2009/10/18 長珍の会 in やきとり吉兆-その1 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page ›    日本酒の会 › 2009/10/18 長珍の会 in やきとり吉兆-その1
2009-10-18 (Sun)  23:52

2009/10/18 長珍の会 in やきとり吉兆-その1


3連投の最終日は「長珍の会 in やきとり吉兆」


日時: 2009年10月18日(日曜日)
時間: 12:30~15:00
場所: やきとり吉兆
主催: 富屋酒店
会費: 5000円


実はこの日は、別の予定があったのだが、間際になり長珍の会があり、桑山杜氏も出席との情報が入ったので、こちらに乗り換える事にして、予約電話をすると間に合った。
 長珍の酒を纏めて飲むの機会は結構少ないし、まして桑山杜氏に同席する会はもっと少ないので、やむを得ない乗り換えだった。


昨日の雨が嘘のような秋日和。
温かな陽があり爽やかな秋風の吹く好日に、昼から銘酒を飲む。
これも贅沢な事だ。


会場の吉兆へ行く前にJR高島屋の東急ハンズに寄って捜し物。
エスカレータの横に「天皇皇后両陛下 ご即位二十年ご成婚五十年記念写真展~国民とともに歩んで~」のポスターが貼られているのが目に入った。しかし、見ている時間はない。


気持ちの良い日に感謝しながら、やきとり吉兆まで歩く。暑くもなく寒くもなく、歩くのが快い。


入り口の段を上がりガラス戸を右に引き入ると人影はまだ多くない。会費を払い受付を済ませ、靴を脱いでいると日本酒の会のH氏が到着。座敷に上がると先客が1名、N氏であった。氏も今日で3連投、ご苦労様である。


座敷左側に今日の出品酒が並べられている。
 



今日いただける長珍達。
右から
(1)長珍 純米吟醸 山山5055 うすにごり生
(2)長珍 禄 純米大吟醸
(3)長珍 純米吟醸 
(4)長珍 特別純米
(5)長珍 純米大吟醸 40% 生 無濾過 H20BY
(6)長珍 純米吟醸 50% 生 無濾過 H20BY
(7)長珍 純米 60 生 無濾過 H20BY
(8)長珍 阿波山田65 純米 生 無濾過 H20BY
(9)長珍 純米吟醸 生詰 ひやおろし原酒 H20BY


先ずは冷やで利いて、後は料理と共に燗で楽しむ事になっているようで、瓶の隣には湯煎用の卓上湯船が置いてある。燗は湯煎が一番である。


 



(右は富屋酒店 左は桑山杜氏)


今日の会は名古屋の富屋酒店の企画。
貴重な機会を設けて貰え、消費者としては有り難い。
長珍を扱える酒販店は限られているが、富屋酒店は昔からの取引のようだ。


桑山杜氏の挨拶の後、乾杯で長珍の会の始まりである。


用意されている酒杯は、ワイングラス1個、ガラス製の利き猪口2個、焼き物の杯1個。この4個を使い分けて飲むことになる。利き比べが出来るので有り難い。


 




乾杯酒は、「純米吟醸 山山5055 うすにごり生」
軽いおりがらみである。
この春に搾った酒で5℃で囲っているもの。5℃で1年位熟成させるのが最も良いコンディションとのことだった。


 




口取りは、チーズ2種(カマンベールとブルーチーズ)、クラッカー。ブルーチーズはクラッカーの下に隠れている。


長珍の酒はチーズに良く合うとの説明があった。



【出品酒9種の印象】


(1)長珍 純米吟醸 山山5055 うすにごり生


 



 



今年の春搾り5℃で囲ったもの。
立ち香は乳酸の香りに甘い蜂蜜のような香りが隠れている。入り口は甘めだが発泡感のある酸が続く、中盤から終盤にかけて辛くなる。後口は辛味系。


カマンベール: 穏やかなカマンベールとうすにごりは良く合う。
ブルーチーズ: うすにごりがブルーチーズの個性のある香りを一層高くする。ブルーチーズ好きには良い組み合わせ。


(2)長珍 禄 純米大吟醸
甘目の入り口。穏やかな丸い酸。舌触り滑らかで、味のバランス良い。後口は軽い辛味系。


搾った後瓶貯蔵。冷やでも燗でも良い酒。大吟醸でも酸を高めに造っている。大吟醸は品格を表している。との説明があった。


(3)長珍 純米吟醸
入り口から丸い舌触り。まったりとしたふくらみがある。味はバランスが取れて偏りがない。後口は辛味系。


山田錦 50%。瓶囲い、3℃保存。1回火入れ。との説明があった。



(4)長珍 特別純米
仄かに木の実の香。スッキリとした入り口。舌触り丸い。酸は軽め。後口は癖が無く良い。


タンク囲い、2回火入れ、昔から一貫して変わらない造りをしている。燗酒をイメージしている。との説明があった。



(5)長珍 純米大吟醸 40% 生 無濾過 H20BY


 



仄かに甘い香りを感じる。透明感があり軽く感じる酸。微発泡感あり。甘味もあるが底に辛味も潜んでいる。後口はスッキリとしている。後半にかけて軽くなりきれがよい。
ぬる燗: 甘味が増し、酸のふくらみが大きくなる。後口は辛味系。冷やと変わらないが活発になる。


搾ったまま、生で瓶貯蔵。禄の元酒。との説明があった。


カマンベール: カマンベールと40%の味が分かれて分離気味になる。
ブルーチーズ: ブルーチーズの香りが引き立つ。



(6)長珍 純米吟醸 50% 生 無濾過 H20BY


 



軽めの入り口。酸のふくらみは少なめで大きくは膨らまない。微発泡感あり。後口は癖がない。


ブルーラベル純米吟醸の元酒。11℃の発酵温度管理で30日。との説明があった。


カマンベールとの相性が良かった。



(7)長珍 純米 60 生 無濾過 H20BY


 



立ち香はあまり感じない。甘目の入り口だが、酸の厚みがあり、後半にかけて切れていく。頭が重く尾が軽い感じ。


特別純米の原酒。16℃で発酵管理。


カマンベール: 良く合う。
ブルーチーズ: ブルーチーズの香りはあまり立てず、味は癒合して良く合う。ブルーチーズがお薦め。



(8)長珍 阿波山田65 純米 生 無濾過 H20BY


 




立ち香はあまり感じない。酸味系の味。発泡感がある。渋苦が底にある。
燗:甘味が出て酸味も厚くなる。発泡感も残る。後口は辛味系。


ブルーチーズ: ブルーチーズの香りが立ち、味は良くマッチする。ブルーチーズがお薦め。



(9)長珍 純米吟醸 生詰 ひやおろし原酒 H20BY


 



甘目の入り口。酸はあるが滑らかな酸で尖りは無い。舌触り滑らか。味の厚みがある。後口はやや辛味系。
燗:舌触り柔らかくなるが、辛味が増す。


ブルーチーズ: ブルーチーズの香りは立たない。味はブルーチーズと融合して旨味が増す。良い相性。



 

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可