2019/04/01 新元号が発表された、 「令和」 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (16)時事・世相 › 2019/04/01 新元号が発表された、 「令和」
2019-04-01 (Mon)  21:04

2019/04/01 新元号が発表された、 「令和」


譲位による新天皇の時代が1月後に始まる。
その元号が今日決定し、公表された。

平成の時は、昭和天皇のご崩御を起点にしての決定だったから、突然の感覚から、平成と言う漢字になにか違和感を感じた。

今回は、譲位によるもので、準備が進んでいることは周知のことで、新元号の予想などが広く行われてきた。
そのため、「令和」という文字、典拠は「万葉集」と説明を受けると、スルスルと眼も耳も心も馴染んだ。

伝統を重んじる世界の習慣からすると、日本の古典「万葉集」を典拠としたことは画期的だった。

歌の内容も良い。
歌の言葉も快く響いている。



『新元号は「令和」と発表 日本の古典「万葉集」から初引用
4/1(
) 11:41配信FNN.jpプライムオンライン

clip_image002
(画像:FNN PRIME

政府は41日「平成」に代わる新たな元号を「令和」と発表した。

続いて正午頃に安倍総理大臣が談話を発表し、新しい元号に込められた意義などについて、国民に直接伝えることにしている。

【画像】新元号「令和」発表の瞬間はこちら…

元号を改める政令は1日中に公布されて、皇太子さまが新天皇に即位される51日に施行され、その日の午前0時に元号が切り替わる。

新たな元号は、最初とされる「大化」から数えて248番目となる。

「令和」は日本最古の歌集「万葉集」にある「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」との文言から取られたもの。これまでの元号のほとんどが中国の古典から選ばれており、今回、初めて日本の古典から選ばれた。』
FNN PRIME





関連記事

最終更新日 : 2019-04-01

Comment







管理者にだけ表示を許可