2019/03/30 日記 花の雨 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2019/03/30 日記 花の雨
2019-03-30 (Sat)  19:21

2019/03/30 日記 花の雨

2019/03/30 (土) 旧暦: 224日 祝日・節気:  日出: 531分 日没: 1800分 月出: 211分 月没: 1220分 月齢: 23.46 干支: 丙寅 六曜: 先勝 九星: 六白金星


今日のあれこれ: 花の雨

JG☆☆ 京都 平野神社の桜 雨景 (重文) Kyoto,Sakura at Hiranojinja(Cultural Property)



https://youtu.be/q0X0iitBcRg



『花の雨: 花時の雨

 晩春

桜の咲く頃に降る雨、あるいは咲き満ちる桜の花に降る雨。』
(季語と歳時記)



花の雨の俳句:


・昼灯す祇園一力花の雨   藤見佳楠子


・目つむりてふくるる鳩や花の雨   垣岡暎子


・退屈といふは贅沢花の雨   織田喜美子




週末の土曜日、桜も満開に近くなり、今日はお花見の人も多かった筈だが、生憎の雨となった。
きのうの夜から、今朝早くから場所取りをした幹事さんには憎らしい雨だ。

雨は明日の朝には上がり、お日様は難しいが、曇ならお花見は可能だ。
 今日の延期派も加わり、陣取り合戦は厳しくなりそうだ。

団体の花見に雨は禁物だが、一人なら雨もまた良し。
咲いたばかりの花びらを濡らし、滴り落ちる雨には、雨の風情がある。

鳥たちも去り、花見客も去った花の下、雨の音しか聞こえない静けさの中、ただ花を見る。
 桜の花の独り占め、これは矢張り退屈というより贅沢だろう。




関連記事

最終更新日 : 2019-03-30

Comment







管理者にだけ表示を許可