2019/04/15  日記  桜鯛 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2019/04/15  日記  桜鯛
2019-04-15 (Mon)  19:37

2019/04/15  日記  桜鯛

2019/04/15 (月) 旧暦:311日 祝日・節気:  日出:509分 日没:1813分 月出:1324分 月没:231分 月齢:9.76 干支: 壬午 六曜: 先勝 九星: 四緑木星

今日のあれこれ: 桜鯛

clip_image002
(周防瀬戸の天然桜鯛
おさかな市場
http://ichiba.fujima-g.jp/index.php?main_page=product_info&products_id=2
より転載)




『桜鯛(さくらだい、さくらだひ) 晩春
2011/01/27

【子季語】 花見鯛、乗込鯛、烏賊鯛、姿見の鯛
【解説】
真鯛は春、産卵のため内海に集まる。雄の腹は桜色に染まり、それが桜の花時と重なることから桜鯛と呼ばれる。
【来歴】 『俳諧初学抄』(寛永18年、1641年)に所出。
【文学での言及】
桜鯛花の名なれば青柳の糸をたれてや人の釣りけん 言僧正公朝『夫木和歌抄』
【実証的見解】
マダイは、スズキ目タイ科に分類される魚で、北海道以南から南シナ海北部まで広く棲息する。体調は三十センチから七十センチくらい。大きいものになると一メートルを越えるものもある。体はほぼ楕円形で、顎が前方突き出ている。水深三〇メートルから二〇〇メートルに棲息し、小魚、甲殻類、貝類などを捕食する。頑丈な歯を持ち、甲殻類の殻も噛み砕いてしまう。春季の産卵期のマダイは脂がのっており、「桜鯛」と呼んで特に珍重する。』
(季語と歳時記)



桜鯛の俳句:


・見目ぞ佳き明石の浦の桜鯛  和田順子


・渦潮の青を身に刷く桜鯛  内田雅子


・結ぶ口凜々しや壱岐の桜鯛  山崎冨美子


・花びらのごと鱗散り桜鯛    森田 愛子


・塩蒸のましろなる身や桜鯛  長谷川櫂



真鯛は、産卵時期に陸地に近い浅瀬にやってくる。
産卵はは3月から6月にかけて行われる。
雄の真鯛は肌が赤く染まり、桜の花びらに似た斑点模様が出る。
そのため、桜の開花時期とも重なり、桜鯛と呼ばれる。

産卵前の真鯛は適度に脂が乗って美味しいそうだ。

姿も美しく脂の乗った桜鯛は、祝の膳には欠かせない。

句に詠んでも桜鯛の句は美しい。





関連記事

最終更新日 : 2019-04-15

Comment







管理者にだけ表示を許可