2019/04/07 日記  花曇 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2019/04/07 日記  花曇
2019-04-07 (Sun)  22:32

2019/04/07 日記  花曇

2019/04/07 (日) 旧暦: 33日 祝日・節気:  日出: 520分 日没: 1807分 月出: 634分 月没: 1951分 月齢: 1.76 干支: 甲戌 六曜: 大安 九星: 五黄土星

今日のあれこれ: 花曇

「北の丸公園から千鳥ヶ淵を眺める 桜と新緑 花曇り お花見散歩 2019.4.2 Sakura


https://youtu.be/fvalsXqGq2w



『花曇(はなぐもり) 晩春

子季語: 養花天
解説: 桜が咲く頃の曇り空を言う。雲が低く垂れ込めるほどではなく、比較的明るい曇り空である。太陽に暈がかかることもある。「養花天」は雲が花を養うという発想から生まれた言葉。
来歴: 『世話盡』(明暦2年、1656年)に所出。

(季語と歳時記)



花曇の俳句:


・フリスビー低く野を飛ぶ花曇り   渡邊孝彦


・一切の影の消えたる花曇   高橋将夫


・たいていは一人でいつも花曇   辻美奈子



昨日、今日とお天気に恵まれて、どこもお花見日和になった。

 桜の名所上野公園も、今日は最後の桜を楽しむ人で溢れたそうだ。

cherry blossom 東京台東区 上野公園 最後の花見 TOKYO 201947日」

https://youtu.be/2FP826L4o3g


昨日、近くの公園に花見に行った。
芝生の上には、小さなビニールのシートを敷いて、小さなお姉ちゃんに乳母車の赤ちゃんの家族がお弁当を楽しんでいた。
 見渡すと子供を連れた家族連れが負多い。

あそこにも、右にも、奥にも、桜の枝先の下にも、家族連れがお花見をしている。
 子どもたちがいる景色は未来があって明るい。

辻は、たいていは一人でお花見。
そしていつも花曇という。
今年のお花見はどうだったのだろう...





関連記事

最終更新日 : 2019-04-07

Comment







管理者にだけ表示を許可