2010/02/27 はま寿司 豊田朝日店 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (12)飲むこと・食べること › 2010/02/27 はま寿司 豊田朝日店
2010-02-27 (Sat)  21:09

2010/02/27 はま寿司 豊田朝日店


昼食を豊田で摂るときは、桜えびの蕎麦かルイジアナママのパスタ。今日はパスタにしようと出かけたが、車を走らせていると新しく寿司屋が出来ていた。


新規開店のオープンの幟が立てられ、広い駐車場には誘導員の姿もある。
 回転寿司で、一皿105円と書いてある。
探究心に駆られて、パスタから寿司に乗り換える。
回転寿司の「はま寿司」、見たことも聞いたことも無い。


名古屋周辺は、かっぱ、スシロー、くら寿司ばかりである。
食べて美味しくなければ、すぐまたパスタに戻れば良い。


 



 
メニューは全皿105円で判りやすい。


 
此処の注文システムは、独自だ。
注文システムは、かっぱは新幹線が別レーンで注文主の前まで運んでくる、他は客席番号とか客席の色とかをさらに表示して回転させる店が多い。
 注文の品と書かれた皿が回ってくるが注文者の番号も色の表示も無い。どうして区別するのかと思っていると、液晶画面の注文一覧に「お届け中」の表示が出た後、皿が客席に近づくとブザーが鳴り、液晶画面に到着表示がされる。
 見ると皿の裏にICチップが埋め込まれており、ICチップのデータと客席の液晶装置と同調させて管理している様だ。


場内のアナウンスで皿を間違えて取らないように放送しているのは、間違えて取る人がいるからだ。


 


かっぱ、スシロー、くら寿司は似た様なメニューが多くなってきている。
 はま寿司は独自のメニューもあるので、それを試みることにする。


 
生桜えび。
捕れたての新鮮さはないが、桜えびの味わいはある。


 
生しらす。
生しらすのサッパリ感がある。


 
蝦蛄。
中型の大きさで小さくはない。食べると蝦蛄の旨みの身汁を感じる。
 105円で2貫出すのは難しいと思うので、これはお薦め。


 
マグロの腹身。
サッパリとして歯ごたえのある触感、最後にマグロの旨みがある。


 
北京ダック。
回転寿司に北京ダック?
ここはニューヨーク、北京?
北京ダックを寿司ネタにする感覚は理解できないが、探究心から試みる。
 北京ダック自身は美味しい。特に肉のところは美味しい。
だが、寿司飯と一緒にするのはどうか? が正直なところ。


 
カルフォルニアロール。
此処はアメリカ。
カニ(風味?)アボガド、胡瓜、マヨネーズを海苔で裏巻きにしてトビッコがまぶしてある。
最後のトビッコの食感がよい。


 
トルティーヤロール。
鶏肉、胡瓜、トマト、玉ねぎを和えてタコスの皮のようなもので巻いてある。
不思議な寿司だが不味くはない。


他の回転寿司にもあるネタも食べてみた。


 
生帆立貝柱。
貝柱の甘味があり鮮度は良い。


 
左:トロびんちょう 右:活きしめハマチ
脂が乗っており美味しい。


 
赤貝。
赤貝も105円で2貫は難しいはずだ。


全体の印象として素材の味がするので、ネタの鮮度は良い印象がした。
 聞いたことの無い回転寿司だが、くらよりは良く、かっぱ、スシローに対抗できるレベルと感じた。


帰って調べてみたところ、はま寿司はZENSHOグループの回転寿司チェーン店だった。
 ZENSHOグループにはファーストフードで有名な「すき家」、「なか卯」が属している。


商圏は東北から静岡ぐらいが中心で、愛知県には高浜市に1店舗のみ。豊田が2店舗目のようだ。
 大阪以西では3店舗しか無い。知らないはずである。
ただ、今日の内容・水準が維持出来れば、中京地区にも受け入れられて、店舗が増えそうな気がする。



【データ】


店舗: はま寿司 豊田朝日店 
住所: 愛知県豊田市朝日町7-16-1


社名 株式会社はま寿司
Hamazushi Co.,Ltd.
住所 〒108-0075 東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル (8階総合受付)
TEL : 03-6833-8032 
http://www.hamazushi.com/hamazushi/index.html


 

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可