2019/01/21 杉田久女 俳句集成 (その1) - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (5)俳句 › 2019/01/21 杉田久女 俳句集成 (その1)
2019-01-21 (Mon)  23:55

2019/01/21 杉田久女 俳句集成 (その1)


杉田久女の句は、このブログで何度も掲載させていただいている。

簡単な感想も以下の記事に書いている。


「2011/05/29 日記 栴檀と久女」
https://blog.goo.ne.jp/nabanatei/e/f9b746e0bb8ec4f75982d611d1bbd1a9


「2014/08/30  日記  猫じゃらし」
https://blog.goo.ne.jp/nabanatei/e/3d7861fa7ff706cd5f9ded7fa867f0ca


「2018/06/29  日記  杏子」
https://blog.goo.ne.jp/nabanatei/e/96207d0689f38edec395b5b7fd878daa


味読する必要のある俳人なので、ネット上にある句を集めてみることにした。

久女が生涯で何句を詠んだのか知らないが、ここに掲載したのは502。
 少ない気がする、北九州市文学館や「花衣ぬぐやまつわる 杉田久女を語るページ」で全句を紹介していただけるとよいのだが。

番号は特段の意味はなく、順番も年代とか句集の序列はなく無秩序である。


(001)     月光に舞ひすむ鶴を軒高く
(002)     青梅の臀うつくしくそろひけり
(003)     恋猫を一歩も入れぬ夜の襖
(004)     傘にすけて擦りゆく雨の若葉かな
(005)     鳥渡る雲の笹べり金色に
(006)     実梅もぐ最も高き枝にのり
(007)     大輪のかわきおそさよ菊筵
(008)     旅たのし葉つき橘籠にみてり
(009)     上げ潮におさるゝ雑魚廬の角
(010)     炊き上げてうすき緑や嫁菜飯
(011)     砂糖黍かじりし頃の童女髪
(012)     筆とればわれも王なり塗火鉢
(013)     霧淡し禰宜が掃きよる崖紅葉
(014)     海松かけし蟹の戸ぼそも星祭
(015)     道のべの茶すこし摘みて袂かな
(016)     菊の香のくらき仏に灯を献ず
(017)     蕗の薹ふみてゆききや善き隣
(018)     水葱の花折る間舟寄せ太藺中
(019)     夜光虫古鏡の如く漂へる
(020)     水底に映れる影もぬるむなり
(021)     われにつきゐしサタン離れぬ曼珠沙華
(023)     平凡の長寿願はず蝮酒
(024)     鶴の影舞ひ下りる時大いなる
(025)     奉納のしやもじ新らし杉の花
(026)     春寒や刻み鋭き小菊の芽
(027)     白萩の雨をこぼして束ねけり
(028)     菊の句も詠まずこの頃健かに
(029)     棗盛る古き藍絵のよき小鉢
(030)     秋涼し朝刊をよむ蚊帳裾濃
(031)     忘れめや実葛の丘の榻二つ
(032)     虫干やつなぎ合はせし紐の数
(033)     手折らんとすれば萱吊ぬけて来し
(034)     指輪ぬいて蜂の毒吸ふ朱唇かな
(035)     秋雨に縫ふや遊ぶ子ひとりごと
(036)     走馬燈灯して売れりわれも買ふ
(037)     狐火や風雨の芒はしりゐる
(038)     病み痩せて帯の重さよ秋袷
(039)     薫風や釣舟絶えず並びかへ
(040)     芹摘むや淋しけれどもたゞ一人
(041)     一束の緋薔薇貧者の誠より
(042)     降り足らぬ砂地の雨や鳳仙花
(043)     こがね虫葉かげを歩む風雨かな
(044)     花朱欒こぼれ咲く戸にすむ楽し
