2011/06/17 日記 黒南風 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2011/06/17 日記 黒南風
2011-06-17 (Fri)  23:14

2011/06/17 日記 黒南風

2011/6/17 (金) 旧暦: 5月16日 祝日・節気: ---- 日出: 4時24分 日没: 18時58分 月出: 20時13分 月没: 5時28分 月齢: 15.25 干支: 癸卯 (きぼう,みずのとう) 六曜: 友引 九星: 七赤金星


今日の季語: 黒南風(くろはえ)


 



(yamanimo-2009のページ より転載)



黒南風の俳句:


・黒南風の海揺りすわる夜明けかな 芥川龍之介


・黒南風に幟はためく野間大坊 多和田きみ


・黒南風のいづこを蹴りて狂ひたる 平松弥栄子


・黒南風の雨に浸かれる富士裾野 長谷川裕


・黒南風の岬に立ちて呼ぶ名なし 西東三鬼



夏になると、日本列島には、太平洋高気圧(小笠原気団)から南東季節風が吹き寄せるようになる。
 これを日本人は、冬の北風に対し、夏の南風(みなみかぜ・みなみ・はえ)と呼んできた。
 南から風が吹いた場合、漁師たちは、天候の変化の前兆として警戒する。俳人たちは、夏の季語として句を詠む。


入梅の頃吹く南風の事を黒南風という。
この風は湿気の多い風で黒雲を呼び、空が暗くなる。


一方、梅雨明けや梅雨晴れや梅雨明け間近に吹く、雨雲を一掃するような爽やかな風を白南風(しろはえ)と呼呼んできた。


入梅雨時の陰鬱な気分を黒、梅雨が明け盛夏へ向時の気分を白と、同じ南風を気分によって分ける日本人の感性は細やかだ。



 

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可