2007/10/18 日記 紫式部と小紫 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2007/10/18 日記 紫式部と小紫
2007-10-18 (Thu)  23:50

2007/10/18 日記 紫式部と小紫


10月18日(木) 乙酉(いつゆう、きのととり) 旧九月八日 佛滅 十方暮, 一粒万倍日




『10月18日生の性格:
 繊細で傷つきそうな外見。
 でも驚くほどタフで、ものに動じない性格です。
 きゃしゃな人が多いのですが、体力気力は十分。
 女性は男性顔まけの仕事をします。 』




『10月18日の誕生花「ムラサキシキブ」「紫式部」



 




 
上の写真が本来の「ムラサキシキブ」ですが、
下の「コムラサキ(小紫)」は、庭木や切り花で人気で、一般的に「ムラサキシキブ」とされているようです。



クマツヅラ科。落葉低木。
日本原産で、10数種が全国に自生しています。高さは3メートルほど。
花期は初夏、薄紫色の小さな花をつけます。秋は実の時期です。
市街地では、「コムラサキ」をよく見かけますね。こちらは、「小紫式部・小式部」という別名もあります。
高さ1~1.5メートル。
枝垂れる枝に、色・つき方共に、ブドウを思わせる実をつけます。
二種を比較すると・・・、
紫式部は、「背が高く、実が大きめで、ややバラバラ」
小紫は、「背が小さく、小さめの実を枝に沿って固めてつける」
という感じでしょうか。
白い実をつける「白式部」という種類もあります。
いずれの種も、日本的な情緒が漂います。
(366日・誕生花の辞典
http://www.366flower.net
 より転載)



玄関アプローチに咲いているものが紫式部と思っていたが、正確には小紫式部である事がわかった。
 日本原産の花は矢張り日本的情趣を感じる。今が盛りと実を付けている。



仕事が忙しく、精神的に慌ただしい。



 

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可