2018/02/24  芝不器男の俳句集  その二 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (5)俳句 › 2018/02/24  芝不器男の俳句集  その二
2018-02-24 (Sat)  20:10

2018/02/24  芝不器男の俳句集  その二


151.     
枝つゞきて青空に入る枯木かな
152.     
ふるさとを去ぬ日来向ふ芙蓉かな
153.     
寒声や高誦のまゝ朝ぼらけ
154.     
さんらんと日照雨降る接穂かな
155.     
枯野行く山浮き沈む路の涯
156.     
ひねもすの山垣曇稲の花
157.     
みじろぎにきしむ木椅子や秋日和
158.     
乞食のめをとあがるや花の山
159.     
淡雪のやみたる草に夕日かな
160.     
樺の中奇しくも明き夕立かな
161.     
だいだいの花香にいでしうまやかな
162.     
山祭近し落葉を今日も掃く
163.     
蓬生に土けむり立つ夕立かな
164.     
十夜寺をいゆるがすなり山颪
165.     
まながひに蜉蝣ひかりぬ日南ぼこ
166.     
野火映ゆや藁たゝきつゝ暮るゝ手に
167.     
御僧の法話すませし団扇かな
168.     
秋の夜やつゞるほころび且つほぐれ
169.     
杉山の杉籬づくり花ぐもり
170.     
風鈴の空は荒星はかりかな
171.     
軒かげに春雪あそぶしづかかな
172.     
松風に蝌蚪生れたる山田かな
173.     
水流れきて流れゆく田打かな
174.     
溝川に古花ながす墓参かな
175.     
森かけてうちかすみたる門辺かな
176.     
行春や宿場はづれの松の月
177.     
凩や倒れざまにも三つ星座
178.     
さきだてる鵞鳥踏まじと帰省かな
179.     
稲原の吹きしらけゐる墓参かな
180.     
鞦韆の月に散じぬ同窓会
181.     
薬草の乾く庇や山の秋
182.     
飼屋の灯母屋の闇と更けゆきぬ
183.     
井にとゞく釣瓶の音や夏木立
184.     
行厨に下り立つ渓や若葉山
185.     
国府寺の露のなほ干ぬ野菊かな
186.     
溝川に花篩ひけり墓詣
187.     
春の月砂絵の童らにさしそめぬ
188.     
下萌のいたくふまれて御開帳 
189.     
山青しかえるでの花ちりみだリ

190.     
春の雷鯉は苔被て老いにけり
191.     
石垣の菊灸らるゝ藁火かな
192.     
風ふけば蝿とだゆなり菊の宿
193.     
国原の水満ちたらふ蛙かな
194.     
苔の花かへるでの花いづこゆか 「句集」
195.     
巣鴉や春日に出ては翔ちもどり
196.     
桔梗や褥干すまの日南ぼこ
197.     
鮠釣るやほのかに匂ふ花楊
198.     
寝ざめます母の莨や遠蛙
199.     
南風の蟻吹きこぼす畳かな
200.     
摘草や汽車の煙をふりかむり
201.     
春雪や学期も末の苜蓿
202.     
春月や鞦韆に凭る宿直の師
203.     
新涼のー嶺のぞく盆地かな
204.     
鳥の巣やそこらあたりの小竹の風
205.     
蟬時雨つくつく法師きこえそめぬ
206.     
松頼にまどろむもある遍路かな
207.     
古桑に掛けある魚籠や青嵐
208.     
隠沼は椴に亡びぬ閑古鳥
209.     
摺り溜る籾掻くことや子供の手
210.     
蘗に日あたる渓のふかさかな
211.     
新涼に山芋売の来りけり
212.     
沈む日のたまゆら青し落穂狩
213.     
ふるさとの幾山垣や今朝の秋
214.     
鳴子引入りたる障子灯りけり
215.     
蓑虫の鳥啄まぬいのちかな
216.     
蚕莚を干しならべたる野川かな
217.     
御灯のうへした暗し涅槃像
218.     
枯れつゝも草穂みのりぬ蝶の秋
219.     
南風や生れつ失せつ蟻の城
220.     
秋ゆくと照りこぞりけり裏の山
221.     
庭掻いて菊を傷めし熊手かな
222.     
礫よく水をすべるよ夕霞
223.     
ひやゝかや黍も爆ぜゐる夕まうけ
224.     
早春や空巣吹かるゝ茨の中
225.     
柿もぐや殊にもろ手の山落暉
226.     
丹の袖の山田僧都に逢ひにけり
227.     
楓のしゞの垂花いつかなし
228.     
野分してしづかにも熱いでにけり
229.     
鴨うてばとみに匂ひぬ水辺草
230.     
落鮎や空山萌えてよどみたり
231.     
泡ひいてながるゝ水葱や誘蛾燈
232.     
茶の花や子等の砦のあるところ
233.     
高桜の乙女ぞしらね小花火師
234.     
露けしや高草隠り北斗星
235.     
凧ひとつうつして暮れぬ水田圃
236.     
蝌蚪ひとつ水漬く楊を越ゆるなり
237.     
三椏のはなやぎ咲けるうらゝかな
238.     
火を消して夜振の人と立話
239.     
早春や鶺鴒きたる林檎園
240.     
蜻蛉やいま起つ賤も夕日中
241.     
人入つて門のこりたる暮春かな
242.     
八つどきの炉火のちらつく花茶かな
243.     
鮎落ちて水もめぐらぬ巌かな
244.     
空洞木に生かしおく火や年木樵
245.     
雛暮れて面輪もわかずなりにけり
246.     
凩に菊こそ映ゆれ田居辺り
247.     
蟇鳴いて闇づく生家かな 山下三年
248.     
川淀や夕づきがたき楓の芽
249.     
汽車着くや焼山晴れてまのあたり
250.     
新藁や永劫太き納屋の梁 
251.     
椿落ちて色うしなひぬたちどころ

