2019/01/29 日野草城 俳句集成 (その1) - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (5)俳句 › 2019/01/29 日野草城 俳句集成 (その1)
2019-01-29 (Tue)  23:55

2019/01/29 日野草城 俳句集成 (その1)



日野草城の忌日なので、ネット上の俳句を集めてみた。

色々物議を呼び起こした草城がどんな俳句の世界に居たのかは、彼の句をできる限り多く読まねば結論は出せない。

「ミヤコホテル」連作は、今の世の中では、さしてエロチックではないが、女性にまつわることを多く詠んでることは確かだ。




(1)         貧厨や葉先枯れたる葱一把
(2)         夏蒲団ふわりとかかる骨の上
(3)         やはらかきものはくちびる五月闇
(4)         玉子酒おのが眉目に慊らぬ
(5)         古妻の寒紅をさす一事かな
(6)         肋骨を愛すつれづれなる手以て
(7)         二三尾のあちこちすなる諸子かな
(8)         はつたいの日向臭きをくらひけり
(9)         星移り物変りどてら古びけり
(10)       落ち来るは久米の仙人春の雲
(11)       夫人嬋娟として七人の敵を持つ
(12)       青ふくべ一つは月にさらされて
(13)       みづみづしセロリを噛めば夏匂ふ
(14)       ネクタイを三本買ひて心富む
(15)       春眠や鍵穴つぶす鍵さして
(16)       火の色の透りそめたる潤目鰯かな
(17)       冬薔薇の咲くほかはなく咲きにけり
(18)       泳ぎゐるかんばせかたきをとめかな
(19)       露涼し洗はぬ顔の妻や子や
(20)       をみなとはかゝるものかも春の闇
(21)       夏の雨きらりきらりと降りはじむ
(22)       かさなりて眠る山より高野川
(23)       鼻の穴すずしく睡る女かな
(24)       銃斜に負うて猟夫の優男
(25)       あはれあはれゆまりくそまる仰に臥し
(26)       ぼうたんの暮るる始終を見て去りぬ
(27)       暮れそめてはったと暮れぬ秋の暮
(28)       妻の留守ひとりの咳をしつくしぬ
(29)       学問の胡坐の膝の子猫かな
(30)       初花の水にうつろふほどもなき
(31)       かいつぶりさびしくなればくぐりけり
(32)       西塔残花に在り東塔は新緑に
(33)       こひゞとを待ちあぐむらし闘魚の辺
(34)       月明や沖にかゝれるコレラ船
(35)       苑日々に草深うなる鹿の子かな
(36)       薫風や素足かがやく女かな
(37)       なにがなしたのしきこころ九月来ぬ
(38)       はたゝ神七浦かけて響みけり
(39)       夏の灯の動くことなき田舎かな
(40)       冷房の鋼鉄の扉のしまる音
(41)       春の夜や檸檬に触るる鼻のさき
(42)       炭の香や嬌やぎそむる吾子の指
(43)       アイリスを見ゆる一眼にて愛す
(44)       コルト睡ぬロリガンにほふ乳房の蔭
(45)       冬椿乏しき花を落しけり
(46)       日のあたる紙屑籠や冬ごもり
(47)       うららかに妻のあくびや壬生念仏
(48)       葉牡丹のいとけなき葉は抱き合ふ
(49)       揚泥の乾く匂ひの薄暑かな
(50)       雪晴れの朝餉の酢茎噛みにけり
(51)       ペリカンの餌の寒鮒の泳ぐなり
(52)       宵月や霜ほど降りて春の雪
(53)       初蚊帳のしみ~青き逢瀬かな
(54)       冬の蠅しづかなりわが膚を踏み
(55)       一茎の白あやめなりいさぎよき
(56)       去来忌や旦暮に存す嵐山
(57)       夕空に寂しく咲ける桜かな
(58)       ひとくきの白あやめなりいさぎよき
(59)       更けて焼く餅の匂や松の内
(60)       心臓を意識してをり霜凝る夜
(61)       秋の雲太虚の風に乗りにけり
(62)       わがホ句にせめて野薔薇の香もあれな
(63)       舌に載せてさくらんぼうを愛しけり
(64)       大前に松のみどりは長けつくしぬ