(045)     秋風やあれし頬へぬる糸瓜水
(046)     忍び来て摘むは誰が子ぞ紅苺
(047)     初凪げる和布刈の磴に下りたてり
(048)     愛藏す東籬の詩あり菊枕
(049)     橡の実のつぶて颪や豊前坊
(050)     茸やく松葉くゆらせ山日和
(051)     鍬入れて豆蒔く土をほぐすなり
(052)     あたたかや水輪ひまなき庇うら
(053)     おのづから流るゝ水葱の月明り
(054)     わけ入りて孤りがたのし椎拾ふ
(055)     縁側に夏座布団をすすめけり
(056)     絶壁に擬宝珠咲きむれ岩襖
(057)     風邪の子や眉にのび来しひたひ髪
(058)     夕凪や釣舟去れば涼み舟
(059)     コスモスに風ある日かな咲き殖ゆる
(060)     旅楽し荷つき橘籠に満てり
(061)     風に落つ楊貴妃櫻房のまま
(062)     島の子と花芭蕉の蜜の甘き吸ふ
(063)     銀河濃し救ひ得たりし子の命
(064)     花見にも行かずもの憂き結び髪
(065)     姫著莪の花に墨する朝かな
(066)     花葛の谿より走る筧かな
(067)     秋空につぶてのごとき一羽かな
(068)     朝寒や小さくなりゆく蔓の花
(069)     荒れ初めし社前の灘や星祀る
(070)     父の忌や林檎二籠鯉十尾
(071)     甕たのし葡萄の美酒がわき澄める
(072)     潮あびの戻りて夕餉賑かに
(073)     舞ひ下りて田の面の田鶴は啼きかはし
(074)     雉子かなし生みし玉子を吾にとられ
(075)     浅間曇れば小諸は雨よ蕎麦の花
(076)     坊毎に懸けし高樋よ葛の花
(077)     歇むまじき藤の雨なり旅疲れ
(078)     夏炉辺に電灯ひきし法事かな
(079)     ぬかづいてねぎごと長し花の雨
(080)     蒼海の落日とゞく蚊帳かな
(081)     谺して山ほととぎすほしいまゝ
(082)     塀外へあふれ咲く枝や萩の宿
(083)     土濡れての庭に芽ぐむもの
(084)     膳について子等賑々し福寿草
(085)     温室ぬくし女王の如きアマリヽス
(086)     朝顔や濁り初めたる市の空
(087)     鎚とれば恩讐親し法の秋
(088)     寒独活に松葉掃き寄せ囲ふなり
(089)     冬籠る簷端を雨に訪はれけり
(090)     耶馬渓の岩に干しある晩稲かな
(091)     寮住のさみしき娘かな雛まつる
(092)     新涼や紫苑をしのぐ草の丈
(093)     寒風に葱ぬくわれに絃歌やめ
(094)     ゐもり釣る童の群にわれもゐて
(095)     六つなるは父の布団にねせてけり
(096)     菱実る遠賀の水路は縦横に
(097)     春愁の子の文長し憂へよむ
(098)     凌霄花朱に散り浮く草むらに
(099)     帰省子に糸瓜大きく垂れにけり
(100)     大いなる春の月あり山の肩
(101)     秋暑し熱砂にひたと葉つぱ草
(102)     露けさやうぶ毛生えたる繭瓢
(103)     灌沐の浄法身を拝しける
(104)     夏菊に病む子全く癒えにけり
(105)     摘み競ふ企玖の嫁菜は籠にみてり
(106)     蘆の火に天帝雨を降しけり
(107)     子のたちしあとの淋しさ土筆摘む
(108)     熟れきつて裂け落つ李紫に
(109)     銀屏の夕べ明りにひそとゐし
(110)     冬凪げる瀬戸よ比売宮ふしをがみ
(111)     月の輪をゆり去る船や夜半の夏
(112)     かくらんやまぶた凹みて寝入る母
(113)     実を持ちて鉢の万年青の威勢よく
