の俳句:


・雨に散る花や川端康成忌  石塚友二



今日416日は、川端康成の忌日。
川端は、1972年(昭和47年)416日に、仕事部屋としていた神奈川県逗子市の逗子マリーナ417号室でガス自殺をしているところを発見された。

自死の理由は、本人しかわからない。
遺書は残されていなかったそうだ。

わからなければ、第三者が勝手に尤もらしい憶測を並べ立てる。

「作家・川端康成 ガス自殺の真相」
https://matome.naver.jp/odai/2140807689214057301

色々考えられても、事実ではない。

一つ言えることは、生き続けるより自ら死ぬことが魅力的だったということだ。


康成忌の句は少ない。
少ない中から、花過ぎの季節、宴のあとを詠んだ句を選んでみた。



【データ】

川端康成
Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E7%AB%AF%E5%BA%B7%E6%88%90




関連記事

最終更新日 : 2019-04-16

Comment







管理者にだけ表示を許可