2019/01/25  日記  寒鯉 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2019/01/25  日記  寒鯉
2019-01-25 (Fri)  19:43

2019/01/25  日記  寒鯉

2019/01/25 (金) 旧暦: 1220 祝日・節気:  日出: 646 日没: 1700 月出: 2144 月没: 937 月齢: 19.06 干支: 壬戌 六曜: 先勝 九星: 五黄土星


今日のあれこれ: 寒鯉


『〈季寄〉寒鯉2 (卯辰山菖蒲園) Haiku Season Words


https://youtu.be/okvPJI0SqrY



『寒鯉: 凍鯉、寒鯉釣

晩冬

寒中にとれた鯉。主としてその釣味、食味上の名目。鯉は寒くなると動作も鈍くなり、餌もとらずにじっとしているので釣りにくい。また、その味は寒中が美味の為に特に珍重される。』
(季語と歳時記)



寒鯉の俳句:


・城跡の濠の寒鯉うごかざる  吉田啓悟


・雪降つてをり寒鯉の眼に力 井上康明


・現れし寒鯉の緋の斑かな  犬塚芳子


・寒鯉を見て雲水の去りゆけり 澄雄


・寒鯉を割けばあけぼの色の肉 岸原清行


流石に寒中、寒い日が続く。
今日から明日が寒さの底だ。

池の鯉は深く掘られた越冬の穴の中にいる、動かずに置物のように。
その様子が俳句ではよく詠まれている。

冷たい水の中で動かずにいる姿が、寒中の修行者のように見えることから、そのように詠む人もいる。


しかし、世の中の寒鯉は俳句の世界だけではなく、釣りの世界の方が広いようだ。
youtubeには1mもあろうかという大きな寒鯉を釣り上げる動画が多く登録されている。

寒鯉にしてみればそっとしておいて欲しいのだろうに...



関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可