2011/06/11 日記 入梅 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2011/06/11 日記 入梅
2011-06-11 (Sat)  22:25

2011/06/11 日記 入梅

2011/6/11 (土) 旧暦: 5月10日 祝日・節気: 入梅 日出: 4時24分 日没: 18時56分 月出: 14時00分 月没: 0時28分 月齢: 9.25 干支: 丁酉 (ていゆう,ひのととり) 六曜: 友引 九星: 一白水星


今日の季語: 入梅


 



(かがわ三界堂 より転載)


『入梅(にゅうばい、ついり、つゆいり)は雑節の一つで、太陽が黄経80度の点を通過する日。毎年6月11日頃。本来は「梅雨入り」の漢語的表現であり、梅雨の季節全体を「入梅」と呼ぶ地方もある(西関東方言における用法は「入梅に入る」)[1]。


太陽黄経に基づく定義は現在のもので、芒種の後の最初の壬の日を梅雨入り、小暑の後の最初の壬の日を梅雨明けとしていた時期もあった。本当の梅雨入り・梅雨明けの日付は年により、地方により異なるものであるが、農家にとって梅雨入りの時期を知ることは田植えの日取りを決めるのに重要だったので、その目安としてこの暦日が設けられた。


現在は、気象庁の本庁、管区気象台及び地方中枢官署(新潟、名古屋、広島、高松、鹿児島の各地方気象台)が、観測及び予報に基づいて梅雨入りを発表しており、「入梅」は実際の梅雨とは関係のない暦日となっている。
』(Wikipedia)



入梅の俳句:


・入梅や蟹かけ歩く大座敷 一茶


・犬の子の椽に来て寝る入梅哉 正岡子規


・鯉の背も不承不承の入梅かな 中原道夫


・入梅や花柄の傘用意して 加藤ひかり


・入梅を告ぐオムレツの黄なる朝 山田弘子


入梅とは暦の日であって、実際の梅雨とは関係がないとは知らなかった。
 今年も、東海地方はもう既に梅雨入り宣言がされている。


少し気が滅入りそうな梅雨には、花柄の傘とか黄色とか明るいものが見て楽しい。



 

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可