2019/01/18  日記  初観音 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2019/01/18  日記  初観音
2019-01-18 (Fri)  19:51

2019/01/18  日記  初観音

2019/01/18 (金) 旧暦: 1213 祝日・節気:  日出: 649 日没: 1653 月出: 1357 月没: 321 月齢: 12.06 干支: 乙卯 六曜: 赤口 九星: 七赤金星


今日のあれこれ: 初観音


『浅草寺 初観音・温座秘法陀羅尼会「亡者送り」』


https://youtu.be/Gt3Nbtby5sM



『初観音

新年

正月十八日の縁日に観音菩薩に参詣すること。
特に東京の浅草寺や京都の清水寺が有名。』
(季語と歳時記)



初観音の俳句:


・初観音紅梅焼のにほひかな 川端茅舎


・火伏てふ初観音の賑はへり 麻生英二


・初観音護摩火鎮めて渉りけり 中川草楽



川端の初観音は紅梅焼に結びついている。
紅梅焼は、浅草寺のものだろう。

「江戸・浅草の紅梅焼
江戸では、享保年間、浅草観音堂の境内で、紅梅の名木にあやかり、梅花の形をした小型の煎餅を焼いて売ったところ、名物となり、江戸の至る所に紅梅焼を売る店が出現した。江戸時代末期には江戸駄菓子の一つとして人気を博し、夏目漱石の『坊っちゃん』にも登場するが、2015年現在、浅草では作っていない。」(Wikipedia

今でも玉屋菓子店で売っているそうだが、他のところで作られたものを売っているのだろうか。
江戸情緒として残しておきたいものだ。


初観音では、護摩火を焚いた後、一般の人が、火の上を渡る行が、各地で行われてきたようだ。

「火渡りする信者2(護摩供養)2012永興寺」


https://youtu.be/od8N1bo0gl8

心頭滅却すれば...の世界だが、人によって行いが違うのが面白い。

火の熱さに心が占められている人は、足早に熱そうに渡る。
普通に歩いている人もいる。
人それぞれ、心それぞれ。

煩悩に障えられて、日々過ごすのも人それぞれ。




関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可