2009/12/18 日本酒の会sake nagoya 12月定例会-その2 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page ›    日本酒の会sake nagoya › 2009/12/18 日本酒の会sake nagoya 12月定例会-その2
2009-12-18 (Fri)  23:54

2009/12/18 日本酒の会sake nagoya 12月定例会-その2

【今日の料理】


 
定番の枝豆。


 


今日の鍋は、寒鰤のしゃぶしゃぶだった。
 
贅沢である。
一人当たり5枚あるので、刺身としゃぶしゃぶで食べたが、それぞれの美味しさがあり、どちらも美味しかった。
 
野菜の皿の写真は撮り忘れた。


出汁で作った卵雑炊の写真も撮り忘れてしまった。



酒も贅沢だったが、料理も贅沢だった。
贅沢な宴も名残惜しいが終わってしまった。
また来年のお楽しみである。



二次会だが、年の瀬の第3金曜日、席の取れる店は少ない。
心当たりに何カ所か電話して「魚と酒 やさか」に行くことになった。


参加者たちは、快く酔った足で栄まで歩く。


「魚と酒 やさか」は、筆者は初めてだったが、日本酒も肴も良かった。


日本酒は、愛知の地酒: 蓬莱泉 空、.醸し人九平次、長珍、奥、.義侠 えにし
全国の地酒: 豊盃、.大七、.磯自慢、日高見、奈良萬、神亀ひこ孫、貴、竹鶴、八海山、.始禄など


肴で面白かったものは鯨の盛り合わせ。
 


鯨の胃、舌(さえずり)、畝須(うねす)、腸。
 


 


見たところハム・ベーコンのようだがアッさりとしているが噛んでいるとじんわりと旨みが口中に広がる。酒肴として程の良い旨さである。


熊本の酒肴だそうだが「とうべい」も美味しかった。
豆腐の味噌漬けだそうだが、辛くは無く甘いがみりんまたは酒粕で豆腐と白味噌を練ってある感じ。見たところは豆腐ようだ。


二次会も延々と続くが帰りの交通機関の問題もあり途中で中座した。


外に出ると寒いが星空である。
幸いなことに雪は降っていない。
これなら無事に家に着くことが出来るだろう。



 

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可