2019/01/21 杉田久女 俳句集成 (その2) - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (5)俳句 › 2019/01/21 杉田久女 俳句集成 (その2)
2019-01-21 (Mon)  23:50

2019/01/21 杉田久女 俳句集成 (その2)



(251)     髪そぎて臈たく老いし雛かな
(252)     父逝くや明星霜の松になほ
(253)     大波のうねりもやみぬ沖膾
(254)     素麺や孫にあたりて舅不興
(255)     蒸し寿司のたのしきまどゐ始まれり
(256)     葉桜や流れ釣なる瀬戸の舟
(257)     姉ゐねばおとなしき子やしやぼん玉
(258)     夏草に愛慕濃く踏む道ありぬ
(259)     虫をきく月の衣手ほのしめり
(260)     屋根石にしめりて旭あり花棗
(261)     口すゝぐ天の真名井は葛がくれ
(262)     あはれ妻人の夏衣を縫ふあはれ
(263)     新調の久留米は着よし春の襟
(264)     山冷にはや炬燵して鶴の宿
(265)     寒林の日すぢ争ふ羽虫かな
(266)     藻を刈ると舳に立ちて映りをり
(267)     雉子鳴くや宇佐の盤境禰宜ひとり
(268)     睡蓮や鬢に手あてゝ水鏡
(269)     戲曲よむ冬夜の食器浸けしまゝ
(270)     蝶去るや葉とぢて眠るうまごやし
(271)     のぞき見ては塀穴ふさぐ日永かな
(272)     遊船のみよしの月にたちいでし
(273)     けふの糧に幸足る汝や寒雀
(274)     萍の遠賀の水路は縦横に
(275)     たてとほす男嫌ひの單帶
(276)     朝日濃し苺は籠に摘みみちて
(277)     大空に舞ひ別れたる鶴もあり
(278)     朝顏や濁りそめたる市の空
(279)     青すすき傘にかきわけゆけどゆけど
(280)     春潮に流るる藻あり矢の如く
(281)     書肆の灯にそゞろ読む書も秋めけり
(282)     松の内社前に統べし舳かな
(283)     大枝を引きずり去りて茂かな
(284)     ゆく春やとげ柔らかに薊の座
(285)     屋根石に炊煙洩るゝ豆の花
(286)     簷に吊る瓢の種も蒔かばやな
(287)     吹き習ふ麦笛の音はおもしろや
(288)     秋來ぬとサフアイア色の小鰺買ふ
(289)     不知火の見えぬ芒にうづくまり
(290)     こもり居の門辺の菊も時雨さび
(291)     蝉時雨日斑(まだら)あびて掃き移る
(292)     雨晴れて忘れな草に仲直り
(293)     玻璃の海全く暮れし煖炉かな
(294)     葉鶏頭のいただき躍る驟雨かな
(295)     田鶴舞ふや日輪峰を登りくる
(296)     拝殿の下に生れゐし小鹿かな
(297)     朝顔やにごりそめたる市の空
(298)     遊船のさんざめきつつすれ違ひ
(299)     我作る菜に死にてあり冬の蜂
(300)     万葉の池居間狭し桜影
(301)     ゆるゆると児の手を引いて春の泥
(302)     冬浜の煤枯れ松を惜みけり
(303)     掻きあはす夜寒の膝や机下
(304)     その中に羽根つく吾子の声澄めり
(305)     大なつめの落す竿なく見上げゐし
(306)     思ひつゝ草にかがめば寒苺
(307)     薬つぎし猪口なめて居ぬ秋の蝿
(308)     美しき神蛇見えたり草の花
(309)     咲き移る外山の花を愛で住めり
(310)     蝉涼しわがよる机大いなる
(311)     夕顔に水仕(みづし)もすみてたたずめり
(312)     元旦や束の間起き出で結び髪
(313)     朝寒や菜屑ただよふ船の腹
(314)     鬢掻くや春眠さめし眉重く
(315)     芋の如肥えて血うすき汝かな
(316)     朝な梳く母の切髪花芙蓉
(317)     秋来ぬとサファイア色の小鯵買ふ
(318)     敷かれある臥床に入れば秋灯つく
(319)     菊白しピアノにうつる我起居
(320)     病める手の爪美くしや秋海棠
(321)     日盛の塗下駄ぬげば曇りかな
(322)     胼の手も交りて歌留多賑はへり
(323)     春浅く火酒したたらす紅茶かな
(324)     卓の百合あまり香つよし疲れたり
(325)     ゆるやかにさそふ水あり茄子の馬
(326)     花房の吹かれまろべる露台かな
(327)     師に侍して吉書の墨をすりにけり
(328)     菱摘みし水江やいづこ嫁菜摘む
(329)     吾子に似て泣くは誰が子ぞ夜半の秋
(330)     菱採ると遠賀の娘子裳濡ずも
