2019/04/12 日記  チューリップ - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2019/04/12 日記  チューリップ
2019-04-12 (Fri)  19:58

2019/04/12 日記  チューリップ

2019/04/12 (金) 旧暦: 38日 祝日・節気:  日出: 513分 日没: 1811分 月出: 1008分 月没: ---- 月齢: 6.76 干支: 己卯 六曜: 仏滅 九星: 一白水星


今日のあれこれ: チューリップ

「足利フラワーパークのチューリップ2019 Tulip of Ashikaga Flower Park


https://youtu.be/IWWLmjr2EvA




『チューリップ: 牡丹百合、鬱金香
  晩春

ユリ科の球根植物。四月頃に花壇を彩る花。赤、白、黄、紫などの色がある。オランダで品種改良され日本には江戸末期に伝わる。
富山の球根栽培が有名。』
(季語と歳時記)



チューリップの俳句:


・地平まで続く起伏のチューリップ    児島倫子


・チューリップ黄の一列の行進す    大谷裕子


・チューリップ不思議の国の出入り口    小澤克己


・チューリップほんにあの子は一本気    北畠明子


・鬱の日の眩しきまでにチューリップ    後藤志づ




春の光を花びらに集めたチューリップ。
赤、白、黄色雑じりっけ無いスッキリとした色は透明感がある。

陰のない明るさが、疑いを拒否する力強さを持っている。
眼の前のチューリップを見ていると不思議の国に攫われそうに感じられるのは当然だ。

何事にも迷いそうな人にとって、チューリップの単純な輝きは眩しい。
 後藤もその様は思いだが、人は大方チューリップのようにあっけらかんとした一本気にはなれないものだ。

眩しいチューリップの光を見続けていると、その明るさをもらうことができるのが確かだ。




関連記事

最終更新日 : 2019-04-12

Comment







管理者にだけ表示を許可