(65)       妻の蚊張しづかに垂れて次の間に
(66)       月さしてむらさき煙る葡萄かな
(67)       春の雲ながめてをればうごきけり
(68)       あげしほの青蘆のそよぎありそめぬ
(69)       早寝して夢いろいろや冬籠
(70)       美しき人を見かけぬ春浅き
(71)       うら若き妻ほほづきをならしけり
(72)       臥生活の四肢たひらかに年暮るる
(73)       暖かや魔の来てふとる乳房双つ
(74)       白玉の雫を切って盛りにけり
(75)       日の当る紙屑籠や冬ごもり
(76)       いっぽんの燐寸の燃やす火のいみじき
(77)       鈴虫の一ぴき十銭高しと妻いふ
(78)       かりそめに衣たるモデルの夜食かな
(79)       不平有らば壁に擲て寒林檎
(80)       郵便の来てをりし門の寒日和
(81)       潮風に吹かれたかぶり夏羽織
(82)       うらゝかな朝の焼麺麭はづかしく
(83)       焼藷や月の叡山如意ケ嶽
(84)       寄鍋や打ち込みし妓のうす情
(85)       手袋をぬぐ手ながむる逢瀬かな
(86)       これやこの珍(うづ)のバナヽをそろそろ剥く
(87)       東京の雪柔かし忌 中田みなみ
(88)       肋間の神経の疼き紫に
(89)       グラヂオラス妻は愛憎鮮烈に
(90)       春蘭や耳にかよふは竹の雨
(91)       夜半の春なほ処女なる妻と居りぬ
(92)       かゞまりて水皺したしき泉かな
(93)       枯草にラグビーの血の乾かざる
(94)       じやんけんの白き拳や花衣
(95)       洗はれて紅奕奕(えいえい)とさつまいも
(96)       咳き入りて身のぬくもりし夜寒かな
(97)       遠野火や寂しき友と手をつなぐ
(98)       妻も覚めてすこし話や夜半の春
(99)       春服や三十年のひとりもの
(100)     大寒やしづかにけむる茶碗蒸
(101)     物の種にぎればいのちひしめける
(102)     山茶花やいくさに敗れたる国の
(103)     望の夜もともしび明く病みにけり
(104)     忽ちに食ひし寒餅五六片
(105)     白シヨールすこしよごれて温かき
(106)     熱燗に応へて鳴くや腹の虫
(107)     親猫はずつしり重し冬ごもり
(108)     うららかなけふのいのちを愛しけり
(109)     門灯の低く灯りぬ秋出水
(110)     先生はふるさとの山風薫る
(111)     衰へしいのちを張れば冴返る
(112)     顔見世の前景気とはなりにけり
(113)     秋団扇四五本ありて用ふなし
(114)     両断の西瓜たふるる東西に
(115)     牡蠣船や静かに居れば波の音
(116)     懐にボーナスありて談笑す
(117)     蕭々と天の川より風来る
(118)     霜を踏む草鞋の藁の新しき
(119)     砂山をのぼりくだりや星月夜
(120)     秋の道日かげに入りて日に出でて
(121)     青嵐の到ると見ゆる遠樹かな
(122)     更けわたる草木の風に端居かな
(123)     庭古りて日にけに落つる木の実かな
(124)     暖房に居て戦話聴く勿体なし
(125)     末枯や身に百千の注射痕
(126)     青みかん青きころもをはがしけり
(127)     大服茶やひとのなさけにながらへて
(128)     ふりあふぐ黒きひとみやしやぼん玉
(129)     新涼やさらりと乾く足の裏
(130)     ぼうたんのいのちのきはとみゆるなり
(131)     かはせみや水つきかゝるふくらはぎ
(132)     珈琲や夏のゆふぐれながかりき
(133)     初日影焦都大阪市を照らす
(134)     人妻となりて暮春の襷かな
(135)     もろともにあからさまなり青芝に
(136)     濃かにしてしづかなる今年竹
(137)     夕影の青芝踏みて鶴涼し
(138)     秋深き大和に雨を聴く夜かな
(139)     仰向に神の眠りをねむりたり
(140)     妻の額に春の曙はやかりき
(141)     うつぜみをとればこぼれぬ松の膚
(142)     行水の女に灯す簾越し
