2019/04/04  日記  風光る - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2019/04/04  日記  風光る
2019-04-04 (Thu)  19:36

2019/04/04  日記  風光る

2019/04/04 (木) 旧暦: 229日 祝日・節気:  日出: 524分 日没: 1804分 月出: 505分 月没: 1657分 月齢: 28.46 干支: 辛未 六曜: 赤口 九星: 二黒土星

今日のあれこれ: 風光る


「ドローン空撮 紀の川周辺の桜と桃の花 2018

https://youtu.be/tOPhu0Ew95U



『風光る(かぜひかる) 三春
子季語: 光風
関連季語:         
解説:   春風がきらきらと光り輝くように感じられることをいう。陽光の踊るような明るさに、風にゆらぐ景色もまばゆい。春の到来のよろこびや希望を、吹く風に託した言葉。
来歴:   『俳諧手挑灯』(延享2年、1745年)に所出。

(季語と歳時記)



風光るの俳句:


・見下ろせば紀の川蛇行風光る   林和子


・一望の浦賀水道風光る   國永靖子


・神々の在す霧島風光る   神原操


・吾に似し孫のお転婆風光る   佐田昭子


・転生は鳥こそよけれ風光る   千手和子




風が少し収まり、寒の戻りも峠を越えた。
明日からは春らしさが戻るそうだ。

春らしい風になれば、光も輝きを増す。
輝く光の下で、山も川も海も美しき姿を見せる。

遠く川に海に山に眼をやれば、風も光を増している。
近くに眼をやれば、孫娘は春の柔らかい風と光に育まれて生き生きと楽しく生きている。

それを見ることが出来ていればもう良いのではないか。
先がどうなるとしても。





関連記事

最終更新日 : 2019-04-04

Comment







管理者にだけ表示を許可