2019/01/29 日野草城 俳句集成 (その2) - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (5)俳句 › 2019/01/29 日野草城 俳句集成 (その2)
2019-01-29 (Tue)  23:50

2019/01/29 日野草城 俳句集成 (その2)



(301)     清貧の閑居矢車草ひらく
(302)     秋風や子無き乳房に緊く着る
(303)     食べさせてもらふ口あけ日脚伸ぶ
(304)     うしみつや音に出でたる寒の雨
(305)     篁を染めて春の日しづみけり
(306)     移り香の衿になほあり胡瓜漬
(307)     セロリの香春もゆふべは肌寒き
(308)     青萱の雨のはげしくなりにけり
(309)     名聞をうとみて大炉開きけり
(310)     痛快に芭蕉裂けたる野分かな
(311)     松風に誘はれて鳴く蝉一つ
(312)     全身を妻に洗うてもらひけり
(313)     朝寒や歯磨匂ふ妻の口
(314)     紀元二千六百年われ四十になりぬ
(315)     博覧のひろき額や灯取虫
(316)     ふるさとの山も見飽きぬ炉を塞ぐ
(317)     炉開いて美しき火を移しけり
(318)     春の夜のわれをよろこび歩きけり
(319)     淪落の底の安堵や秋袷
(320)     吹き落ちて松風さはる牡丹の芽
(321)     古傘に受くる卯の花腐しかな
(322)     疲れたる紙幣を共同募金とす
(323)     ぼうたんのひとつの花を見尽さず
(324)     稲刈つて飛鳥の道のさびしさよ
(325)     鳥居出てにはかに暗し火縄振る
(326)     岡惚で終りし恋や玉子酒
(327)     手をとめて春を惜しめりタイピスト
(328)     荒草の今は枯れつつ安らかに
(329)     たましひの寂しくいぶる蚊遣かな
(330)     女のわらはしくしく泣けり夕ざくら
(331)     ただ生きてゐるといふだけ秋日和
(332)     うらぶれて釣るや雨夜の九月蚊帳
(333)     うしなひしものをおもへり花ぐもり
(334)     蚊遣火の煙の末をながめけり
(335)     サイダーのうすきかをりや夜の秋
(336)     枕頭に柚子置けば秋の風到る
(337)     青楡の森の奥処へ自動車疾く
(338)     香を尋めて来て本犀の花ざかり
(339)     渋柿の色艶栄えてあはれなり
(340)     皮となる牛乳のおもてや朝ぐもり
(341)     枯菊やこまかき雨の夕まぐれ
(342)     煮る前の青唐辛子手に久し
(343)     女手に注連飾打つ音きこゆ
(344)     浅く浮いて沈みし魚や葉月潮
(345)     釈奠や誰が註古りし手沢本
(346)     春の夜や都踊はよういやさ
(347)     アダムめきイヴめき林檎噛めるあり
(348)     たましひの郷愁鳥は雲に入る
(349)     野鶉の籠に飼はれて鳴きにけり
(350)     裏山に人語きこゆる小春かな
(351)     モーニングなほ着たるあり事務始
(352)     夕潮の満ちわたりけり葭すゞめ
(353)     たましひのほとほとわびし昼寝覚
(354)     片山桃史死せりといふまことに死せりといふ
(355)     燃え出づるあちらこちらの花篝
(356)     月明くなりて水天わかれけり
(357)     特務兵バケツを提げて戦死せり
(358)     蟻地獄ほつりとありてまたありぬ
(359)     南風や化粧に洩れし耳の下
(360)     秋立つや一片耿々の志
(361)     晩年の子を鍾愛す天瓜粉
(362)     にほどりや野山の枯るゝ閑けさに
(363)     秋風やつまらぬ男をとこまへ
(364)     朝風や藪の中なる今年竹
(365)     ともに居て梨剥けば足る恋ごゝろ
(366)     颱風や痰のこそつく胸の奥
(367)     二三点雨の乾かぬセルの肩
(368)     友情のただ中にじつと眼をつむる
(369)     虫売の来て賑かな門辺かな
(370)     たわやめのあえかに酔ひぬお白酒
(371)     小机の閑日月や蘭の秋