(331)     花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ
(332)     夜寒さやひきしぼりぬく絹糸の音
(333)     焔迫れば草薙ぐ鎌よ野焼守
(334)     大樹下の夜店明りや地蔵盆
(335)     春暁の夢のあと追ふ長まつげ
(336)     紫陽花に秋冷いたる信濃かな
(337)     髪寄せて柿むき競ふ灯下かな
(338)     筑紫野ははこべ花咲く睦月かな
(339)     傘を打つ牡丹桜の雫かな
(340)     玄海の濤のくらさや雁叫ぶ
(341)     西日して薄紫の干鰯
(342)     雪道や降誕祭の窓明り
(343)     獺にもとられず小鮎釣り来し夫をかし
(344)     秋晴や由布にゐ向ふ高嶺茶屋
(345)     たもとほる桜月夜や人おそき
(346)     旭注ぐや蝶に目醒めしうまごやし
(347)     コスモスくらし雲の中ゆく月の暈
(348)     潮の香のぐんぐんかわく貝拾ひ
(349)     笹づとを解くや生き鮎真一文字
(350)     緋鹿子にあご埋めよむ炬燵かな
(351)     夕顔やひらきかゝりて襞深く
(352)     牡丹を活けておくれし夕餉かな
(353)     あだ守る筑紫の破魔矢うけに来し
(354)     くぐり摘む葡萄の雨をふりかぶり
(355)     水疾し岩にはりつき啼く河鹿
(356)     洗ひ髪かはく間月の籐椅子に
(357)     雨降れば暮るる速さよ九月尽
(358)     鹿の子の生れて間なき背の斑かな
(359)     子等残し来て日暮れたる年賀かな
(360)     穂に出でて靡くも哀れ草の花
(361)     牡蠣舟に上げ潮暗く流れけり
(362)     投げ入れし松葉けぶりて暖炉燃ゆ
(363)     夕顔を蛾の飛びめぐる薄暮かな
(364)     燈台のまたたき滋し壷焼屋
(365)     うぐひすや螺鈿古りたる小衝立
(366)     くぐり見る松が根高し春の雪
(367)     青芒こゝに歩みを返しつゝ
(368)     椿流るゝ行衛を遠くおもひけり
(369)     冬川やのぼり初めたる夕芥
(370)     蝶追ふて春山深く迷ひけり
(371)     足もとに走せよる潮も夜光虫
(372)     露草や飯吹くまでの門歩き
(373)     草刈るや萩に沈める紺法被
(374)     蒼朮の煙賑はし梅雨の宿
(375)     新蕎麦を打つてもてなす髪鄙び
(376)     かがみ折る野菊つゆけし都府楼址
(377)     落ち杏踏みつぶすべくいらだてり
(378)     花大根に蝶漆黒の翅をあげて
(379)     一人強し夜の茅の輪をくぐるわれ
(380)     春の夜のねむさ押へて髪梳けり
(381)     茄子もぐや日を照りかへす櫛のみね
(382)     板の如き帯にさゝれぬ秋扇
(383)     無憂華の木蔭はいづこ仏生会
(384)     むかごもぐ稀の閑居を訪はれまじ
(385)     笑み解けて寒紅つきし前歯かな
(386)     月光にこだます鐘をつきにけり
(387)     冬晴の雲井はるかに田鶴まへり
(388)     疑ふな神の真榊風薫る
(389)     煙あげて塩屋は低し鯉幟
(390)     風に汲む筧も濁り花の雨
(391)     すぐろなる遠賀の萱路をただひとり
(392)     海ほほづき流れよる木にひしと生え
(393)     妬心ほのと知れどなつかし白芙蓉
(394)     遂にこぬ晩餐菊にはじめけり
(395)     わが歩む落葉の音のあるばかり
(396)     枯枝に残月冴ゆる炊ぎかな
(397)     栗の花紙縒の如し雨雫
(398)     生き鮎の鰭をこがせし強火かな
(399)     橇やがて吹雪の渦に吸はれけり
(400)     藪風に蝶ただよへる虚空かな
(401)     冬服や辞令を祀る良教師
(402)     一人静二人静も摘む気なし
(403)     優曇華の木陰はいづこ佛生會
(404)     相寄りて葛の雨きく傘ふれし
(405)     この夏やひさご作りに余念なく
(406)     道をしへ一筋道の迷ひなく
(407)     泳ぎ子に遠賀は潮を上げ来り
(408)     春惜しむ納蘇利の面ンは青丹さび
(409)     草いきれ鉄材錆びて積まれけり
(410)     燕来る軒の深さに住みなれし
(411)     な泣きそと拭へば胼や吾子の頬
(412)     田楽に夕餉すませば寝るばかり
(413)     好晴や壺に開いて濃龍胆
(414)     城山の桑の道照る墓参かな
(415)     草の戸に住むうれしさよわかなつみ
(416)     翠巒を降り消す夕立襲ひ来し
(417)     近づけば野鶴も移る刈田かな