(143)     かりがねや閨の灯を消す静心
(144)     空に浮き子は国見せずわが眼を視る
(145)     ふけわたる草木の風に端居かな
(146)     笹鳴や手沢出でたる桐火鉢
(147)     枯るるもの青むもの日のしづけさに
(148)     櫨の実のしづかに枯れてをりにけり
(149)     妻が持つ薊の棘を手に感ず
(150)     見えぬ目の方の眼鏡の玉も拭く
(151)     雪消道ゆふまぎれつゝはてもなし
(152)     夏羽織皺見ぐるしく旅終る
(153)     病むわれに妻の観月短かけれ
(154)     アネモネやひとりのお茶のしづごころ
(155)     水洟のとめどもなうて味気なや
(156)     湯ぼてりのなほあまねくてスキー見る
(157)     恋ごころわが子にありや初雲雀
(158)     棕梠咲けりじわりじわりと蝉なける
(159)     平凡に咲ける朝顔の花を愛す
(160)     みづうみの水のつめたき花野かな
(161)     春雨や思ひ沈めばとめどなき
(162)     仰向けの口中へ屠蘇たらさるる
(163)     短日や天のー角あをあをと
(164)     もてあそぶ火のうつくしき時雨かな
(165)     焚火屑珍の珊瑚に紛ふあり
(166)     ナプキンの糊のこわさよ避暑の荘
(167)     雪はれの朝餉の酸茎噛みにけり
(168)     ませ垣に遠き灯のさす無月かな
(169)     何か愉し年終る夜の熱き湯に
(170)     読初の主人編初の主婦と言はず
(171)     舌端に触れて余寒の林檎かな
(172)     病めばものゝはかなき草も末枯るゝ
(173)     冬の蝿しづかなりわが膚を踏み
(174)     肌寒や小鍛冶の店に刃物買ふ
(175)     昼も臥て若き日遠し草茂る
(176)     おぼろ夜や浮名立ちたる刺青師
(177)     半世紀生き堪へにけり汗を拭く
(178)     三伏や見ゆる一眼大切に
(179)     夜長寝てその後の雁は知らざりき
(180)     一雨に濡れたる草の紅葉かな
(181)     古妻の懐炉臭きをうとみけり
(182)     じやがいもの花のさかりのゆふまぐれ
(183)     白露や竹を流れてとどまらず
(184)     仰臥して仰臥漫録の著者を弔ふ
(185)     あまえたきこころしみみに桃の雨
(186)     馴鮓の飯の白妙啖ひけり
(187)     既にして夜桜となる篝かな
(188)     裹まざる骨にさはりぬ戦友を抱き
(189)     まなじりに翻りて白し夏の蝶
(190)     葉を重ね重ねて暮るる若楓
(191)     印影の朱のあざやかに事務始
(192)     忘れねばわすれな草も培はず
(193)     板塀の応ふ音佳し水を打つ
(194)     初空や一片の雲燿きて
(195)     寒菊やころがり侘びて石一つ
(196)     薔薇色のあくびを一つ烏猫
(197)     梨をむく音のさびしく霧降れり
(198)     しろがねの刃のためらはぬメロンかな
(199)     初蝉や昼餉にほはす邑の家
(200)     鈴虫のひげをふりつつ買はれける
(201)     夕冷えや切石に置くをみなへし
(202)     息白き吾子に別れの手を挙ぐる
(203)     不知火に酔余の盞を擲たん
(204)     蚊火の妻二日居ぬ子を既に待つ
(205)     夕空のたのしさ水にうつる雲
(206)     瀬がしらのひょいひょい白し春の水
(207)     春の蚊のひとたび過ぎし眉の上
(208)     たましひのさびしくいぶる蚊遣かな
(209)     新しき秩序秋日を照り返す
(210)     定家忌や巾幗秀歌なかんづく
(211)     をさなごのひとさしゆびにかかる虹
(212)     霽れ際の明るき雨や苗代田
(213)     よろよろと枯れたる蓮に霙れけり
(214)     高吹いて麦笛青し美少年
(215)     ぽんかんのあまあまと春立ちにけり
(216)     わが受くる紙幣は瞬く間に数ふ
(217)     あぶらとり一枚もらふ薄暑かな
(218)     刺青(ほりもの)に通ふ女や花ぐもり
(219)     八月やはつはつ鳴ける朝の蝉
(220)     足もとに大阪眠る露台かな
(221)     赤蜻蛉まなかひに来て浮び澄む