(372)     新らしき褞袍を着るやクリスマス
(373)     たづさふる手のあたゝかき無月かな
(374)     失ひしものを憶へり花ぐもり
(375)     猫の子のつくづく視られなきにける
(376)     秋の灯のほつりほつりと京の端
(377)     どびろくや而も藩儒のなれのはて
(378)     ひなげしや妻ともつかで美しき
(379)     吉野川こゝにして鮎の瀬とたぎつ
(380)     万愚節妻の詐術のつたなしや
(381)     散りそめし京の桜にわかれかな
(382)     人血のあふれては乾く千里の麦
(383)     大晦日ねむたくなればねむりけり
(384)     うららかやうすよごれして足の裏
(385)     うらゝかや躑躅に落つる鶴の糞
(386)     きのこ飯ほこ~として盛られたる
(387)     みづうみのしづめるしぐれぐもりかな
(388)     冷房やをとこのわらふさへすゞし
(389)     水草生ふひとにわかれて江に来れば
(390)     タ焼や吾子の笑顔のよごれたる
(391)     女房の我慢の眉や二日灸
(392)     青き葉の添ふ橘の実の割かれ
(393)     人寝ぬと芭蕉の灯影消えにけり
(394)     撫肩のさびしかりけり二日灸
(395)     湯あがりの素顔したしく春の昼
(396)     夏ひばり微熱の午後の照り曇り
(397)     丸善を出て暮れにけり春の泥
(398)     舷をどたりと打つや冬の浪
(399)     うす茜ワインゼリーは溶くるがに
(400)     くろぐろと汗に溺るゝほくろかな
(401)     初紅葉はだへきよらに人病めり
(402)     干草に馭者寝て鞭を鳴らしけり
(403)     純毛の服をつくりてひそかに愧づ
(404)     ゆふぐれのしづかな雨や水草生ふ
(405)     しばらくは春草を見て夕かな
(406)     初蝉の樹のゆふばえのこまやかに
(407)     たかだかと雨意の木蓮崩れけり
(408)     牡丹や眠たき妻の横坐り
(409)     瀬がしらに触れむとしたる螢かな
(410)     冷蔵庫司厨の帽は横かぶり
(411)     日あたりてあはれなりけり寒牡丹
(412)     颱風のゐる天気図を怖れけり
(413)     印字機の既に喧し事務始
(414)     元朝や去年の火残る置炬燵
(415)     水道の水のはげしさ桜鯛
(416)     青雲と白雲と耀り麦の秋
(417)     日脚伸びいのちも伸ぶるごとくなり
(418)     紅菊の色なき露をこぼしけり
(419)     石鼎忌ありて師走は悲しけれ
(420)     肌ぬぎやをとめは乳をそびえしむ
(421)     あたたかき葱鮪の湯気やぶしやうひげ
(422)     枯蓮に雪のつもりし無慙かな
(423)     初雪や妓に借りし絵入傘
(424)     秋の昼妻の小留守をまもりけり
(425)     音羽山暮るゝ焚火のはなやかに
(426)     篁(たかむら)を染めて春の日しづみけり
(427)     雁聴くや更けし灯を守りゐて
(428)     春暁や人こそ知らね木々の雨
(429)     妻の手のいつもわが邊に胼きれて
(430)     ひとりさす眼ぐすり外れぬ法師蝉
(431)     カレエの香ふんぷんとして過労なり
(432)     潮干狩夫人はだしになり給ふ
(433)     如窓ケ岳を去らぬ雲影稲を刈る
(434)     ぼうたんの芽とあたゝかし日おもてに
(435)     高熱の鶴青空に漂へり
(436)     大芭蕉従容として枯れにけり
(437)     わがゆまる音のしづかに年暮るる
(438)     玻璃盞の相触れて鳴る星月夜
(439)     春の夜の自動拳銃夫人の手に狎るゝ
(440)     ばりばりと附録双六ひろげけり
(441)     初雪の忽ち松に積りけり
(442)     すずらんのりりりりりりと風に在り
(443)     曾根崎の昼闌けにけり春の泥
(444)     梅雨寒の昼風呂ながき夫人かな
(445)     青む芝少年少女影と馳す
(446)     ものの種にぎればいのちひしめける
(447)     枕辺に賀状東西南北より
(448)     身のまはり更けてきこゆる秋の水
