2010/04/17 日記 八重桜 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2010/04/17 日記 八重桜
2010-04-17 (Sat)  22:56

2010/04/17 日記 八重桜

2010/4/17 (土) 旧暦: 3月4日  土用  日出: 5時06分  日没: 18時15分  月出: 6時20分  月没: 21時14分  月齢: 2.6  丁酉 (ていゆう,ひのととり)  六曜: 赤口  九星: 四緑木星  選日:


今日の季語: 八重桜


 



(安曇野ワイナリー より転載)


 



(はな はな 463 より転載)


『八重桜
・薔薇(ばら)科。                                 
・学名  Prunus lannesiana                          
          Prunus     : サクラ属                    
          lannesiana : 園芸家「ラネス」さんの      
  Prunus(プラナス)は、                           
  ラテン古名の「plum(すもも)」が語源。           
学名 P へ
 
 
・開花時期は、  4/10頃~  5/  5頃。         
・野生の山桜に対して人里の桜ということから         
  里桜(さとざくら)とも呼ばれる。                 
  また花の形から牡丹桜(ぼたんざくら)とも呼ばれる。
  「八重桜」「里桜」ともに総称名です。             
・桜より咲き始めが2週間ほど遅い。                 
  「あれ、もう桜は終わったのでは・・?」という頃に、
  葉をつけた状態で咲き出す。                       
・「関山(かんざん)」「一葉(いちよう)」         
  「普賢象(ふげんぞう)」「鬱金(うこん)」       
  などの種類がよく知られている。                   
 
 
・鈴なりの花をいっぱいつける。                     
  運動会で子どもが踊りに使う「ポンポン」みたいです。
・花びらが多い。なかでも兼六園菊桜という種類の     
  八重桜は、花びらがなんと300枚くらいある。     
・塩漬けにした花にお湯をそそぐと「桜湯」になる。   
  塩辛いです。「茶」=「濁す」ということから       
  お茶でなくこの桜湯を婚礼の席でよく使います。     
・大阪市造幣局(ぞうへいきょく)の有名な           
  「桜の通り抜け」は、この八重桜の開花時期に行うこと
  が多いようです(毎年4月中旬)。                 
 
・4月5日の誕生花(八重桜)                       
・花言葉は「理知に富んだ教育」(八重桜)           
・奈良県の県花(奈良の八重桜)』(季節の花300より転載)



八重桜の俳句:


・奈良七重七堂伽羅八重桜 芭蕉


・いにしへは奈良酒で見ん八重桜 重 頭


・花垣や雲も和光の八重桜 上島鬼貫


・月ありて一樹に足れり八重桜 吉野義子


・重たげに風の中なる八重桜 白石時子


・武蔵野はどこもふるさと八重桜 松原地蔵尊



名古屋の桜通り、長者町の辺りに里桜が植えられている。
今年はまだ見ていないが、もう咲いているだろうか。
鬱蒼とした葉と花の下に立つと力強さを感じる。
染井吉野とは別の風情だ。
奈良人と江戸人の心は違っているのだろう。


 

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可