2009/03/25 日記 WBCの興奮と離婚報道 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2009/03/25 日記 WBCの興奮と離婚報道
2009-03-25 (Wed)  23:40

2009/03/25 日記 WBCの興奮と離婚報道


2009/3/25(水) 旧暦:2月29日 電気記念日 日出:5時38分 日没:17時56分 月出:4時34分 月没:16時34分 月齢:28.06己巳(きし,つちのとみ) 六曜:赤口 九星:三碧木星 選日:己巳



今日の花: 三色菫(さんしきすみれ)、パンジー
      遊蝶花、胡蝶花、ヴィオラ



 



(好キナママデ長ク より転載)


『パンジー(学名:Viola X wittrockiana、シノニム:Viola tricolor hortensis)はスミレ科スミレ属の園芸植物の1種。


 概要
スミレもしくはサンシキスミレ(V. tricolor)から分化したものと考えられ、サンシキスミレの亜種Viola tricolor hortensisとされることがある。しかし、園芸上用いられる変種は交雑と交配が進んだものであり、学名をViola X wittrockianaとしてあらわしている。「パンジー」という名前は、このパンジーの他にもこれに似ている野生のスミレ属の花を指すときにも使われている。また、ハエドクソウ科ミゾホオズキ属のパンジーモンキーフラワーのように、全く関係のない植物も花の形や花弁の模様が似ているためパンジーと呼ばれることもある。小型のパンジーをビオラということもあるが。学名の「ビオラ」(ヴィオラ)はスミレ属のことである。


 パンジーの誕生
1800年代に北欧で、アマチュアの園芸家が大きく鮮やかな群性のスミレを作るために、野生のサンシキスミレと野生スミレビオラ・ルテア(V. lutea)、さらに近東のスミレビオラ・アルタイカ(V. altaica)を交配して生まれた。1820年代から1830年代に膨大な交配が行われた結果、有名な品種は非常に大衆的なものとなっていた。1835年までには400品種が存在しており、1841年までには、パンジーは鑑賞植物として親しまれるようになった。イギリスではフローリスト(園芸愛好家)たちによって育種され、1813年にトムスンが改良を始めたとされる。そして「ショウ・パンジー」が生まれフローリスツ・フラワーに仲間入りした。しかし19世紀半ばには、ヨーロッパ大陸生まれのファンシー・パンジーに地位を取って代わられた。これは最初ベルギー・パンジーと呼ばれていたが、後にスコットランドで改良が行われた。


ビクトリア時代に低コストな鉄が入手可能になったことから、温室が爆発的に普及し、その結果現在園芸家たちに知られている鮮やかな花が生まれた。



 アンダープランツとしてのパンジー
パンジーを低木や潅木の下に植えると、生物マルチのような、雑草を抑制する効果が得られる。


 利用法
寒冷地では春に、暖かい地方では冬から開花が始まる。パンジーはしばしばアリッサム(Lobularia maritima)と混植される。これはこの組み合わせが色彩的に魅力的である共に、同時に開花するためである。 パンジーはエディブル・フラワーとして食用にしたり、媒染剤で処理した織物を染めるために使われていたこともある。


 交雑とライフサイクル
パンジーは交配が進み、黄金色、オレンジ色、紫色、スミレ色、黒(濃青による)など多彩な色彩をもっている。パンジーは非常に丈夫な植物で、日当たりがいいところで、よく生長する。パンジーは秋蒔きの一年草であり、通常、ライフサイクルの完結には足掛け2年を要する。1年目に青葉を茂らせて冬を越し、2年目に花実をつけた後に枯死する。寒冷地では多年草だが、日本の多くの地域では夏の気候が暑すぎるため枯れてしまう。ほとんどの園芸家は、ホームセンターなどで苗の状態で購入し、庭に移植する。こぼれ種でも自然に増える。』(Wikipedia)



三色菫の俳句:



 ・パンジーの畑蝶を呼び人を呼ぶ 松本たかし



 ・パンジイや恋の曲譜の仮栞 鈍太郎



 ・三色菫勤勉をたヾ誇りとし 藤田湘子



 ・パンジーは考える花稿起こす 下村ひろし



 ・パンジーのほとりの帽子掛暮るる 飯田晴


 


WBC優勝の興奮冷めやらず。
優勝記念セールも始まっている。
気持ちが良いことは確かだ。


松阪、イチローに目がいくが、岩隈、青木、内川がいなかったら優勝はなかった。内川のレフト前ヒットを好捕して、二塁でアウトにした超美技がなければ、ダルは立ち直れなかったかも知れない。


選手達の打ち上げビール掛けのシーンが流されていたが面白かったのは、胴上げ。
 監督、イチロー...普通の胴上げの後、田中が呼び出されて、中に進み、胴上げされるかと思ったら、地面に置かれて先輩達から寄って集って足蹴にされていた。この若さでこんな幸せな場にいて、出来すぎだの手荒い祝福だが、嫌味はなかった。


ニュースはもう一方の、美貌タレントとお笑い芸人との離婚騒動に時間を費やしているが、馬鹿げている。
 最初っから解っていたことだ。
諺に曰く「美人は飽きる。ブスは慣れる。」
人を繋ぐものは心だけ。



 

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可