(449)     冷酒に澄む二三字や猪口の底
(450)     サイネリヤ花たけなはに事務倦みぬ
(451)     きりぎりす鳴かねば青さまさりける
(452)     試歩たのし厨の妻に逢ひにゆく
(453)     夏氷掻くや白雪にはかなる
(454)     友去りて灰も寂しき火桶かな
(455)     さるほどに空はつきしろ青き踏む
(456)     智恵詣嵯峨へまはりて疲れけり
(457)     宝恵駕の妓のまなざしの来てゐたる
(458)     黒髪を梳くや芙蓉の花の蔭
(459)     永き日や何の奇もなき妻の顔
(460)     わが臍を襲ひし蚤を誅しけり
(461)     冬日射わが朝刊にあまねしや
(462)     寝ねがてにしてをれば蝿にとまらるる
(463)     雪の窓メロンの緑レモンの黄
(464)     大阪の船場の庭の牡丹かな
(465)     ひそやかに茗荷花咲く旱かな
(466)     一人子と閑かに住めり松飾
(467)     朝寒や白粥うまき病上り
(468)     病褥に四肢を横たへ離職せり
(469)     国敗れ入倦みて年新たなる
(470)     春の昼遠松風のきこえけり
(471)     永劫の如し秋夜を点滴す
(472)     萩の葉のこまごまと雨冷えにけり
(473)     踏青や心まどへる恋二つ
(474)     枕辺へ賀状東西南北より
(475)     沖の島夏霞して晴れにけり
(476)     晩涼や朶雲明るく比叡憂鬱
(477)     日あたりてまことに寂し返り花
(478)     凍雲のしづかに移る吉野かな
(479)     踏みわたる余寒の苔の深みどり
(480)     望月の照らしに照らす道の上
(481)     夏の蝶仰いで空に摶たれけり
(482)     十六夜やしゆびんかがやく縁の端
(483)     昼の夢をはりてもなほ秋日和
(484)     蕎麦がきやラジオ畢れば頓に更く
(485)     椎の実のはすかいに飛ぶ嵐かな
(486)     山房も秋なめり主ゐぬまゝに
(487)     かくれんぼさびしくなりし木の芽かな
(488)     桃トマト小冷蔵庫なれど冷ゆ
(489)     山吹にかはたれの雨しぶきけり
(490)     一点が懐炉で熱し季節風
(491)     数の子に父祖の白歯もひゞきけむ
(492)     脱ぎ捨ての羽衣ばかり砂日傘
(493)     春愁に堪ふる面輪に灯りけり
(494)     灯ともりて蚕屋のまたある木の間かな
(495)     筐底の暗きに沈む紙魚の銀
(496)     七月や既にたのしき草の丈
(497)     ボーナスを貰ひて青き芝を買ひぬ
(498)     寒稽古青き畳に擲(なげう)たる
(499)     重ね着の中に女のはだかあり
(500)     聖(きよ)くゐる真夜のふたりやさくらんぼ
(501)     春寒や竹の中なるかぐや姫
(502)     夕明り水輪のみゆる泉かな
(503)     榾の火にとろりと酔ひし眼かな
(504)     紅つつじ花満ちて葉はかくれけり
(505)     わぎもこのはだのつめたき土用かな
(506)     をなごらもどてら着ぶくれさみだるゝ
(507)     宵闇に臥て金星に見まもらる
(508)     汐干狩夫人はだしになりたまふ
(509)     酌下手の妻を呵(しか)るや年忘
(510)     冬ざれて枯野へつづく妻の乎か
(511)     秋冷の瀬音いよ~響きけり
(512)     茗荷汁ほろりと苦し風の暮
(513)     むらがりていよいよ寂しひがんばな
(514)     霜白し妻の怒りはしづかなれど
(515)     わびしさに湛へず野を焼く男かな
(516)     わが葉月世を疎めども故はなし
(517)     豊臣の大きな桜枯れにけり
(518)     古びたる船板に置く海鼠かな
(519)     冬日和誓子が近くなりにけり
(520)     玉霰竹に当つて竹青し
(521)     残菊のなほはなやかにしぐれけり
(522)     建ちてまだ住まぬ一棟稲の秋
(523)     ひと拗ねてものいはず白き薔薇となる
(524)     雪の夜の紅茶の色を愛しけり
(525)     御扉にふとも日のさす暮雪かな