(114)     晴天に広葉をあほつ芭蕉かな
(115)     邸内に祀る祖先や椋拾ふ
(116)     ホ句のわれ慈母たるわれや夏痩ぬ
(117)     縫ひ疲れ冬菜の色に慰む目
(118)     さゝげもつ菊みそなはせ観世音
(119)     萱の中に鼻摺る百合や青嵐
(120)     炭つぐや頬笑まれよむ子の手紙
(121)     岐阜提灯庭石ほのとぬれてあり
(122)     河鹿きく我衣手の露しめり
(123)     三山の高嶺づたひや紅葉狩
(124)     雛愛しわが黒髪をきりて植ゑ
(125)     早苗束投げしところに起直り
(126)     新茶汲むや終りの雫汲みわけて
(127)     葉洩日に碧玉透けし葡萄かな
(128)     なが雨や泰山木の花堕ちず
(129)     箒目に莟をこぼす柚の樹かな
(130)     バナナ下げて子等に帰りし日暮かな
(131)     童話よみ尽して金魚子に吊りぬ
(132)     向う山舞ひ翔つ鶴の声すめり
(133)     厳寒や夜の間に萎えし草の花
(134)     天碧し盧橘は軒をうづめ咲く
(135)     虚子留守の鎌倉に来て春惜む
(136)     青づたや露臺支へて丸柱
(137)     寄り添ひて野鶴はくろし草紅葉
(138)     嵐山の枯木もすでに花曇り
(139)     男の子うまぬわれなり粽結ふ
(140)     海ほゝづき口にふくめば潮の香
(141)     露けさやこぼれそめたるむかご垣
(142)     鶴舞ふや日は金色の雲を得て
(143)     今掃きし土に苞ぬぐ木の芽かな
(144)     くくりゆるくて瓢正しき形かな
(145)     ちなみぬふ陶淵明の菊枕
(146)     茎高くほうけし石蕗にたもとほり
(147)     縫初の糸の縺れをほどきけり
(148)     深耶馬の空は瑠璃なり紅葉狩
(149)     咲き初めし簾越しの花は瓢垣
(150)     戯曲よむ冬夜の食器浸けしまゝ
(151)     寄鍋やたそがれ頃の雪もよひ
(152)     常夏の碧き潮あびわが育つ
(153)     たらちねに送る頭巾を縫ひにけり
(154)     松とれし町の雨来て初句会
(155)     大嶺に歩み迫りぬ紅葉狩
(156)     節分の宵の小門をくゞりけり
(157)     磯菜つむ行手いそがんいざ子ども
(158)     風さそふ遠賀の萱むら焔鳴りつゝ
(159)     しろしろと花びら反りぬ月の菊
(160)     髷重きうなじ伏せ縫ふ春著かな
(161)     菓子ねだる子に戯画かくや春の雨
(162)     木木の芽の苞吹きとべる嵐かな
(163)     屋根石に四山濃くすむ蜻蛉かな
(164)     うち曇る空のいづこに星の恋
(165)     防人の妻戀ふ歌や磯菜摘む
(166)     捕虫器に伏せし薊の蝶白し
(167)     白豚や秋日に透いて耳血色
(168)     おいらん草こぼれ溜りし残暑かな
(169)     芥子蒔くや風に乾きし洗髪
(170)     颱風に傾くままや瓢垣
(171)     鳥雲にわれは明日たつ筑紫かな
(172)     四葩切るや前髪わるゝ洗髪
(173)     白菊に棟かげ光る月夜かな
(174)     逢ふもよし逢はぬもをかし若葉雨
(175)     頒布振れば隔たる船や秋曇
(176)     かざす手の珠美くしや塗火鉢
(177)     花散りて甕太りゆく石榴かな
(178)     首に捲く銀狐は愛し手を垂るる
(179)     ほのゆるゝ閨のとばりは隙間風
(180)     山茶花の紅つきまぜよ亥の子餅
(181)     煖房に汗ばむ夜汽車神詣
(182)     朱欒咲く五月となれば日の光り
(183)     行水や肌に粟立つ黍の風