(222)     妻子を担ふ片眼片肺枯手足
(223)     つれづれの手の美しき火桶かな
(224)     ゆきずりにみつけてうれし帰り花
(225)     淡雪やかりそめにさす女傘
(226)     春の宵妻のゆあみの音きこゆ
(227)     いろいろに扇子弄れど言ひ憎し
(228)     思ふこと多ければ咳しげく出づ
(229)     望の月わがしはぶきも照らさるる
(230)     袖ぐちのあやなる鼓初かな
(231)     青柳に雨の降り倦むけしきかな
(232)     船の名の月に讀まるる港かな
(233)     脈々と寒き血潮のたかぶりつ
(234)     心太煙のごとく沈みをり
(235)     春日野や夕づけるみな花馬酔木
(236)     蹇の妻の晴着や針供養
(237)     水かへて水仙影を正しけり
(238)     酔ざめの水のうまさよちゝろ虫
(239)     蝿ひとつ夜深き薔薇に逡巡す
(240)     秋の夜や紅茶をくゞる銀の匙
(241)     おしろいのはげし女給の四月馬鹿
(242)     四つの花四方へ開きてアマリリス
(243)     くれなゐをみどりを籠めて花氷
(244)     天瓜粉ところきらはず打たれけり
(245)     家ダニのことより言はず寝覚の妻
(246)     鶴咳きに咳く白雲にとりすがり
(247)     寒の闇煩悩とろりとろりと燃ゆ
(248)     薄暑なり葱坊主見てせうべんす
(249)     露けさやをさなきものの縷々の言
(250)     青メロン運ばるゝより香に立ちぬ
(251)     乾鮭の鱗も枯れて月日かな
(252)     砂山に泳がぬ妹の日傘見ゆ
(253)     島庁や訴人もなくて花芭蕉
(254)     明易き夜の夢にみしものを羞づ
(255)     火の色やけふにはじまる十二月
(256)     白粥のうす塩味や暑気中り
(257)     子のグリコーつもらうて炎天下
(258)     星屑や鬱然として夜の新樹
(259)     水栓をひねる即ち春の水
(260)     人酔うて浴衣いよいよ白妙に
(261)     薔薇色の肺に外套を黒く着る
(262)     爽やかに山近寄せよ遠眼鏡
(263)     茶を飲むのみ北の涯より来し友と
(264)     末法の甘茶を灌ぎたてまつる
(265)     重ね着や栄枯盛衰みな遠く
(266)     花御堂もろびと散りて暮れ給ふ
(267)     こほろぎや右の肺葉穴だらけ
(268)     愁ひつゝ坐る花茣蓙はなやかに
(269)     国原や到るところの菊日和
(270)     平凡な日々のある日のきのこ飯
(271)     健康な妻を心の妻として
(272)     滴りのはげしく幽きところかな
(273)     伊勢ゑびにしろがねの刃のすゞしさよ
(274)     満月の照りまさりつつ花の上
(275)     かくれもあらず湯の澄に
(276)     炉開いてとみに冬めく畳かな
(277)     瓜揉や相透く縁のうすみどり
(278)     うちつけに芭蕉の雨の聞えけり
(279)     大川のいつもの濁り水の秋
(280)     ちちろ虫女体の記憶よみがへる
(281)     青々と夕空澄みて残暑かな
(282)     佐保姫の梢を渉る落花かな
(283)     小ひさ妻ちさき手合はせ観世音
(284)     棕梠の葉を打つ雨粗し簟
(285)     醜男ども手鉤な打ちそ桜鯛
(286)     竿竹を買ふや初蝶日和にて
(287)     栗飯のまつたき栗にめぐりあふ
(288)     湯豆腐や隣は更くる太融寺
(289)     のぼせたる女の顔や年の市
(290)     けふよりの妻と来て泊つる春の宵
(291)     子よ革靴は父の俸給より高き
(292)     あをうみの暁はやき避寒かな
(293)     腕白う伸べて春眠覚めやらぬ
(294)     虫売や軽く担うて小刻みに
(295)     朝月の萩むらを立つ雀かな
(296)     をとめ今たべし蜜柑の香をまとひ
(297)     青蛙ちまちまとゐる三五匹
(298)     子猫ねむしつまみ上げられても眠る
(299)     猫の恋老松町も更けにけり
(300)     わが原始風に触れつゝかくれなし

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可