2019/03/24  日記  木の芽時 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2019/03/24  日記  木の芽時
2019-03-24 (Sun)  15:23

2019/03/24  日記  木の芽時

2019/03/24 (日) 旧暦: 218日 祝日・節気:  日出: 540分 日没: 1755分 月出: 2131分 月没: 747分 月齢: 17.46 干支: 庚申 六曜: 先勝 九星: 九紫火星


今日のあれこれ: 木の芽時(このめどき)


「芽吹きの季節」


https://youtu.be/081nYsVZwV8



『木の芽時: 木の芽雨、木の芽晴、木の芽風、木の芽山、芽立前、木の芽冷え、芽立時

 三春

春になり、さまざまな木が芽吹く頃のこと。』
(季語と歳時記)



木の芽時の俳句:


・ひと雨に山がふくらむ木の芽どき   竹澤真青


・わさわさと胸の波打つ木の芽時   江島照美


・間垣より出て子ら遊ぶ木の芽どき   朝妻力



庭の樹が一斉に芽吹き始めた。
柾、ブルーベリー、山椒...
特に柾の芽は伸びが速い。
気づく前に芽は膨らみ、幼い葉らしきものが顔を出している。
 ブルーベリーの芽も膨らみもう少しで爆発しそうな様子だ。
 伸びている芽を見ると、新しい緑は黄がかかった緑で光に反射して柔らかな肌をしている。

植物は新しい季節を迎えて、新しい葉を伸ばすことに迷うこと無がない。
 一方、人は大方は新しい春の到来を待ち望んでいるが、そうでない人もいる。

春には卒業や転勤や引っ越しや新しい職場や環境の変化が大きい人がいる。
 期待と不安の交錯する中で胸の中は波打って休むことが出来ない。

そんな春もある。





関連記事

最終更新日 : 2019-03-24

Comment







管理者にだけ表示を許可