2010/02/24 日記 春の陽気 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2010/02/24 日記 春の陽気
2010-02-24 (Wed)  23:53

2010/02/24 日記 春の陽気

2010/2/24 (水) 旧暦: 1月11日    日出: 6時17分  日没: 17時31分  月出: 12時19分  月没: 2時29分  月齢: 10.01  乙巳 (いつし,きのとみ)  六曜: 大安  九星: 六白金星  選日: 不成就日


今日の季語: 梅、白梅、紅梅


 



(花好きオジさん山日記 より転載)


『梅
・薔薇(ばら)科。                           
・学名  Prunus mume(梅)                    
        Prunus mume var. bungo(豊後梅)     
          Prunus : サクラ属                  
          mume   : ウメ                      
                (江戸時代の梅の呼び名=ムメ)
          bungo  : ブンゴウメ(日本名)      
  Prunus(プラナス)は、                     
  ラテン古名の「plum(すもも)」が語源。     
学名 P へ
 
 
・開花時期は、  1/25頃~  4/  5頃。   
  1月下旬から咲き出すもの、3月中旬から     
  咲き出すものなど、さまざまあり、また、     
  桜とちがって、咲き方も散り方もゆっくり。   
・木の花がほとんど咲いていない冬に、         
  「ついに梅が咲き出したか♪」という、       
  うれしさのインパクトは大きい。             
・漢名でもある「梅」の字音「め」が変化して   
  「うめ」になった。                         
 
 
・いろいろな園芸種がある。                   
・とてもよい香りの5弁花。                   
  「馥郁(ふくいく)たる梅の香り」の"馥郁" 
  とは、「とてもよい香り」の意味。           
  (そういえばこの言葉って、梅の香りにしか   
    使われないような気がする・・・)         
 
 
・中国原産。奈良時代の遣隋使(けんずいし)か 
  遣唐使(けんとうし)が中国から             
  持ち帰ったらしい。                         
  「万葉集」の頃は白梅が、平安時代になると   
  紅梅がもてはやされた。                     
  万葉集では梅について百首以上が詠まれており、
  植物の中では萩に次いで多い。               
 
 
・幹がゴツゴツしているのが梅の特徴。         
  花を見ただけでは桜などと区別がつきにくい。 
・実が梅干しとなる(白梅の場合)。           
  梅雨の頃に収穫する(梅干し、おいしいです)。
  江戸時代には、各藩が非常食として梅干を作る 
  ことを奨励したため、梅林が全国で見られるよう
  になった。                                 
  ちなみに「梅雨(つゆ)」の名の由来は、     
  梅の実がなる頃に雨が多いかららしい。       
・梅の字は「母」の字を含むが、中国ではつわりの
  ときに梅の実を食べる習慣があるとのこと。   
 
 
★「鶯宿梅(おうしゅくばい)」の故事         
  ある時、宮殿の前の梅が枯れてしまった。     
  そのときの天皇、村上天皇はこれを残念に思い、
  かわりの木を探させていたが、               
  ある屋敷で良い梅の木を見つけて             
  それを勅命で宮殿に献上させた。             
  そしてその木を植えてみたところ、           
  屋敷の女主人の書いた歌が紙で結びつけてあり、
  「勅なれば  いともかしこし  鶯(うぐいす)の
    宿はと問(と)はば  いかがこたえむ」     
  とあった。                                 
  歌の心を知る天皇は、                       
  すぐにこの梅の木を元の屋敷に返したという。 
                  (ほのぼのとしたお話です) 
 
 
・「松 竹 梅(しょうちくばい)」             
・中国で呼ばれる「四君子(竹、梅、菊、蘭)」 
  の一つ。水墨画の画材にもよく使われる。     
・「梅に鶯(うぐいす)」                     
    梅に鶯を配した豪華な図柄                 
     → とりあわせの良いもののたとえ         
        他に「獅子に牡丹」「紅葉に鹿」
 
   ・「桃 栗 3年、柿8年、梅は酸い酸い13年、    
     柚子は大馬鹿18年、林檎ニコニコ25年」。
    実を結ぶ時期のこと。                         
    何事も、時期が来なくてはできないというたとえ。
 
・別名  「好文木」(こうぶんぼく)、         
        「木の花」(このはな)、             
        「春告草」(はるつげぐさ)、         
        「風待草」(かぜまちぐさ)。』(季節の花300)



紅梅の俳句:


・紅梅は紅梅として灯るころ 阿部みどり女


・紅梅の紅の通へる幹ならん 高浜虚子


・厄介や紅梅の咲き満ちたるは 永田耕衣


・紅梅の空は蘇芳や実朝忌 久米三汀


・紅梅のあと白梅の散る軽さ 原裕



昨日今日と春の陽気。
気温20度、4月中旬の気候だそうだ。
暖かい陽は本当に気持ちが良い。



 

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可