(184)     群鶴の影舞ひ移る山田かな
(185)     藤挿頭(かざ)す宇佐の女禰宜は今在さず
(186)     古びなや華やかならずたけれ
(187)     風かほり朱欒咲く戸を訪ふは誰ぞ
(188)     書初やうるしの如き大硯
(189)     新涼や日当りながら竹の雨
(190)     蕗むくやまた襲ひきし歯のいたみ
(191)     ぬかづけばわれも善女や佛生會
(192)     仮名かきうみし子にそらまめをむかせけり
(193)     よそに鳴る夜長の時計数へけり
(194)     海ほほづき鳴らせば遠し乙女の日
(195)     旅に出て病むこともなし栗の花
(196)     羅に衣通る月の肌かな
(197)     雨つよし辨慶草も土に伏し
(198)     鬼灯やきゝ分けさときひよわの子
(199)     仇まもる筑紫の破魔矢受けに来し
(200)     ひろげ干す傘にも落花乾きゐし
(201)     丹の欄にさへづる鳥も惜春譜
(202)     はりつける岩萵苣採の命綱
(203)     まどろむやさゝやく如き萩紫苑
(204)     あたたかや皮ぬぎ捨てし猫柳
(205)     焚きやめて蒼朮薫る家の中
(206)     北風の藪鳴りたわむ月夜かな
(207)     嫁菜摘むうしろの汽笛かへり見ず
(208)     道をしへ法のみ山をあやまたず
(209)     葺きまつる芽杉かんばし花御堂
(210)     春雷や俄に変る夜の色
(211)     月高し遠の稲城はうす霧らひ
(212)     鶴料理るまな箸浄くもちひけり
(213)     病人に干草のいきれ迫りけり
(214)     英彦より採り来し小百合莟むなり
(215)     正月や胼の手洗ふねもごろに
(216)     大木の芽の苞吹きとべる嵐かな
(217)     やうやうに掘れし芽独活の薫るなり
(218)     下りたちて天の河原に櫛梳り
(219)     八月の雨に蕎麦咲く高地かな
(220)     水葵(なぎ)の花折る間舟寄せ太藺中
(221)     茄子買ふや框濡らして数へつゝ
(222)     杉くらし仏法僧を目のあたり
(223)     青麦に降れよと思ふ地のかわき
(224)     夏の帯翡翆にとめし鏡去る
(225)     蔓ひけばこぼるゝ珠や冬苺
(226)     無憂華の木蔭はいづこ佛生會
(227)     羊蹄に石摺り上る湖舟かな
(228)     若蘆にうたかた堰を逆ながれ
(229)     白妙の菊の枕をぬひ上げし
(230)     田楽の木の芽をもつと摺りまぜよ
(231)     龍胆も鯨も掴むわが双手
(232)     葉がくれの星に風湧く槐かな
(233)     冬の朝道々こぼす手桶の水
(234)     筆とりて門辺の草も摘む気なし
(235)     身にまとふ黒きシヨールも古りにけり
(236)     紫の雲の上なる手毬唄
(237)     月涼しいそしみ綴る蜘蛛の糸
(238)     椅子涼し衣通る月にみじろがず
(239)     千々にちる蓮華の風に佇めり
(240)     春著きるや裾踏み押へ腰細く
(241)     身の上の相似て親し桜貝
(242)     南国の五月はたのし花朱欒
(243)     春雨の畠に灯流す二階かな
(244)     わが傘の影の中こき野菊かな
(245)     菊干すや東籬の菊も摘みそへて
(246)     初秋の土ふむ靴のうす埃
(247)     菱摘むとかゞめば沼は沸く匂ひ
(248)     おくれゆく湖畔はたのし常山木折る
(249)     足袋つぐやノラともならず教師妻
(250)     草庵や子の絵ひとつに春の宵

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可