(418)     学童の会釈優しく草紅葉
(419)     刈りかけて去る村童や蓼の雨
(420)     御手洗の杓の柄青し初詣
(421)     芹すすぐ一枚岩のありにけり
(422)     桜咲く宇佐の呉橋うち渡り
(423)     春蘭や雨をふくみてうすみどり
(424)     椀に浮くつまみ菜うれし病むわれに
(425)     うそ寒や黒髪へりて枕ぐせ
(426)     虚子ぎらひかな女嫌ひのひとへ帯
(427)     若芦にうたかた堰を逆ながれ
(428)     晴天に苞押しひらく木の芽かな
(429)     むれ落ちて楊貴妃櫻尚あせず
(430)     眉引を四十路となりし初鏡
(431)     爪ぐれに指そめ交はし恋稚く
(432)     日覆かげまぶしき潮の流れをり
(433)     壇浦見渡す日覆まかせけり
(434)     唐黍を焼く子の喧嘩きくもいや
(435)     羅の乙女は笑まし腋を剃る
(436)     つゆくさや飯ふくまでの門あるき
(437)     栴檀の花散る那霸に入學す
(438)     針もてばねむたきまぶた藤の雨
(439)     仰ぎ見る大注連飾出雲さび
(440)     乗りすゝむ舳にこそ騒げ月の潮
(441)     水汲女に門坂急な避暑館
(442)     すげのふに見えて位のある白牡丹
(443)     蝉涼し汝の殻をぬぎしより
(444)     佇ち尽す御幸のあとは草紅葉
(445)     粥すする匙の重さやちちろ虫
(446)     月おそき畦おくられぬ花大根
(447)     満開のさつき水面に照るごとし
(448)     かくらんに町医ひた待つ草家かな
(449)     なつめ盛る古き藍絵のよき小鉢
(450)     青ふくべ地をするばかり大いさよ
(451)     晩涼やうぶ毛生えたる長瓢
(452)     うらゝかや斎き祀れる瓊(たま)の帯
(453)     忌に寄りし身より皆知らず洗ひ鯉
(454)     若布干す美保関へと船つけり
(455)     閉ぢしまぶたを落つる涙や秋の暮
(456)     青麦ややたらに歩み気が沈む
(457)     歌舞伎座は雨に灯流し春ゆく夜
(458)     牡蛎舟に上げ潮暗く流れけり
(459)     活くるひま無き小繍毬や水瓶に
(460)     汐あびの戻りて夕餉賑かに
(461)     入学児に鼻紙折りて持たせけり
(462)     アイロンをあてて着なせり古コート
(463)     雛菓子に足投げ出せる人形たち
(464)     仰ぎ見る樹齢いくばくぞ桐の花
(465)     ゐのこ餅博多の仮寝馴れし頃
(466)     空似とは知れどなつかし頭巾人
(467)     健かな吾子と相見る登山駅
(468)     小鏡にうつし拭く墨宵の春
(469)     鶴舞ふや稲城があぐる霜けむり
(470)     函を出てより添ふ雛の御契り
(471)     千万の宝にたぐひ初トマト
(472)     嫁菜つみ夕づく馬車を待たせつゝ
(473)     芦の火の消えてはかなしざんざ降り
(474)     障子締めて炉辺なつかしむ黍の雨
(475)     幣たてゝ彦山踊月の出に
(476)     菱の花引けば水垂る長根かな
(477)     夕顏に水仕もすみてたたずめり
(478)     東風吹くや耳現はるゝうなゐ髪
(479)     秋朝や痛がりとかす縺れ髪
(480)     コレラ怖ぢ蚊帳吊りて喰ふ昼餉かな
(481)     春怨の麗妃が焚ける香煙はも
(482)     羅を裁つや乱るゝ窓の黍
(483)     春昼や坐ればねむき文机
(484)     船長の案内くまなし大南風
(485)     張りとほす女の意地や藍ゆかた
(486)     物言ふも逢ふもいやなり坂若葉
(487)     春の夜や粧ひ終へし蝋短か
(488)     木の実降る石に座れば雲去来
(489)     春蘭にくちづけ去りぬ人居ぬま
(490)     古雛や花のみ衣の青丹美し
(491)     靴買うて卒業の子の靴磨く
(492)     山茶花や病みつゝ思ふ金のこと
(493)     ぬるむ水に棹張りしなふ濁りかな
(494)     寝ねがての蕎麦湯かくなる庵主かな
(495)     摘み~て隠元いまは竹の先
(496)     野々宮を詣でじまひや花の雨
(497)     冷水をしたたか浴びせ躑躅活け
(498)     言葉少く別れし夫婦秋の宵
(499)     舞ひ下りてこのもかのもの鶴啼けり
(500)     病間や破船に凭れ日向ぼこ
(501)     いつとなく解けし纜春の潮
(502)     かきわくる砂のぬくみや防風摘む

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可