(526)     寒梅や痛きばかりに月冴えて
(527)     春いまだほろりほろりと友逝きぬ
(528)     纒ふ蚊の一つを遂に屠り得し
(529)     脱ぎ棄つるこゝろたぬしく畏みぬ
(530)     労咳の宝くじ買ふことをやめず
(531)     浴後裸婦らんまんとしてけむらへり
(532)     樫の葉や花より移す目に青き
(533)     佳きひとの髪を結はざる避寒かな
(534)     冬ざれのくちびるを吸ふ別れかな
(535)     山羊の乳くれたる人の前にて飲む
(536)     屠蘇重し軽き朱金の酒杯に
(537)     降られゐて牛おとなしや秋桜
(538)     強き灯の照らすところの紅葉かな
(539)     いなづまにまばたきしたる枯木達
(540)     青梅をちぎりて持ちて湯の道を
(541)     ラグビーや敵の汗に触れて組む
(542)     春光や白髪ふえたる父と会ふ
(543)     銀漢やごとりごとりと牛車
(544)     つれ~の手のうつくしき火桶かな
(545)     年逝くとかくしどころを洗ひけり
(546)     稗蒔の嵐及べり洗ひ髪
(547)     樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ
(548)     まぼろしの群裸は白き焔と燃ゆる
(549)     雷に怯えて長き睫かな
(550)     闇市に牛馬の屍肉凍てにけり
(551)     日おもてにあればはなやか冬紅葉
(552)     雨意やがて新樹にひそと降りいでし
(553)     秋の夜の洋妾往けり肩低く
(554)     伎芸天在しまさねども春さりぬ
(555)     妻の留守妻の常着を眺めけり
(556)     初春や眼鏡のままにうとうとと
(557)     天瓜粉打てばほのかに匂ひけり
(558)     わくら葉を指にひろへり長やまひ
(559)     京の端の北白川や寝正月
(560)     籐椅子の清閑に得し句一つ
(561)     わが船の水尾をながむる遅日かな
(562)     うとましく冷えてしまひぬ根深汁
(563)     寝白粉香に立ちにけり虎が雨
(564)     道暮れて右も左も刈田かな
(565)     心ここにあらねば焦げし酒の粕
(566)     われは仰向きちちろ虫は俯向きに
(567)     げぢげぢや風雨の夜の白襖
(568)     紅梅の咲いて初音とまをす宿
(569)     わが不眠石もねむれぬ夜と思ふ
(570)     初化粧すみし鏡に鬚を剃る
(571)     野分していよ~遠き入日かな
(572)     水晶の念珠つめたき大暑かな
(573)     秋の蚊のほのかに見えてなきにけり
(574)     聖くゐる真夜のふたりやさくらんぼ
(575)     初咳といへばめでたくきこえけり
(576)     痰壷をきよめることも年用意
(577)     桜鯛砂へ刎ねたるいさぎよさ
(578)     夕づゝのひかり親しむ露台かな
(579)     仏蘭西を話のたねの端居かな
(580)     初夢に見たり返らぬ日のことを
(581)     将相の面魂や菖蒲太刀
(582)     朝な朝な南瓜を撫しに出るばかり
(583)     咳の夜のわれを照らして秋螢
(584)     見舞客淋凛と酔へり夜の梅
(585)     白梅や日光高きところより
(586)     歳暮大売出京の田舎まで
(587)     雨だれや葭戸の中の灯しづか
(588)     風立ちぬ深き睡りの息づかひ
(589)     豌豆の煮えつゝ真玉なしにけり
(590)     とかげ迅し水泡音胸にはじけつつ
(591)     海光の一村鰯干しにけり
(592)     暮れそめてにはかに暮れぬ梅林
(593)     見ゆるかと坐れば見ゆる遠桜
(594)     津の海のしりぞきにけり汐干狩
(595)     瓜揉みや名もなき民の五十年
(596)     水無月の故国に入れば翠かな
(597)     宵浅し露台へのぼる靴の音
(598)     牡蛎船や静かに居れば波の音
(599)     秋の雨しづかに午前をはりけり

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可