2010/07/18 秋田長持唄 因幡晃 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (8)音楽 › 2010/07/18 秋田長持唄 因幡晃
2010-07-18 (Sun)  23:52

2010/07/18 秋田長持唄 因幡晃


目覚ましがわりのラジオで、NHKの6時のニュースと天気予報を聴いている。
 日曜日は、その後「なぎら健壱 あの頃のフォークが聞きたい」が続く。
 フォークと言っても、アメリカのフォーク、カントリーまで含めた巾の広い選曲がされている。


今日は、因幡晃だった。


新しい編曲の「わかって下さい」の後、「秋田長持唄」が流れた。
因幡晃が、伴奏無しのアカペラで民謡を唄っていたが、民謡の節回しの中に人の心を歌う日本的な心情が感じられて、良かった。


娘を嫁に出す親の心。
鏡のような海ばかりではない、暴風雨の吹き荒れる海も続く新しい船出。
 荒れたら戻っておいでと言いたいが言ってはいけない心。


娘はまた親になり、新しい世代を始める。
親心は繰り返されるが、生命というものは永遠に続いていく。



『「秋田長持唄」


【歌詞】


  蝶よ花よと 育てた娘
  今日は他人の 手に渡す


  故郷恋しと 思うな娘
  故郷当座の 仮の宿


【背景】
 「長持唄」は本来、大名の参勤交代などで、荷物運搬にあたった雲助たちが、長持をかつぎながら歌った祝福の唄で、駕籠かき唄の転用と言われています。この唄が農村にはいって、婚礼で嫁の調度品を婿方に運ぶ際に、嫁の実家を出発する時、途中で婿方の迎えの者と挨拶する時、婿方の家に到着した時などの、儀礼としてほとんど全国的に歌われてきました。とくに「宮城長持唄」・「秋田長持唄」が有名です。


 秋田県の婚礼の唄は、羽後町西馬音内・稲川町・皆瀬地方で唄われている「恵比寿俵唄」などがあり、県北、中央、由利、県南地区では、歌い方がそれぞれ少しづつ異なっていたと言われています。


 「秋田長持唄」は、雄和町、とくに旧戸米川村や旧種平村あたりで唄われていた、「箪笥かつぎ」と呼ばれていた唄が元になっています。この唄を雄和町出身の民謡歌手長谷川久子さん(昭和32年NHKのど自慢全国大会「本荘追分」で優勝)がアレンジし、「秋田長持唄」として県内外のステージで唄いだしました。


 昭和36年NHKのど自慢全国大会で同じ秋田県出身の浅野千鶴子さんが唄って優勝曲となって以来、結婚披露宴だけでなく全国の民謡ファンから愛唱されています。


 この唄は、ハーヤレヤレの囃子が独特な曲調になっています。


 平成13年の全国大会は、7月15日に、秋田県雄和町町民体育館で行なわれます。』(北東北こだわり百科)



因幡晃の「秋田長持唄」はアルバム「何か言い忘れたようで」に収録されているようだ。


 


曲目リスト
1. 貴方のいない部屋 
2. 別涙 
3. 夏 
4. サンデー・モーニング 
5. おぼえていますか 
6. S.Yさん 
7. わかって下さい 
8. 一年前の雨 
9. 夏にありがとう 
10. アパートの鍵 
11. つかまえててよ 
12. 秋田 長持唄 



調べてみると、因幡晃の「秋田長持唄」は、YouTubeに登録があった。
http://www.youtube.com/watch?v=EGP1n25Z4i8



因幡晃が唄っている歌詞はこちらのようだ。



秋田長持唄


蝶よナーヨー花よとヨーハーヤレヤレ
育てた娘 今日はナーヨー 他人のヨー
オヤ手に渡すナーエー
さあさお立ちだ お名残おしや
今度来る時ゃ 孫つれて
傘を手に持ち さらばと言うて
重ね重ねの いとまごい
故郷恋しと 思うな娘
故郷当座の 仮の宿
箪笥長持 七棹八棹
あとの荷物は 馬で来る



 

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可