2019/03/20 gooブログを止めた理由 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (1)始まり・菜花亭日乗 › 2019/03/20 gooブログを止めた理由
2019-03-20 (Wed)  20:16

2019/03/20 gooブログを止めた理由


goo
ブログを止める行動を決心をさせた引き金は、現在行われているリニューアルへの不安だ。


分かれ道
リニューアルのお知らせを読んだ時、今後の予定に以下のように書かれていた。

「今後の予定
・画像加工の追加(アプリ版のみ)
twitter(つぶやきまとめ投稿含む)、mixizenbackXML-RPC 外部連携の終了
ping送信の終了
 ※時期については、改めて、本スタッフブログにてお知らせいたします。
・既存アプリ「gooブログ」の終了
 ※既存アプリ「gooブログ」の終了時期につきましては、別途、お知らせします。」

この中で、「XML-RPC 外部連携の終了」の文字に目が釘付けになった。

 xm-rpc外部連携が廃止されると、外部エディター(WindowsLiveWriterWORD)での投稿が出来なくなり、gooブログの内部のエディターしか使えなくなる。
リニューアル後の内部エディターがどうなるのか判らないが、現状のエディターでは厄介だ。
 内部エディターは、文章の作成と写真の管理が別れている。
 写真を予めアップロードしておき、内部エディターに11枚挿入することになる。
 文章を書きながら、一枚一枚挿入する必要があるエディター、これは面倒だ。
 文章だけ先に書いて後から、写真を貼り付ける方法も気分が乗らない。
 WindowsLiveWriterなら文章と画像を見ながら編集ができる、見た通りの原稿を送信することができる。
 文章は思う様に書いて、其の侭ブログにアップロードしたい。

内部エディターを使う場合の、問題点はもう一つ。
記事の原稿が残らないことがある。
記事を取り出そうとしても、文章だけになり写真は取り出せない。
 ブログの画面をWORDにコピペで貼り付ける方法もあるが、順序が逆で、思考過程がわからない、完成した文章しか入手できない。
 WORDで原稿を書いて残せば、ブログの画面には登場しない、過程やデータも残すことができる。

やはりブログの原稿はWORDで書き、其の侭ブログに投稿したい。
 WORDのデータは、原稿として保存したい。


予定には「XML-RPC 外部連携の終了」としか書かれていないので、詳しいことがわからない。
 不安なので、gooブログに照会の問い合わせをしてみた。

そうすると、回答は質問には答えず、
XML-RPC外部連携の機能を利用するすべてのサービスが利用できなくなる
ブログ投稿にはPC版ブラウザやスマートフォンアプリ使ってください
と簡単に答えるのみで、利用者の不便が増大することに何らの関心も無い様子だ。

これでは「リニューアル」とは名のみで、利用者にとっては大変な改悪になる。

gooブログのリニューアルには、過去にも疎外感があった。
2017年のリニューアルの際、利用できる
ブログパーツが大きく制限された。
 ある日突然、画面を便利にしていたお天気と暦のブログパーツが使えなくなってしまった。
 
利用者が困らないように、gooブログで代替の公式ブログパーツを用意してから、実施するのであれば理解はできるが、この様なやり方は利用者無視の乱暴なリニューアルとしか言えない。

12
年弱の歴史、利用経験からすると、今後のリニューアルにも期待はできない。
 gooブログの進む方向は、スマホでTwitterを使う様に、短い呟きで数枚の写真を投稿するような使い方に向かっていると思われる。
 長文で数多くの写真を使うような利用者は歓迎していない様子だ。

サービスの原則は、最近の表現を借りれば、「利用者First」なのだが、どうやらgooブログの方向は「gooブログFirst」のようだ。
...

過去、現在、未来について色々と考えを巡らしているうちに、身動き取れなくなる前に、gooブログから離れたほうが安心だと結論が出た。




関連記事

最終更新日 : 2019-05-21

Comment







管理者にだけ表示を許可