2008/05/01 映画「カンフーハッスル」 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (7)映画 › 2008/05/01 映画「カンフーハッスル」
2008-05-01 (Thu)  22:46

2008/05/01 映画「カンフーハッスル」



 



  (洋泉社ムック)



先週TVで後半部分だけ見た。
お話は、映画で見せる漫画・劇画の類で、荒唐無稽である。



お話は寧ろどうでも良いが、絵が良かった。
撮影は潘恒生と言う人らしい。有名な人なのだろうか。
 パンフォーカスの奥深い画面を使い、後ろの画面が宵の時刻の薄もやが掛かったような雰囲気で何となく情感がある。
 カンフーのシーンも、妖術を使うので漫画だが、スローモーションを使い、カンフーの動きの面白さと美しさが表現されている。



周星馳が監督・製作・脚本の三役をこなしたワンマン映画だが、演技力のあるキャスト、特にギャングの頼りなさそうな、怖そうな目つきが良かった。



TVは持つことの出来ない空間を感じさせる画面は映画のみが持つ魅力。この魅力に満ちた映画。



【データ】
以下は、キネマ旬報 MovieWalkerから転載。



[原題]功夫/Kung Fu Hustle
[製作国]中国=アメリカ
[製作年]2004
[配給]ソニー・ピクチャーズ
 

<スタッフ>
 監督: Stephen Chow 周星馳 チャウ・シンチー
 製作: Stephen Chow 周星馳 チャウ・シンチー
        Chui Po Chu チュイ・ポーチュウ
        Jeff Lau 劉鎭偉 ジェフ・ラウ
 脚本: Stephen Chow 周星馳 チャウ・シンチー
        Tsang Kan-Cheung ツァン・カンチョン
        Chan Man Keung チャン・マンキョン
        Xin Huo シン・フオ
 撮影: Poon Hang Sang 潘恒生 プーン・ハンサン
 音楽: Raymond Wong 黄百鳴 レイモンド・ウォン
 

<キャスト(役名)>
 Stephen Chow 周星馳 チャウ・シンチー (Sing)
 Yuen Wah 元華 ユン・ワー (Landlord)
 Yuen Qiu ユン・チウ (Landlady)
 Bruce Liang 梁小龍 ブルース・リャン (火雲邪神)
 Dong Zhi Hua ドン・ジーホワ (Donut)
 Chiu Chi Ling チウ・チーリン (Tailor)
 Xing Yu シン・ユー (Coolie)
 Chan Kwok Kwan チャン・クォックワン (Brother Sum)
 Lam Suet 林雪 ラム・シュー (Axe Gang Vice General)
 Tin Kai Man ティン・カイマン (Axe Gang Advisor) 
 

<解説>
 ギャングになることを夢見るチンピラの奮闘を描くアクション・コメディ。監督・製作・脚本・主演は「少林サッカー」のチャウ・シンチー。共同脚本は「少林サッカー」のツァン・カンチョン、「女人、四十。」のチャン・マンキョン、「こころの湯」のローラ・フオ。撮影は「チャイニーズ・オデッセイ」のプーン・ハンサン。音楽は「少林サッカー」のレイモンド・ウォン。美術は「アクシデンタル・スパイ」のオリヴァー・ウォン。編集は「HERO」のアンジー・ラム。衣裳は「ゴージャス」のシャーリー・チャン。共演は「暗黒街/若き英雄伝説」のユン・ワー、「007/黄金銃を持つ男」のユン・チウ、「チャイニーズ・ゴースト・バスターズ」のブルース・リャン、「少林サッカー」のチャン・クォックワン、ティン・カイマン、「ターンレフト ターンライト」のラム・シューほか。 



 文化革命前の混沌とした中国。冷酷無情な街のギャング団”斧頭会“の一員になることを夢見るチンピラのシン(チャウ・シンチー)は、頼りにならない相方(ラム・ジーチョン)と共に、日々コソ泥を繰り返していた。そんなある日、シンたちは貧困地区の豚小屋砦というアパートの住人から小金を脅し取ろうとするが、その騒動で斧頭会の注意を引いてしまう。しかし大勢で侵略してきたギャングたちを、アパートの住民たちはやすやすと一蹴。その中には、カンフーの技を極めながらも普通の生活をしている職人たち(ドン・ジーホワ、チウ・チーリン、シン・ユー)や、二度と闘わないことを選んだ家主(ユン・ワー)とその妻(ユン・チウ)らがいた。斧頭会は古琴の波動拳を操る演奏家(ジア・カンシー、フォン・ハックオン)ら刺客を雇うが、住民たちのあまりの手強さに、シンを仲間に入れる条件として、伝説の殺し屋・火雲邪神(ブルース・リャン)の脱獄を促す。かくして家主夫妻と火雲邪神、伝説の達人同士の死闘が幕を開けた。するとその気迫に圧倒されたシンの中で、少年時代の苦い記憶と共に封印されていた悪を戒める武術の奥義書が再びページを開いた。シンは無敵の男として覚醒し、火雲邪神を降参させる。そして糖果店を開店し、初恋の人フォン(ホアン・シェンイー)と心を通わせるのだった。 


 

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可