2009/03/17 日記 3月は別れの月 勿忘草の月 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2009/03/17 日記 3月は別れの月 勿忘草の月
2009-03-17 (Tue)  22:09

2009/03/17 日記 3月は別れの月 勿忘草の月


2009/3/17(火) 旧暦:2月21日彼岸 日出:5時49分 日没:17時50分 月出:---- 月没:8時57分 月齢:20.06辛酉(しんゆう,かのととり) 六曜:仏滅 九星:四緑木星 選日:一粒万倍日



今日の花: 勿忘草(わすれなぐさ)


 



(街角花物語blog より転載)



 



(野の花:Stepping Out より転載)


『ワスレナグサ(勿忘草、忘れな草)は、広義には、ムラサキ科ワスレナグサ属の種の総称。狭義には、ワスレナグサ属の一種、シンワスレナグサ(学名:Myosotis scorpioides)の和名。ただし、園芸業界でワスレナグサとして流通しているのは、ノハラワスレナグサ(学名:Myosotis alpestris)、エゾムラサキ(学名:Myosotis sylvatica)、あるいはそれらの種間交配種である。一般には、広義の意味で称される。季語は春である。
...
花期は3月~5月(冷涼地では4月~7月)。春から夏にかけて薄青(紫)色・鮮青(紫)色(園芸種はさらに白色・ピンク色など)をした 6~9ミリ径の小さい5弁の花を咲かせ、花冠の喉に黄色・白色の目(小斑点)をもつ。花は多数でさそり型花序をなし、開花とともにサソリの尾のような巻きは解けて真っ直ぐになる。
...
この属の種は全般に、ヨーロッパにおいて、肺などの呼吸器疾患(喘息や慢性気管支炎など)に効果があるとされ、民間療法で薬(シロップ薬)として用いられることがある。


欧米諸国では、古来より友愛や誠実の象徴として広く親しまれ、アメリカ合衆国ではアラスカ州の州花にもなっている。(Forget-me-not としてで、種小名は特定されていない。)
...
 名前の由来(伝説)
中世ドイツの悲恋伝説に登場する主人公の言葉に因む。


昔、騎士ルドルフは、ドナウ川の岸辺に咲くこの花を、恋人ベルタのために摘もうと岸を降りたが、誤って川の流れに飲まれてしまう。ルドルフは最後の力を尽くして花を岸に投げ、「Vergiss-mein-nicht!((僕を)忘れないで)」という言葉を残して死んだ。残されたベルタはルドルフの墓にその花を供え、彼の最期の言葉を花の名にした。
このような伝説から、この花の名前は当地ドイツで「フェアギスマインニッヒト(Vergiss-mein-nicht)」と呼ばれ、英名もその直訳の「フォーゲットミーノット(Forget-me-not)」である。日本では、1905年(明治38年)に植物学者の川上滝弥によって初めて「勿忘草」「忘れな草」と訳された。それ以外の国々でも、同様の意味の名前が付けられている。


花言葉の「真実の愛」「私を忘れないで下さい」も、この伝説に由来する。


 ワスレナグサにまつわる文学作品
先述した悲恋伝説を詠んだ、ドイツ擬古典主義の詩人・プラーテン(August Graf von Platen-Hallermnde, 1796 - 1835年)の詩
ドイツの詩人ウィルヘルム・アレント(Wilhelm Arent, 1864年 - 没年不明)の詩、「わすれなぐさ(Vergiss-mein-nicht)」
上田敏(1874年-1916年)が翻訳したものが名訳として知られている。(上田敏訳詩集『海潮音』に所収)
北原白秋(1885年 - 1942年)の詠んだ短歌(『桐の花(1913年)』に所収)
フランスの作家マルセル・プルースト(1871 - 1922年)の小説『失われた時を求めて』
ワスレナグサは、メインテーマではないが、重要なメッセージを持つ小道具として計11回登場する。


 ワスレナグサの含まれる歌詞または題名の歌
忘れな草をもう一度 (中島みゆき;1982年)
コバルトブルー (THE BACK HORN)
Forget-me-not (尾崎豊)
勿忘草 (w-inds.)
ワスレナグサ(タテタカコ)』(Wikipedia)


 


勿忘草の俳句:


 ・勿忘草わかものの墓標ばかりなり 石田波郷



 ・花よりも勿忘草といふ名摘む 粟津松彩子



 ・がれきの束わすれな草が咲きました 松本恭子



 ・小さう咲いて勿忘草や妹が許 村上鬼城



 ・勿忘草わすれることが幸せに 加藤元子



3月は別れの月、旅立ちの月。
 別れても、異国であろうと生きていれば逢うことも出来よう。
ルドルフのように死んでしまったら、此の世で逢うことは出来ない。
 大切な人には、名残を惜しんでおこう。


旅立つ人、残る人、それぞれにそれぞれの春が来る。



 

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可