252.     
大雨に鏡も濡れし田植かな
253.     
つかの間の野火のくゞりし茨かな
254.     
わかものゝ妻問ひ更けぬ露の村
255.     
谷水を撒きてしづむるとんどかな
256.     
草餅や野川にながす袂草
257.     
櫟より櫟に落つる椿かな
258.     
鵙高音学校つとに始りぬ
259.     
駅路や麦の黒穂の踏まれたる 「句集」
260.     
畑打や影まねびゐる向ふ山
261.     
りんだうや時たまゆれて松落葉
262.     
紅葉山の忽然生みし童女かな
263.     
桑原に登校舟つく出水かな
264.     
星祭る窓の下なる野川かな
265.     
八つどきの助炭に日さす時雨かな
266.     
団欒にも倦みけん木菟をまねびけり
267.     
わらんべや麦稈籠に草苺
268.     
この奥に暮るゝ峡ある柳かな
269.     
口柴に雪しまくなり炭俵
270.     
盃洗にさゞなみ立つや扇風機
271.     
花枇杷や昼の月魄いまいづこ
272.     
ふるさとや石垣歯朶に春の月
273.     
庵の犬露けき紫蘇に吠えにけり
274.     
古町の路くさぐさや秋の暮
275.     
月雲をいづれば燃ゆる蚊遣かな
276.     
まのあたり天降りし蝶や桜草
277.     
日昃るやねむる山よリ街道へ
278.     
宵宮の一と雨霽れし花火かな
279.     
岩水の朱きが湧けり余花の宮
280.     
沢の辺に童と居りて蜘蛛合
281.     
薪積みしあとのひそ音や秋日和
282.     
浸りゐて水馴れぬ葛やけさの秋
283.     
白波を一度かかげぬ海霞
284.     
石楠花にいづべの月や桜狩
285.     
ころぶすや蜂腰なる夏瘦女
286.     
山川の砂焦したるどんどかな
287.     
峡の家夜すがら灯す出水かな
288.     
泳ぎ女の葛隠るまで羞ぢらひぬ
289.     
かの窓のかの夜長星ひかりいづ
290.     
りんだうのーかぶ咲きぬ山毛棒がもと
291.     
薊野やはや灯を入れし水車守
292.     
まぼろしの国映ろへり石鹸玉
293.     
蝉時雨つくつく法師きこえそめぬ
294.     
白藤や揺りやみしかばうすみどり 
295.     
小水葱被てあぎとふ鯰誘蛾燈

296.     
筆始歌仙ひそめくけしきかな
297.     
たはやすく昼月消えし茅花かな 
298.     
夕釣や蛇のひきゆく水脈あかり

299.     
鳥居より初竈の火のぞきけり
300.     
産土神に灯あがれる若葉かな
301.     
籾磨や遠くなりゆく小夜嵐





関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可