2007/10/18 一文字の違い - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (5)俳句 › 2007/10/18 一文字の違い
2007-10-18 (Thu)  22:55

2007/10/18 一文字の違い


俳句の本に「てにをは」の重要性・推敲についてよく書かれている。教室の先輩方も、「に」より「の」が良いと言ったりする。



長文の小説では、何万語も使用されるが、俳句は僅か十七文字である。一文字の重みは小説とは比べ物にならない。
 しかし、文字を変えるとどう違うのか、先輩の話を聞いていても良く解らないことがある。つまり、読み手としての感受性が備わっていないと、一文字の違いが感得できないのである。
 一文字を推敲するには、それだけの蓄積・修練を要する。



今日、句を考えていて一文字をどうするか悩んだ。



①週末の街に灯点秋時雨
  灯(ひ)、点(とも)



②週末の街に灯点秋時雨



③週末の街に灯点秋時雨



④週末の街に灯点秋時雨



秋の日はつるべ落としである。日の暮れは早いが、時雨れる日は、特に暮れが早く、早々と灯がともされ、時雨が通り過ぎていく、そんな秋の季節を詠むつもりなのである。



①は散文的、説明的で情感・ふくらみに乏しい。



②は、焦点は秋時雨にある。イメージが狭い。



③灯のともった街と秋時雨が等置され、情景が描写されふくらみもある。①、②より良い。
 「週末の街に灯点る」を秋時雨にかかる形容詞と読めば、②と同じになる。



④焦点は文字に表されていない、秋の季節にある。秋という季節が、早々と灯をともし、時雨を降らせているのである。



詠みたい世界には④が一番近い様に思われるので、④を採ることにした。
 人によっては、③の方がよいと言うかも知れない。さて、どうだろう?




 

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可