2019/01/31  日記  冬菫 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2019/01/31  日記  冬菫
2019-01-31 (Thu)  19:25

2019/01/31  日記  冬菫

2019/01/31 (木) 旧暦: 1226 祝日・節気:  日出: 642 日没: 1706 月出: 254 月没: 1314 月齢: 25.06 干支: 戊辰 六曜: 先勝 九星: 二黒土星


今日のあれこれ: 冬菫


clip_image002
eeyannkaの日記
http://d.hatena.ne.jp/eeyannka/20141228/1419718867
より転載)



『冬菫: 寒菫、冬の菫

晩冬

春を待たずに咲く菫を言う。暖かい地方の日当たりのよいところで見ることができる。』
(季語と歳時記)



冬菫の俳句:


・鎌倉に尼寺一つ冬すみれ  佐野つたえ


・仮の世のほかに世のなし冬菫 倉橋羊村


・過客なれば止むるすべなし冬菫  河崎國代


・さきほどの冬菫まで戻らむか 対中いずみ


・寄り添ふは温めあふこと冬すみれ  糸井芳子



今日で1月も終わり。
北国では厳しい寒さと雪と風が続いている。
太平洋側はお日様が出る日が多く、冬空は少ないが雨も少ない、農作業に支障はないだろうか。


冬菫という品種があるのではなく、春に咲くすみれが先駆けて冬に咲くのを冬菫というそうだ。
謂わば、春の使者だ。

俳人たちは、寒中のこの世に居て、時を持て余しているようだ。
しかし、通り過ぎた冬菫にやっぱり慰められて、温かくなりたいのだ。

寒中の厳しい季節だが、2月になれば暦では春がやってくる。
もう春も遠くはない。



関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可